原子力発電

メリット デメリット
膨大な電力を生み出すことができる 事故が起きた際のリスクが大きすぎる
二酸化炭素や有毒ガスなどを排出しない ウランは枯渇性資源なのでいつかは枯渇する
燃料価格に対して発電のコストパフォーマンスが高い 放射性廃棄物の処理方法が明確になっていない
燃料となるウランは安定的に輸入することができる 核燃料や廃棄物を用いた兵器の製造が可能である
原発のある地域は税収や雇用などの経済効果が高い 安定供給はできるものの、細かな出力調整はできない
安全に稼働させることが技術力のアピールに繋がる 原子力発電に携わる技術者の数が減少傾向にある
原子力発電の技術を用いて、海外に原発を輸出できる 推進派と脱原発派の対立が起きる
原発を保有していることが、軍事力のアピールにもなる 脱原発を進めている国もある

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
原子力発電の良いところは、少量のウランから大量の電気を作ることができる点でしょう。日本のように化石燃料が少なく、他国から電気の供給を受けることが難しい国には最適であると思います。

現在、日本はほぼ火力発電に依存しているような状態ですが、火力発電は化石燃料に頼らなければならず、二酸化炭素を排出するため環境には良くないです。

あれだけ大きな事故があったので、原子力発電に対してマイナスのイメージを持たれるのは仕方ないことですが、電力の安定的な供給という観点から考えると、原子力発電は優れていると思います。
やはり安全性の問題ですかね。あれだけの大きな事故があって、現在も収束に至ったとは言い難い状態ですから、今後原子力発電に対して良いイメージが持たれることはないと思っていいでしょう。

原子力発電から出る放射性廃棄物をどうするかという問題もあります。日本は地震大国ということもあり、廃棄施設の候補地の目処すら立っていないというのが現状です。

放射能が弱くなる半減期まで長い時間を要するというのは、とても厄介なことだと思います。
私は実際に原発のある地域で育ちました。近隣の地域だけでなく県をまたいで電力を支えている原発は、現在日本においては必須と考えています。

再生可能エネルギーも効率的ではなく、あまり普及されていないのも現状としてあります。原発はもちろんウランなどの処理問題やリスクが高いという点があります。

しかし事件が起こったから廃止ということではなく、その事件を教訓に対策を練っていけば良いと思います。原発によって大半の電力は支えられています。それを事件があったから止めるということは安易な考えと思います。
原発がある地域で育った私としては、放射能がその地域は多少濃いということが気になります。人体に影響はありませんが、気になります。

そしてウランの処理問題。明確な解決策なく現状に来ていますが、悪いものがたまっていく一方となっています。

震災の時の福島原発のことで言えば、リスク管理の不十分さが気になります。想定外のことではあったとしてもそれ程のリスクがあるということは分かったこと。その上で最大限の対策を施すべきだと考えます。

更には起こった時の災害対策も俊敏に行えるよう備えておいてもらいたいものです。
やはり原子力発電のよいところは環境汚染を正常な状態では引き起こさないことでしょう。

火力発電は燃料を燃やすことで水を沸騰させてタービンを回転させ、電気を生み出しますので、当然二酸化炭素が排出されて、それが環境に影響を及ぼします。

対して、原子力発電は核分裂時に発生する熱で水を沸騰させるために余分なものを排出しません。水力発電でも環境破壊があり、その他の自然エネルギーは効率が悪いです。
先の福島第一原発の事故でもよく分かるように、一度事故が起きると人の手では回復のしようのない汚染が発生してしまうのが、原子力発電の最大の悪いところだと思います。

現時点では平常運転においても排出される放射能汚染された廃棄物の適切な処置方法が見当たらず、今後数百年にわたって環境を放射能で汚染する恐れがある状態です。

老朽化した原子炉の処理方法もまだ確立されていないので、周辺の住民はみな放射能汚染の危険にさらされます。
原子力発電を私が肯定する理由としては、水力発電や火力発電に比べて圧倒的にコストパフォーマンスが良いことや、発電効率自体も上回っていること、安定した電力供給の実現をしていることが挙げられます。

また、二酸化炭素を排出しないということ、発電に使用する燃料がとても少ないため中東国諸国への燃料依存をしなくて済むという点も魅力的です。

こういった要因以外にも、原子力発電を適切に行えることはその国の技術力を反映しているので、国際社会に自国の力をアピールできることも原子力発電を肯定的に捉える理由です。
原子力発電の利点は素晴らしいものですが、反面リスクも大きいものがあります。チェルノブイリ原発の事故や、最近では東日本大震災の津波による福島第一原発の事故がその脅威を物語っています。

原発事故は自国のみならず周辺国にも多大な悪影響を与えることも問題です。

それだけでなく、原子力発電に伴う放射性廃棄物の完璧な処理方法が確定していないことや、これを引き金とする土壌汚染といったリスクも原子力発電に反対する大きな理由です。

また、原子力発電に関連する若手の技術者の不足が懸念されている点も原子力発電を肯定的に捉えられない要因です。

参考サイト
電気事業連合会 蓄電池.net