ラスベガス旅行

メリット デメリット
桁違いにゴージャスなカジノホテルが多い ギャンブルにのめり込んでしまう可能性がある
アミューズメント性に富んだカジノホテルが多い ホテルが広すぎて迷子になることがある
様々な魅力的なショーを開催している クレジットカードがないと不便に感じることがある
無料のショーでも規模が大きく見応えがある 無料のショーは混雑で良い場所が取れないことがある
商業施設やアトラクションなどが充実している 小さな子供には刺激が強い女性のチラシが多い
アメリカの他の都市と比べると治安がすごく良い 観光客をターゲットとした軽犯罪はなくならない
世界遺産のグランドキャニオンが比較的近い 日本からの直行便がない
常に様々な種類のイベントが開催されている カジノで大赤字になってしまうことも

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
ラスベガスには数回行きましたが、治安の悪いアメリカの中でここラスベガスだけは唯一夜中も自由に歩ける安全な街だと思いました。

アメリカの他の都市にも色々と行きましたが、日本人観光客が夜中に出歩くとかなりの確率で危ない目にあうと聞きますので、それに比べたらとても良いと思いました。

またラスベガスはカジノの街ですが、観光スポットも充実していて有名なグランドキャニオンはアメリカの雄大な自然の素晴らしさを知る事ができとても素晴らしい所だと思いました。
ラスベガスはカジノで有名ですが、街中にある巨大なホテルはどこもカジノのあるフロアーが薄暗く昼と夜の感覚がなくなってしまうのです。夢中でカジノをしていると時間の経つのを忘れお金だけをどんどんとつぎ込んでしまうのです。

ホテル側はお金を使わせるのが目的でしょうがあまり熱くなって客に多額のお金を使わせるのはどうなのだろうかと思ってしまう事もあります。

またアメリカはカード社会の国なのでクレジットカードの提示がないとサービスが受けられないホテルなどもあるので外国人からするとあまり良くない印象が残ります。
ラスベガスはカジノのイメージが強いですが、他にもショーなどのエンターテインメントやショッピングスポットが充実していて、カジノに行かなくても色々な楽しみ方ができるのが良いと思います。

カジノは初心者でも体験できるので、せっかくだから本場で体験できるのは良いと思います。食事も食べ放題のバフェのお店が多く、手軽においしい料理を楽しめました。

また、グランドキャニオンにもアクセスしやすいので、大自然に触れることができるのも外せないポイントです。
場所によっては治安の良くないところもあるので、他のアメリカの都市同様の注意は必要です。

特に他の年に比べて治安が悪いということはなく、むしろカジノには必ずガードマンがいるので、そういう意味では安心ですが、やはり街全体としてちょっと特殊なところだという感じはあります。

基本的にみんながお金を使うところであり、ちょっと羽目を外すところであり、またそうすることが求められている、もしくは許されているような雰囲気があります。なので、何となくその雰囲気が合わないという人もいると思います。
とにかく華やかだという印象です。随分前に旅行に行きましたが、極限の人工美というイメージで、無料で観光できる所が多かったです。

ホテルの前のイベントとか無料のナイトショーとかでも十分楽しめますし、一日中楽しめる街だと思います。そして、食事も一定料金で食べ放題の所が非常に多く太っ腹な印象がありました。

ホテルも非常に豪華で、私が宿泊した所は迷子になるんじゃないかと思う位の広さでスケールの大きさを感じられました。ほとんど観光だけで行くならば安価に楽しめる街だと思います。
一番はギャンブルで非常に多額のお金を使う可能性があるという事ですね。熱くなって無一文になるという可能性もあります。

何せ、スロットマシンもお金を入れて廻して当たったらお金が出てきますからね。ギャンブル性どっぷりで、非常にリスキーな街だと思います。

それと、夜になるといかがわしそうな誘いが多い様な点ですね。チラシなんかもらってもいわゆるコールガールのチラシだったりするんで、家族連れで夜の街を出歩くのは子供には悪影響だろうと思いました。
ラスベガス自体そんなに大きな場所ではないので、旅行者にとってとても、便利な所だと思います。

ストリップのホテルに宿泊すれば、自分たちだけでも、移動で来て、買い物をしたり、色んなショーを見に行けることが出来ると思います。食事も困りません。

また、自然を満喫するには、バスツアーが出ていたりするので申し込みをすれば、ホテルの送迎も付いていて、グランドキャニオンも行けると思います。そして、ホテルはセキュリティーがしっかりしているので、安心だと思います。
日本からラスベガスまでは、以前はあったのですが、今は直行便がありません。乗り換えをしなければいけないため、カリフォルニアなどと比べて、遠く不便を感じるかもしれません。

ラスベガスと言えば、ギャンブルです。折角だから少し楽しみたいなと思っても子供連れだとそうはいきません。誰かが子供と過ごしている間になどと、工夫が必要だと思います。

また、至る所に、女性のショーの広告が合り、子供には少し刺激がありすぎる場所かなと思います。

参考サイト
ラスベガス旅行と観光 ラスベガス大全