火力発電

メリット デメリット
安定して質の良い電力を作り出せる 他の発電方法と比べると二酸化炭素排出量は大きい
最新の技術で二酸化炭素排出量は減少傾向にある 硫黄酸化物や窒素酸化物を排出する
発電量が多く、コストパフォーマンスに優れている 化石燃料のほとんどを輸入に頼っている
大都市にも発電所を建設できるため、送電ロスが少ない 化石燃料の価格が上がると電気代にも影響する
仮に発電所で事故が起きても、被害は局所的に抑えられる 特に石油は政情不安定な中東に依存している
より発電効率やエネルギー効率の高い方法が開発されている 古い発電所は環境への負荷が大きい
歴史が長いため、発電所運営のノウハウが蓄積されている 円安になると特に燃料費が高くなりやすい
電力需要に合わせた出力調整が容易である 日本は資源が乏しいので火力発電はあまり向いていない

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
火力発電の良いところは最も簡単な発電方法であるという点です。原子力や水力のような大がかりなものではないので、建設コストも抑えられます。また発電量を柔軟に調整できるという点です。

日本で多くの原発が稼働しているときは、多くの電力会社は原発で安定的にある一定量を発電して、足りない分を火力で補うというスタイルを取っていました。今は原発が停止してそれができませんが…。

最近の火力発電は環境にも優しく、二酸化炭素の排出量も最小限に抑えられています。
悪い点は、燃料費がかかるということです。特に日本のような、先進国でしかも資源がない国だと、燃料の供給国から足下を見られます。実際日本が調達するLNGの価格は、他の国より高いと言われています。

また先進国以外のほとんどの国は火力発電が主力ですが、まだまだ排気ガスの対策が取られていない国が多く、環境汚染も深刻です。経済発展してくると、発電量も増えます。

特に中国の火力発電所から排出されるPM2.5は、日本にもやってきて連日ニュースで報道されています。
火力発電のメリットとして挙げられるのが外のエネルギー施設に比べて設備投資が比較的安価に施設を作れる事です。更にどのような立地条件でも設備施設を置く事が出来ますし、場所も多くとらず、発電量も外と比べて高いのも特徴です。

更に東日本大震災の大津波により福島原発が壊滅した事により原子力に対する安全性が崩れ、安全な火力発電にシフトする方向になっています。

火力に対する依存も高まり火力燃料の開発により低コスト化が進めばますます供給量は増えていくと思います。
火力燃料の問題点は地球温暖化などの環境破壊に結びつく可能性がある事です。火力の燃料は石油が中心で当然発電量が多くなると二酸化炭素の排出量も増えていきます。更にエネルギーコストが非常に高い事が挙げられます。

石油や天然ガスは外国からの輸入に頼っており、輸出先の情勢によってはエネルギー価格が高騰し、満足にエネルギーを供給出来なくなる恐れがあります。

エネルギー資源も無限ではないので今後も安定したエネルギー供給量を維持できる保障はありません。
火力発電は他の発電システムに比べると、火力を調整することに寄り発電量の操作が比較的安易に出来る点が良いと思います。

電力消費量が多い時間帯などに併せて細かく発電出力をコントロールし、効率よくまた安定的な電力供給を実現できるシステムだと考えます。

発電効率も高く、季節や天候などに左右されなず、一定の電力を安定的に発電できるというのが火力発電と最大の強みだといえます。

また、万が一事故があったときも、局部的被害で抑えられる点も安心できます。原子力発電は影響が広範囲に及び、水力発電ではダムに問題が生じたとき、河川周囲に大きな水害を及ぼす恐れがあります。
昨今は地球温暖化が問題視されています。火力発電は文字通り火力により発電を行うシステムで、技術が進歩したとは言え、多量の二酸化炭素を排出しオ温暖化を促進させる一因を担っていると考えられます。

二酸化炭素以外にも大気汚染の原因となる硫黄化合物や窒素酸化物なども排出しています。

また、燃料となる化石燃料の枯渇に加え、供給国が情勢不安な中東に集中しているため、安定して燃料が手に入れ続けることができるかも心配です。
火力発電のメリットは使用する燃料に選択性があること、即応能力が他の発電とくれべて高いという事です。

まず燃料については石油などの液体燃料や石炭などの固体燃料が選択できます。小規模または中規模な発電ならば木質系のバイオマス、エタノール系統のバイオマスなども使用可能です。

即応性の高さは必要なときに必要な分だけ発電できるという事です。常に一定の発電をしなければならない原子力や常に不安定な風力太陽光などの発電方式に比べ、使用電力に対して柔軟に対応できます。
火力発電のデメリットはどうしてもコストが高くなってしまう事です。効率を上げるためには最大温度を上げるしかないのですが物を燃やして発電するかよく発電は、燃料による限界というものが在ります。

よってどうしてもコストは頭打ちになりやすいですし、燃料に関して市場による調達のブレが常に不安材料として付きまとってしまいます。これはオイルショックなどを例に考えると良いでしょう。

他にも粉塵を抑えるために技術コストなども無視できないでしょう。

参考サイト
DoCoJapan Wikipedia