再生可能エネルギー

メリット デメリット
化石燃料のように枯渇する心配がない 発電量は化石燃料を用いる発電よりも小さくなりやすい
純国産エネルギーなのでエネルギー自給率が向上する 発電所を作る際に環境破壊が起きる可能性がある
どの発電方法も有害物質の排出がほとんどない 国立公園内等は発電所を作れないように規制されている
小規模分散型の発電所を建設しやすい 気候や時間帯などに影響される発電方法が多い
各家庭やビルや工場などでも発電を行える 場所によっては発電所が地域の景観を損なう可能性がある
システムの導入に際し、国や自治体から補助金が出る 騒音や振動や低周波の問題が発生する可能性がある
長いスパンで地球環境を考えると、間違いなく必要不可欠 あらゆる面において技術開発がまだまだ必要
昔と比べて、知名度が高くなっている 技術開発に多額の費用が発生する

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
半永久的に利用可能であるところが、とても良いと思います。資源の枯渇を心配せずに済みますし、現在の研究が長い将来にわたって役立つ可能性にも繋がります。

また、海外からの資源輸入に頼らずに済みます。ということは、再生可能エネルギーは海外の情勢や外交に左右されないということで、そういったエネルギーがあれば心強いだろうと思います。

色々な発電システムを持っていたほうが、非常時のリスク分散にも繋がって、素晴らしいと思います。
発電方法によってそれぞれの問題点があるようです。総じて言えるのは、再生可能エネルギーで日本のエネルギーの多くを賄おうとすれば、広大な面積が必要になり環境破壊を招くだろうということです。

また、火力発電や原子力発電に比べると、発電コストが高く、エネルギー出力も不安定であるようです。

以上のことから、再生可能エネルギーによる発電供給を、安易に拡大していこうとするのは良くないと思います。焦らずに問題点を克服していくことが大切だと思います。
私は再生可能エネルギーの活用には賛成です。現在世界でも問題視されているように温室効果ガスの原因で地球温暖化が進んでいます。それを食い止める有効な手段として、再生可能エネルギーの活用が重要です。

やはりこれからは化石燃料に頼っていくのではなく無限に半永久的に供給され続ける自然エネルギーを活用していくべきです。

そうすることで未来の子供達も安心してこの世界で生き続ける事が可能となるので、私は再生可能エネルギーの活用には賛成です。
私は再生可能エネルギーを今の化石燃料や原子力発電に代わる新エネルギーとしての位置づけには反対です。なぜなら再生可能エネルギーは確かに自然に優しく化石燃料みたいに枯渇する心配もありません。

そして原子力発電みたいに事故が起きてたら大変な事になるといった心配もありません。

ですがひとつ致命的な弱点があります。それは安定的にエネルギー供給する事が不可能な点です。再生可能エネルギーは自然の力を使ってエネルギーを作り出します。

それでは自然がコントロールできない限り人類の発展に寄与する新エネルギーとしての位置づけは無理だと思うので私は既存のエネルギーの代替エネルギーとしては反対です。
再生可能エネルギーの代表的なものに、太陽光発電があります。

これはどのお宅でも、屋根に太陽光発電用パネルを取り付けることによって、エネルギーを得ることができ、自分の家で作ったエネルギーが余ることがあったら、電力会社にそのエネルギーを売ることが出来るという利点があります。

もっとも自然に優しいエコなエネルギー源で、家庭で出来るところがとても良いです。太陽光発電のパネルを取り付ける際には、補助金もでますので、経済的にも負担が少なくなります。
地域と場所によって、太陽光の当たり具合に大きな差があることです。曇りがちな地域や、冬の間、雪が降り積もるような環境の家には太陽光発電パネルを取り付けることが困難になります。

それに、いくら補助金が出るといっても、元を取り戻すまでに、時間がかかりすぎます。

電力会社に売るだけのエネルギーを作ることができるかどうかも、実際に屋根に太陽光発電パネルをはってみなければ分からないというリスクもあります。費用がかかる点もネックになります。
2011年3月の福島原発事故で明らかになったように地震の頻発する国では、原子力発電は危険要因が大きいのです。

また、現在原発を稼動していないので火力発電を使用していますが、原発に比べエネルギー生産コストが高くまたCO2を発生するので、地球温暖化にたいしても問題があります。

太陽光・風力・地熱などの再生可能エネルギーはCO2発生の問題はないクリーンエネルギーです。

更に地震などの自然災害に対する危険性のリスクも分散されるメリットがあります。
再生可能エネルギーの一番の弱点は、現段階ではエネルギー生産コストがかかりすぎることです。福島原発事故以来、政府は太陽光発電を普及させるために補助金を出して推進させようとしています。

しかし、全ての事業者に補助金をだしていたら国家予算は大きくオーバーしてしまうことでしょう。

再生可能エネルギーは現在太陽光・風力・地熱の三つが先行しています。ところがそれぞれがメリット・デメリットを抱えており、まだ今のところどの選択肢がいいのか不確定な状況にあります。

参考サイト
みんなの自然エネルギー 資源エネルギー庁