2ちゃんねる

メリット デメリット
速報性の高い情報も扱われている 暴言や汚い言葉を見かけることが少なくない
非常にマイナーな分野についても情報がある 恣意的かどうかに関わらず、正しくない情報も多い
まとめサイトが充実していて、暇つぶしに楽しめる 危険なサイトへのリンクが貼られていることがある
実名制ではないため、気軽に書き込むことができる 自作自演やステマなどがよく行われている
感動的な話やとても面白い話などを読むことができる 古いスレッドは読めないことがある
専用ブラウザを使うと、とても読みやすくなる 2ちゃんねる自体がネガティブなイメージを抱かれている
簡単にスレッドを検索することができる アダルトな広告が出ることがある
とにかく利用者が多い アクセス過多になるとスレッドが表示されない

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
2ちゃんねるの良いところは匿名で書き込めるという点が第一だと思います。日本社会はあまり意見を言うと良い印象を持たれる文化ではないため、こういったリスクの小さな場所でなら誰でも好きなように書き込めるからです。

いろんな人がたくさん書き込むことで有益な情報が出るし、面白いと感じられるコミュニティサイトとして重要な役割を果たしていると思います。

今となっては2ちゃんねるを知らない人がいないのではないかと、私の周囲を見てそう感じてます。誰もが気軽に書き込める場所、それが2ちゃんねるの一番良い点だと思います。
悪いところも当然あります。それは書き込む側の制御がきかないという点です。現実世界ではありえないと思えるぐらいの暴言や、狂気ともいえるアスキーアートが2ちゃんねるに氾濫しています。

現実で溜まったストレスによる悪意の塊ともいえるのでしょうが、それでも一見さんには受け入れられない場所であると思います。

日本が実はストレスを多く抱えやすい辛い国であるというのが、2ちゃんねるで分かると思います。悪意に弱い方にはあまり薦められないサイトです。
2ちゃんねるの良いところは、専門板と呼ばれるカテゴリーが多数置いてあり、自分の好きなことや専門的なことを聞きに行くなら、2ちゃんねるに行った方が早いというところです。

返信までのレスポンスもスレッドによっては非常に短く、質問サイトで聞くよりも早い場合があります。

カメラや鉄道、アニメ、プロレス・格闘技など、知りたいことをシンプルに聞いたり答えたりできるのが2ちゃんねるの良いところだと私は思います。

相手の情報が正しいのかどうかを判断する目は必要になりますが、簡単なことなら2ちゃんねるで聞いた方が早いです。
2ちゃんねるの良くない点は、世間一般で言われるように「暴言」や「中傷」が他のSNSなどに比べても酷いところです。特に2ちゃんねるはほぼ匿名状態で書き込みができるため、「煽って逃げる」ことがごく簡単に行えてしまうのです。

気に入らない相手がいたらすぐに煽り、相手の反応を待たずに逃げる。

こうした、現実世界では到底できないような卑怯な手段がいとも簡単に使えてしまうのが2ちゃんねるという場所でもあるのです。匿名性がもたらす良くない点としては、ナンバーワンでしょう。
何に差し置いても「2ちゃんねる」ほどの情報の宝庫は無いでしょう。例えばパソコンのソフトの不具合とか設定の問題とかあればとりあえず該当のスレッドを見ればほぼ解決すると思って間違いない。

確かに彼らは口が悪い、しかし彼らが答える内容は至極真っ当な場合が多く問題を的確に判断し要点だけを的確に伝える傾向にあります。

また彼らでも分からない場合は読んでいる者(利用者)たちが一斉に検索なり実験を始めるので、より正確で確実な情報が集まる場合もあります。いわゆる「祭り」と言う現象がそれにあたります。

みんなが一斉に検索や実験を始めるので、ものすごい速さで情報が集まり、場合によっては情報過多に陥る事さえあります。それだけ情報の宝庫と言えるので、困ったことがあれば一度覗いてみることをお勧めします。
これはある意味では利点でもあるのですが、情報が集まりすぎてやや視点の異なった情報が紛れ込むことが見受けられることがあります。

意図的に異なる情報を流して誘導する輩も見受けられるので、情報元のソースがしっかりしている書き込みのみを信じて参考にしなければならない場合が多いです。

よくあるのが一時の感情で情報元を確認しないまま行動するといったパターン。これに引っかかると先に世間を騒がせた「成り済まし」「パソコン乗っ取り」事件のようなものに巻き込まれる危険性が潜んでいます。

しかし、これは常に疑いの目をもって「世の中にはそんなにうまい話は無い」と言う事を心がけていれば、防止することができます。
2ちゃんねるは匿名であるために、なかなか実社会だと言いにくいようなことも本音の意見が書き込めたり、議論できたりする事は良い点だと思います。

また、2ちゃんねるにはありとあらゆる分野のスレッドがあり、何かしらの自分の興味のある分野を見つけて同じ趣味や興味を持つ人たちと意見交換や情報交換ができます。

逆にまったく知らない分野の知識や情報について学べたり質問出来たりすることは便利で楽しく、良い点としてあげることができると思います。
完全に匿名であるために、書き込みに対して無責任なものが多く、虚偽の情報であったり、他人を誹謗中傷するようなものがどうしても多くなりがちである点はやはり良くない点としてあげられると思います。

また、2ちゃんねる特有の集団心理みたいなものがあり、自分達の気に食わない個人や企業などに対して、大勢で批判や抗議などを仕掛けるなどといった事例も多々あります。

社会常識を逸脱するような運動や活動が頻繁に見受けられるなどの点は改善されるべきであると思います。
なんといっても豊富な情報量がメリットです。多数の掲示板が集まっている2ちゃんねるですが、かなり細かく掲示板が分類されているのにも関わらず、各掲示板にはより詳細な様々なスレッドが存在します。

もちろん掲載されている全ての情報が正しい訳ではありません。中には嘘の情報が多いなんてこともあるかと思います。それでも、自分が気になる情報を見つけることが可能です。

また、必ず書き込みをしなければならないという訳ではないため、単に閲覧だけでも十分に楽しめます。
2ちゃんねるの良くないところは、やはり無法地帯になっているところです。基本的には、一つのスレッドにおいて、意見の論調が偏っており、色々な人が利用しているというメリットが台無しになってしまっています。

また、誹謗中傷が非常に多いため、初心者の人が気軽に書き込むことが出来ないという事態にもなっていると思います。

ある程度の利用のルールは定められているものの、犯罪に近い書き込みも非常に多くみられるため、そういった犯罪につながるような部分に関しては早急に対策を行ってほしいと思います。

関連ページ
SNS Facebook
Twitter mixi
GREE モバゲー
ネットサーフィン レンタルサーバー
アフィリエイト パソコン
スマートフォン 携帯電話
参考サイト
2ちゃんねる公式サイト Wikipedia

このページの先頭へ