Twitter

メリット デメリット
情報の速報性が高い 投稿の内容によって、炎上することがある
有名人や有名メディアの発言を読める 未成年の飲酒や喫煙などの発言が後を絶たない
有名人に発言すると返事をもらえることもある 有名人に暴言を吐くためにTwitterをやっている人がいる
友人に簡単に連絡をすることができる 140文字までしか入力することができない
実名制ではないため、気軽に登録ができる ちょっとした失言が広まってしまう可能性がある
スポーツ中継の際などに一体感を感じられる 中毒になるほど、はまってしまう人が少なくない
緊急時の連絡手段としても活用できる デマや間違った情報などが拡散されることがある
様々なお役立ちボット(bot)が運用されている アカウントを乗っ取られる危険性がある

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
自分が興味のある事柄や言葉でツイートやユーザーを検索し、その結果出てきた気になる人をこちらが勝手にフォローするという形でそのツイートを見れる点が特徴的です。

他のSNSで必要なまどろっこしい相互の友達登録が必要ないため、気軽に利用できて良いと思います。

とはいっても、特定のユーザーに自分のページにアクセスすることをを禁じるブロック機能や鍵機能も存在するのでプライバシーも守られ、自己責任ではありますが安全に交流する事ができる部分も評価できます。
よく「バカッター」「バカ発見器」などと揶揄されていますが、ネットリテラシーが著しく欠如した若い世代の犯罪が話題になっています。

高校生がタバコを吸った、酒を飲んだ、車を運転したなど、悪さしてる俺カッコいいみたいなノリで簡単に発信してしまうのは怖いことだと思います。

そういった子供たちを吊し上げることで、他の子供たちが恐れて犯罪や事故を未然に防げるかというとそうではないですし、ただ若い世代の乱れを露呈するだけのツールに成り下がっている感は否めないと思います。
Twitterの良いところは、テレビなどで発言した芸能人の発言に対して、世間の人たちが銅思っているかを瞬時に知ることができるところです。

瞬時に知ることで、自分が少数派だと思っていたことが、実はそうでもなかったなど意外にことが分かってそれがとても面白いです。

また、野球やサッカーの試合なども、それぞれのプレイに対して知らない人と感動を共有できるのもTwitterの良いところです。全てにおいて言えることは、とにかくTwitterは「スピード」が早いということに尽きます。
Twitterの良くない点は、芸能人に代表される有名人のツィートに対して、意見というものを通り越し、ただ単に罵詈雑言を浴びせるだけの、悪質行為をしてしまう方がいらっしゃることです。

今までTwitterを利用してきて、有名人の方がフォロワーとトラブルになり、Twitterをやめていく人を私は数多くみてきました。

Twitter上で有名人相手なら何でも言って良いという考えの人がおり、それによりトラブルになってしまうのはとても悲しいことです。

例えこういった場であっても、利用しているのは人間ですから、そこは配慮をもって発言すべきだと私は思っています。
良い点は、日記に書く程のことでもないことや自分の気持ちを、気軽につぶやくことができることです。

また、複数のSNSにその内容をつぶやいてたくさんの人と共有したい時、mixiなどとも連動しているので、Twitterを利用していない人にもTwitterに投稿した内容を見てもらえることです。

特に良いと思うのは、検索にキーワードを入力することで、そのキーワードを含む投稿が一覧になって出てくる点です。

例えば自分が利用する路線が止まっている時など、キーワードにその路線を入力することで、現在どうなっているかという情報をリアルタイムで知ることができ、助かります。
フォローしているもの、フォローされているものの両方が出る点が良くないと思います。私は芸能人などのフォローをしていないため、フォローしている人とフォローされている人の数が同じ数なのです。

そして、友達からフォローを解除された時、その人の投稿は出てくるのに自分がフォローされている人の一覧には出てこなかったので、やめたわけではないのだなとわかり、ちょっとショックでした。

また、友達がフォローした別の人の投稿が出てくるのも、良くないと思います。友達だけで共有したいこともありますし、自分の読みたい投稿も、友達の投稿内容だけだからです。
Twitterの良いところ、それは「140文字しか書けず、リアルタイム」であるということです。長文を書きたいと思うほどでもない、だけど沢山の人にこれを教えたいなどという場合は、Twitterは非常に有効なツールです。

「教える・拡散する」ことが第一の機能ですから、人探しなどにも役立ちます。私が体験したかぎり、人探しにTwitterを使う人が非常に増えた印象があります。

相手が見えなくとも、意思は統一できるという感動すら覚えるこのツールは、間違いなく、人類にとって革命的なものだと思っています。
Twitterが良くないと思うのは、短文とリアルタイムという特性上、例えば芸能人やゲームメーカーの開発陣といった、一昔前では触れることができなかった領域の人の考えがネットにすぐ流れてしまう点です。

また、それに対して、一般人が言い返してしまう場ができたということです。ハードルが下がったとも言えますが、あまり大っぴらに話すことでもないことを「どうせ仲間内だから」と話してしまう人が多くなりました。

Twitterは井戸端会議ではなく、大通りで仲間内で話しているということをもっと各人が自覚する必要があるでしょう。
Twitterは文字数が短く限定されているので気軽に書くことができるという点が良いと思います。短めの文の情報なので一つのことで色々な人から意見や情報が集まり一度にたくさんの情報を得るというメリットがあります。

また、文が短く気軽に書けることからライブの情報も得やすいということもいえると思います。電車の遅延情報などをその現場にいる人からTwitterで得ることもできる場合があります。

震災のときも電話やインターネットのブログなどよりもTwitterがかなり有用だったと聞きます。
気軽につぶやけるということから失言が多く目立つように感じます。誹謗中傷など平気でツイートして大問題になったりします。

文字で残ってしまうということもあり、短めの文章で友達と話すように使うと、思わぬ問題や誤解を起こしてしまうこともあります。

他には別のSNSなどにもいえますが、世界的に広がっているイメージがある一方でTwitterをしてる人だけの世界で閉じているように感じるときもあります。

Twitterをしていない人とはそれ以上のコミュニケーションをとることはできません。

関連ページ
SNS Facebook
mixi ホームページ
ブログ HTML
PHP 2ちゃんねる
オンラインゲーム スマートフォン
iPhone Android
参考サイト
公式ヘルプセンター ツイナビ

このページの先頭へ