太陽光発電

メリット デメリット
再生可能エネルギーである 夜間はほとんど発電できない
純国産エネルギーである 雨や曇りの日はほとんど発電できない
排気ガスや有毒ガスなどを排出しない 太陽光を受け続けて高温になると発電効率が落ちる
振動や騒音などを発生させない 発電量に関してはスケールメリットがない
可動部分がないため、故障しにくい 設置面積あたりの発電量は比較的小さい
一般住宅の屋根などにも設置することができる 補助金はあるものの設置コストは依然として高額
売電して収入を得ることができる メーカーによってソーラーパネルの質に差がある
売電できるほどの発電量でなくても、電気代削減ができる 売電価格が今よりも安くなってしまう可能性がある

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
太陽光発電が良いと思うところは突然の停電に強いところです。何かの事故で地域が停電になっても電気が使えるのは大きなメリットです。

燃料費が不要であるため、設備と設置工事費、メンテナンス費だけで済むのも大きなメリットになります。

現在の太陽電池モジュールの耐用年数は20~30年くらいになっていますので製品の欠陥が無い限り、安定した電力が見込めます。燃料の代替が太陽光なので日照さえしていれば、大量の電力消費は出来ませんが毎日使えます。
太陽光発電が悪いと思うところはコストが高いことです。太陽光発電システムは安くなったとはいえ、一般家庭からするとまだまだ高額の部類です。

業者やメーカーで外れを引くとモジュールの修理やメンテナンス費がかさみ、何十年経っても元は取れません。太陽光発電は設置場所に大きく左右されやすいので、問題が起きやすいです。

太陽電池モジュールを家の屋根に設置することが殆どな日本家屋。元々ある家の屋根の方角が悪いと発電され難いため、発電コストが高くなり効率が悪くなります。

これでは設置してもコストが高くなるので設置するメリットがなくなります。
太陽光発電は、時代の求める「エコ」なエネルギーを生み出すことができるという点が非常に優れていると思います。化石燃料を大量に使用し、産業を発展することで先進国は発展してきました。

しかし、今までと同じエネルギー消費の仕方、化石燃料の消費の仕方を続けたり、大きな人口を抱える中進国・途上国が行うことが、地球環境に対して大きなダメージを与えるということは誰もが理解しています。

持続可能な地球を作り出すことは、地球のためでもありますし、何よりわれわれ人間のためです。

目先の利益にとらわれて100年後、200年後、そしてそれ以上の年月を経ても地球にダメージを角に与えない循環型社会を人間が作る上で、太陽光発電は大切なエネルギー源なのではないでしょうか。
初期費用として莫大なコストがかかる点、そして太陽光という自然条件に発電状況が左右されるために、不安定な発電しかできないという点が、太陽光発電のデメリットであると思います。

太陽光発電に関しては、国を挙げて補助金が支給される制度が展開されています。エコエネルギーの普及という点では素晴らしいと思うのですが、逆に言えば補助金がなければなかなか手を出しにくいものであるということです。

また、日照は人間にはコントロールできません。曇りの日や雨の日が続けば家庭用であっても必要電力を太陽光発電のみでまかなうことはできません。この不安定さが太陽光発電のデメリットであると思います。
太陽光発電の良いところは、なんといってもクリーンなところです。環境にまったく悪影響を及ぼしません。排気ガス、二酸化炭素は出さず、音もありません。放射能のような心配もありません。

太陽の光が当たりさえすれば発電してくれます。稼動する部分が無いので故障が少なく、メンテナンスも容易です。大量生産で太陽光発電パネルの価格も下がってきています。

地球上には、まだまだ太陽光発電パネルを設置できる場所はいくらでもあるし、宇宙で発電するという考えもあります。非常に将来性がある発電方法です。
太陽光発電のデメリットは、夜間の発電が出来ない、ということです。更に、曇り、雨のときは発電量が非常に少なくなります。このように発電量は気象に大きく左右されます。

発電量が安定しないので電気を貯めたり、不足分を瞬時に補えるシステムが一緒に必要になります。

また、大電力を得るにはたくさんの太陽光発電パネルが必要で、それを設置する場所も必要です。それと、発電コストが他の火力発電、水力発電、原子力発電などに比べて、まだ高いこともデメリットです。
太陽光発電は、発電する事自体にリスクがありません。

現在主力となっている発電システムには、何らかのリスクやデメリットが付き物でありますが、太陽光発電は極めてクリーンです。それによって、住宅などにも設置できる為自宅で自家発電が可能になります。

現在多くの企業が参入していて活気のある産業であり、技術も日増しに進化していっています。自宅で発電し、売電が可能であるので、長い目で見れば非常に得する事になります。現在最も注目されている発電システムであります。
太陽光発電は常に一定の電力を供給出来る訳ではありません。その名の通り、太陽光がない場合は使い物になりません。

現在多くの企業が参入してきていますが、それなりの利益を上げる為には、巨大な太陽電池パネルを何枚も並べる広大な土地が必要になります。太陽電池の技術がまだまだ実用的とは言えません。

まだいくつかの電池システムがあり、どれも一長一短である為、コスト面と発電効率の高い素材が出来るのを待たねばなりません。太陽光発電の先進国ドイツでは売電システムなどが、上手く機能していません。

関連ページ
火力発電 水力発電
風力発電 地熱発電
バイオマス発電 原子力発電
メガソーラー 再生可能エネルギー
分散型電源 蓄電池
スマートハウス HEMS
参考サイト
太陽光発電普及拡大センター 蓄電池.net

このページの先頭へ