ヘナ

メリット デメリット
天然成分なので頭皮にも髪にも優しい 自然系の匂いが強く、2日は多少の匂いが残る
質の割に安価で髪染めができる ヘナで染められる色の種類に限りがある
トリートメント効果がある 人によってはアレルギー反応が出ることがある
リラックス効果がある 生理中や妊娠中には使うことができない
クセ毛が軽減する 始めて使う場合は髪がきしむことがある
頭皮環境を整えられる 効果を感じられるほどになるには何回か繰り返す必要がある
自分ででもヘアサロンででも行える ヘアサロンでヘナをすると高額になりやすい
ヘナを使ったタトゥーは3週間ほどで消えるので人気 自宅でやると浴槽や洗面台の掃除が大変になることも

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
白髪を染めたり、自分のイメージを変えるために髪を染める方も多いですが、染毛剤の多くは化学的な成分が配合されているため、お肌や髪へのダメージも大きくなります。

その点ヘナの場合、植物から抽出された成分を配合していますので、頭皮が弱い方や髪の毛が傷んでいる方でもダメージを与えることなく染毛できる点がよいと思っています。

またヘアを使用すれば頭皮に負担をかけませんので、結果的に薄毛も防ぐ効果も得られるという点が優れていると思います。
ヘナは、頭皮や髪に負担をかけることなく髪を染め上げることができますが、その反面、一般の染毛剤に比べて髪が染まるまでに時間がかかる点は良くないと思います。

今では忙しい方も多いですが、髪が染まるまで待たなければならないと、仕事や家事のスケジュールにも影響が出てきてしまいます。

また、ヘナの原料の良し悪しによっても、色の染まり具合にも影響を与えることになりますので、自分で上質のヘナを使用しているのか見極めを行わなければいけないところも面倒に感じます。
ヘナは天然の原料を使っているため、頭皮や髪を傷めずに髪の色を変えられるというメリットがあります。肌が弱くて通常のカラーリングをすると痛みや痒みを感じる人にはピッタリな方法だと思います。

また、カラーリングによる経皮毒の影響を心配する妊娠中・授乳中の女性にとっても、安心していつもどおりの髪色をキープできる方法です。

人間に優しいということは、染色時に出る排水が環境に与えるダメージも少ないと思われるので、これからますます注目されるべきだと思います。
ヘナで一度染めてしまった色は簡単に変えることができないそうです。自分で染めた色が気に入らなくて美容室に「なんとかしてほしい」と泣きつく人は多いらしく、知り合いの美容師さんはいつも困っていました。

一口にヘナと言っても合成染料を含む品質の悪いものも多いらしく、自分に合った色や品質の商品を選ぶのはなかなか難しいようです。

髪色を頻繁に変えたい人や、品質の良い商品を選ぶ自信のない人にとってはヘナは使うべきではないと思います。
ヘナは植物由来の成分のため、白髪染めやタトゥなどにも使われるように肌への刺激が少ないので敏感肌でもトラブルを心配せずに使用できます。

また、ハーブなので髪や頭皮へのトリートメント効果も期待できます。また、白髪染め利用の場合、しっかりと色が入るため時間が経っても色が抜けにくいのも長所と言えます。

また、コーティング作用によって、紫外線を防止することもできるので、髪のダメージを気にする人にはとても魅力的な染料と思います。
ヘナのデメリットは、準備や施術に時間がかかることです。髪染めであれば、髪に色が浸透するまでに合計5時間以上かかることもあります。

また、しっかりと中まで色が入ってしまうため、一度暗い色に染めてしまうと、明るい色に戻すのは困難です。色落ちもするため、カラー後の数日間は色の薄い服を着ることができません。

化学成分配合タイプのヘナであれば肌が荒れる場合もありますし、ニオイもかなりキツイので人にあまり会わない時期を選んで染髪しなければならず、予定を立てるのが面倒です。
へナの良い所は、やはり自然素材で髪を染められる事だと思います。いわゆる毛染め剤は、髪の毛の色を一旦脱色してから染めるものなので、どうしても髪の毛が痛む事になるのですが、へナの場合は髪を傷めないで染める事ができます。

そして、へナの場合は、自然のトリートメント効果があるため、染める事によって、髪の毛が美しくなるという利点もあります。美しくなるだけでなく、髪の毛にこしがでてきてお手入れもしやすくなります。
まず、匂いが苦手です。薬草のような香りで、好きな人は好きだと思いますが、私はあまり好きではありませんでした。それと、値段が高いです。

純粋なへナであればあるほどその傾向があり、白髪が多い私は頻繁に髪をそめなくてはならないので、お財布に痛い物がありました。それと、色の種類が少ないのもおしゃれには程遠く、良くないと思います。

一般的なへナの色は明るいオレンジなのですが、年寄りならともかく、私位の年齢(40代)でその明るいオレンジに染めると、かえって老けて見えてしまうのも嫌でした。

参考サイト
Wikipedia ヘナ遊