風力発電

メリット デメリット
再生可能エネルギーである 風が吹かないと発電できない
純国産エネルギーである 風が強すぎても発電できない(台風など)
二酸化炭素排出量が極めて少ない ブレードに鳥がぶつかって死傷する可能性がある
事故が起きても広範囲に大きな被害を及ぼさない 騒音や低周波の問題が発生する可能性がある
冷却水が不要 景色や景観に影響を与える
風があればいつでも発電できる 風車を建てるために森林伐採が行われることがある
陸上だけではなく海上にも風車を設置できる 発電量をあまりコントロールすることができない
風がよく吹く海岸線の多い日本に向いている メガソーラーと比べるとかなり多額の初期投資が必要

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
風力発電のいい点は、地球に優しいクリーンな発電方法だというところです。火力発電など化石燃料を使用する発電方法では、二酸化炭素など地球温暖化に影響のある温室効果ガスの発生が起こります。

しかし風力発電は自然エネルギーを使った発電方法なので、そのような地球への悪影響がありません。

また風力発電は安全な発電方法です。原子力発電など危険が伴う発電方法と比較すると、風力を使った発電は安全で安心な発電方法だと思います。
風力発電の良くない点は、景観を破壊する危険性があるところです。発電のためとはいえ、強大な建造物である風力発電機を美しい風景の中に設置することは、その美しい景観を損ねる原因になってしまうでしょう。

つまり観光業への影響があるということです。

また、騒音被害があることも、風力発電の問題だと思います。風力発電機は24時間ずっと稼働しています。

そのため風力発電の近くに住んでいる方は、24時間ずっとモーター音・風切音に悩まされます。夜眠れないなど、健康被害を与える可能性があるのです。
私は風力発電は現代の電力事情において重要な役割を持っていると思います。

なぜなら、これまでは原子力発電によって低コストで発電できると謳って安全性も強調してきました。ですが、実際は安全どころか重大な事故を起こし、環境への影響も計り知れないものとなっています。

そういう問題をクリアにするクリーンエネルギーの一角を担うのが風量発電だと思います。これからはますますクリーンエネルギーへの関心は高まっていく可能性があるのでより重要性が増していくと思います。
私は風力発電には欠点がかなりあると思います。確かにエコなどクリーンエネルギーへの関心は高まっていると思います。ですが風力発電に日本中のエネルギーを確保する能力はありませんし、何より電力を作るにも不安定すぎます。

結局は風の力に頼るわけですから、風が吹いていないときは全く電力を作る事ができません。これでは安定的な電気供給など到底不可能です。ですので、風力発電によって日本の電力事情が劇的に良くなる事はありえません。
私が風力発電でが良いと思っているのは、やはりエコロジーなエネルギーであるということです。ものを燃焼させてエネルギーを消費させるわけでなくそこに環境的なロスなどが少ないことがより多くの設置を私が望む理由です。

また私の美意識に因るところが大きいと思いますが風力発電はあの風車の形が周りの景観を損ねる場合が少ないと考えています。エネルギー問題が多く取り上げられている現代で、私は風力発電に肯定的な意見を持っています。
私が、風力発電に対して反対である理由は、やはり発電量が安定しないことにあります。天候に影響を受けすぎることがその理由に挙げられます。

確かにエコロジーではありますが、大量のエネルギーを必要とし、かつ消費する現代において安定しないということは様々な面での成長を阻害することを意味していると思います。

その為、風力発電がいくら環境に配慮しているとはいえ、エネルギーの供給が間に合わないのであれば意味がないと思っているため私は風力発電に対してその問題が改善されない限りあまり良くない印象を持っています。
風という自然現象を利用するため、二酸化炭素の排出や使用済み燃料の処理などの問題もなく、環境に悪い影響をもたらさない点がよい所だと思います。

安全な発電方法であるとも言われているため、原子力発電所のように一旦事故が起きると自治体ぐるみで避難をしなければならないというような事態もあまり考えられません。

風が吹く所であれば比較的どこにでも設置が見込めるところもよい所だと思います。発電方法の中では比較的コストが安いのも積極的に推進したい理由です。
発電の際に低周波音を発するため、発電施設から離れていない所に住んでいる方にとっては騒音の被害を受ける可能性があるのが心配な点です。

また風は自然現象であるためいつも一定の風速で吹いているとは限らず、弱風で発電量が少なすぎたり、逆に強風で余計な発電をしてしまったりする恐れがある点は良くない所だと思います。

風をまともに受ける構造であり、台風のような暴風の場合は負荷がかかりすぎて設備自体が損傷する危険があるため、天候の変化の激しい所で設置をすることには反対です。
風力発電が良いと思うのは、何より風車が動くだけの風さえ吹けば、昼だろうが夜だろうが、定期的に電力を提供し続けてくれることです。立地条件さえよければ、安定して電力を供給できる発電システムであると思います。

また、風さえ吹く場所であれば、従来開発などには向かない僻地や飛び地でも設置が可能であり、これまで使い道がなくて困っていた土地の有効利用が、発電事業というものを通してできるようになるなど、限られた国土の日本においては有効な発電だと思います。
風力発電が悪いと思うのは、まず挙げられるのは騒音です。巨大な風車からの空を切る音は、耳障りであり、人口密集地にはまず建てられません。

そして次は生態系への影響です。特に渡り鳥の飛行コースに風力発電所があると、風車に渡り鳥が接触する事故が絶えません。

そして次の問題は、風車自体のメンテナンスです。台風や雨ざらしなどで、風車は経年劣化します。特に海岸線にある風力発電所の場合は、塩害のリスクもありますから、劣化は更に早まるでしょう。

こうした経年劣化に対しては、メンテナンスが欠かせないと思われますが、メンテナンスの間は、風車を止めねばならず、結果発電ができません。

メンテナンスの効率を考えれば、風力発電は効率の悪いものであり、良いものとは思えません。

参考サイト
DoCoJapan Wikipedia