フィーチャーフォン

メリット デメリット
小さくて軽い パソコンとの連携があまり強くない
お財布携帯機能が付いているものもある フリック入力ができない
ワンセグでテレビが見られるものもある インターネットの通信速度が遅い
余計な機能が少なくて分かりやすい パソコン用ホームページをうまく閲覧できない
昔からあるので多くの人が操作に慣れている スマートフォンよりはカスタマイズに制限がある
色や形など様々な種類のものがある インストールできるソフトやゲームが少ない
スマートフォンのようにネットに集中しないで済む 最近は圧倒的にスマートフォンの方が人気
メールと電話だけならスマートフォンである必要がない フィーチャーフォン向けのゲームやサービスは下火

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
フィーチャーホーンの良いところは、毎月の携帯の費用が安いところにあります。私の場合、メールの送受信と通話が出来ればそれでいいので、携帯の維持費は2,000円ちょっとで済んでいます。その手軽さがとてもいいです。

それに、使わないアプリケーションがついていないので、とてもシンプルなところもいいです。

たいていの作業はパソコンでやってしまうので、携帯はフィーチャーホーンで十分事足りているというのが現状で、これ以上の機能は必要ないほど充実しています。
今や、スマホが主流になっていて、フィーチャーホーンを買い替えようとしても、機種がもの凄く減っていて、魅力的な機種がなくて、買い替えなくてもいいやと思うようになってしまうところです。

家電量販店に行っても、スマホばかりがスペースをとっていて、フューチャーホーンの置いてあるところは隅っこのところで、数台の取り扱いしかないところが困ったところです。

それに、外出時にレストランを調べたいと思ったときに、スマホがあればな、と思うことがあります。
フィーチャーフォンをいまだに愛用している私にとって、フィーチャーフォンの良いところは、シンプルイズベストということです。フィーチャーフォンの主な機能は、電話・メール・インターネットだと思います。

これらの機能は、携帯電話において必要最低限の機能であり、さすがにこれだけは現代社会においていくら何でも欠かすことはできません。

しかし、裏を返せばこれ以外の機能は、便利ではあるけれどどうしても必要な機能ではないとも思っています。ですので、デジタル機器を最もシンプルに使えるというのが、フィーチャーフォンのよいところだと私は思っています。
フィーチャーフォンの良くないところは、言うまでもなく時代から取り残されていく怖さがあることです。

いまは老若男女を問わず、スマートフォンへの切り替えが盛んに行われています。CMでもスマートフォンを持っていることありきのものが多く、スマートフォンを持っていないと何のことだか分からない専門用語も多くあります。

こういった世間とのズレは決して良いことではなく、自分にとって様々な不利益を被ることになりますので、いずれスマートフォンに切り替えるなら一刻も早く切り替えた方が良いのは、自明の理だと私は思っています。
いわゆるガラパゴス携帯ですが電話機能に関しては最良の物だと思います。その最たる物が物理的に配置されているダイヤルボタン。指の感覚だけでダイヤルできる利点は流行りのスマートフォンとは比較にならないほど便利です。

夏の強い太陽の下や目に何らかの障害があって表示が見えない場合でも、お友達や緊急の「110番」や「119番」へ簡単に確実に電話ができます。

一方でバッテリーに関してもスマートフォンとは比較にならないほど長持ちしますので、肝心な時に確実にダイヤル出来る安心感は最高だと言えるのではないでしょうか。
たった一言、文字が小さすぎて老眼の人や視力の弱い人にとってあれほど困る物はありません。

確かに老人向けの文字の大きい機種も販売されているし若者向けの機種でも文字を拡大できる機能が搭載されている物もあるが若者向け製品が氾濫する中において選択肢の幅は広いとは言えない現状があります。

また本来はパソコン向けだったIT技術を「電話をする機械」に追加したために電話機の物理的な形状からそれなりの制約を受けている為に、表示されるWebページが縮小表示されたり一部の特殊処理部分が表示されないことがあります。

またページ自体の情報量が多すぎてページを最後まで表示できないと言ったこともあります。
フィーチャーホンのメリットは、サイズが小さく軽いので女性の手でも片手で操作できるところです。

また、画面が小さいため電池の持ちがいいのも大きな魅力です。インターネットよりもメール、電話機能を中心に利用するユーザーであれば、フィーチャーホンの方が利用料金を抑えることができます。

また、スマホのようなウイルスの心配がふようなので、専用ソフト等による対策が不要で手間がかからず安心感もあります。

タッチパネルでなくボタン入力なので、慣れていれば手元をあまり見なくても入力でき、操作もしやくて良いと思います。
電話より、メールやインターネット、アプリの利用がメインであれば、フィーチャーホンはスマホに負けていると思います。

スマホの方が画面が大きくパソコン用のWEBサイトなども大画面で見やすいですし、フィーチャーホンだとそもそも要領オーバーで閲覧そのものができないページも多いからです。

またスマホまらタッチパネルなので画像に手書きでサッとメモを書き込むこともできますがフィーチャーホンには無理です。

隙間時間に楽しめるアプリも、フィーチャーホンよりスマホの方がずっと豊富なので、スマホに敵わないと思います。
私はスマートフォンとガラケーの2台持ちをしています。前者は主にメールとインターネット用で、後者は電話用として使っています。

これは私だけが感じていることかもしれませんが、スマートフォンよりもガラケーの方が通話の品質が良い気がします。

また、耐久性もガラケーに分があるのではないでしょうか。スマートフォンは重いので落としたら画面が割れてしまう心配がありますが、ガラケーはほとんどその心配はいりません。
フィーチャーフォンの悪いところは、やはり自由度が低いことです。ウェブブラウザもPC用には対応しておらず、見たいホームページが見られないことが非常に多く不便を感じることが多いです。

また、スマートフォンのようにアプリをダウンロードして自分の好きなようにカスタマイズしていくという楽しみが少なく、きまりきった用途にしか使えないところが残念です。

更にフィーチャーフォンはヒンジの部分での故障がやたらと多く、修理費用がかさんでしまうのがお財布にも痛く、丈夫さをもっと追究してほしいです。

参考サイト
Wikipedia au