地熱発電

メリット デメリット
再生可能エネルギーである 開発コストが高い
純国産エネルギーである 調査から発電開始までに長い年月を必要とする
二酸化炭素の排出が少なく、地球温暖化対策になる 発電所を建設している時には振動や騒音が発生する
気候や天候によって発電量に影響が出ない 周囲の景色や景観に影響を及ぼす
使わない熱水を近隣の温浴施設に流すこともできる 温泉の泉質に影響を及ぼす可能性がわずかに存在する
日本は世界屈指の地熱保有国である 候補地が開発規制の対象となっている場所に多い
地熱発電そのものの知名度が上がってきている 事業として考えたときに、さほどメリットを感じられない
火力発電や原子力発電のように燃料を必要としない 火力発電や原子力発電ほど発電量が多い訳ではない

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
地熱発電とは、地中に水を流し、地熱によって発生した水蒸気がタービンを回し、発電するシステムのことです。

地熱発電のメリットは環境性能が良いことです。火力発電と比較すると、化石燃料を使用しないため、資源の枯渇問題に効果的です。

また、化石燃料を使用しないということは、二酸化炭素をほとんど排出しません。すなわち、地球温暖化防止にも効果があるということです。

日本においては、火山が多いため地熱が他の国と比べて高い所が多くあります。日本にとっては、大変良い発電システムだと思います。
地熱発電を効果的に行うためには、地熱の高いところを選定して、地熱発電システムを設置するのがベストです。地熱の高いところとは、火山のある地域になります。

日本において、火山のある地域は、ほとんど温泉のある観光地となっています。そんなところに地熱発電システムを設置すると景観が壊されてしまいます。

私もそうですが、日本人の多くは古くからある「わびさび」の景観は大切にします。これが、地熱発電システムが普及しない原因であると思います。従って、地熱発電システムのデメリットは、設置場所が限られるということだと思います。
地熱発電の良い点は再生可能エネルギーという点ではないかと思います。そして、火力エネルギーのように温室効果ガスを発生させず、燃料の枯渇の心配もない環境にもクリーンなエネルギーであるからです。

再生可能エネルギーは他にも風力発電や太陽光発電も有りますが、両者ともエネルギーを生成できる時間などは限られています。

ですが、地熱発電は常時地熱からくる蒸気のエネルギーを利用して発電をするので、風力、太陽光などの発電の時間が分断する事がないという点も良い点のひとつとしてあげたいと思います。
地熱発電の良くないと思う点は、発電できる場所での諸々の問題だと思います。

地熱発電ができる場所は温泉地や国立の自然公園などが多く温泉地では地域住民の反対、自然公園などでは政府や自治会などの法例、条例などが建設などの障害となり思うように施設を建設できないという点です。

建設できたとしても、温泉地への湯量の影響、自然公園の環境破壊や景観破壊など国特有の観光資源が衰退や失われてしまうかもしれないという懸念が有るのが良くない点だと思います。
地熱発電を良いと思う点はまず第一にコストの軽減可能性とそれから日本が火山大国だという事実ですね。

地熱発電が必要とするエネルギー源はその名の通り地熱です。日本が火山大国で在るという事は温泉の多さで分かると思いますが温泉自体は地熱発電に使えません。

しかしながら、地熱発電に使用可能な場所というものは多く存在します。太陽光発電や風力発電など他の自然エネルギーに比べて安定した出力を得られるという事も大きなメリットですね。
地熱発電のデメリットは場所が制限される事と技術的な問題点、そしてそれがどういったものか理解されていないという事です。いくら日本が火山大国といってもそこらへんを掘れば良いというものでは在りません。

やたら自然エネルギーをと叫ぶ人の中には温泉程度の温度で実用性のある地熱発電が可能だと考えてる方もいるようですが、それは現実的ではありません。技術に対する無理解による恐怖感という物もあるようです。

温泉地近くに建設を予定したときに冷却用の触媒が温泉に影響を与える可能性を嫌った地域住民から反発を受けた事例もあるようです。
地熱発電の良いところは、何といっても自然エネルギーの中で抜群の安定供給を誇っていることです。火力発電や原子力発電のような熱エネルギーによって蒸気を発生させ、ファンでタービンを回すという典型的な発電手法を用いています。

しかも動力源となる熱エネルギーは地下のマグマという無尽蔵のクリーンエネルギーです。不安定さというネックが課題となっていた自然エネルギーの中では、優秀な部類に入ると思います。
地熱発電の悪いところは、何といっても施設自体が大規模となるために、施設立地による周辺への環境への悪影響が心配されることです。

日本を例にとってみれば、日本の地熱発電が可能な土地には、既に温泉施設が立地しているか、あるいは国定・国立公園に指定されているという状況下にあります。

施設を建てるとなれば、同じように地下熱を利用している温泉施設との地熱を巡っての軋轢が発生する可能性や、自然保護の観点から、国定・国立公園内への開発が、自然保護団体から反発を受けるのは確実です。

最近、環境省が国立・国定公園内の地熱発電への規制基準を許容して批判されたように、地熱発電にはまだまだ拭いきれない悪印象があるのです。

関連ページ
地熱発電 水力発電
風力発電 バイオマス発電
原子力発電 太陽光発電
メガソーラー 再生可能エネルギー
集中型電源 コージェネレーション
温泉 国内旅行
参考サイト
DoCoJapan Wikipedia

このページの先頭へ