円高

メリット デメリット
輸入企業にとって有利になる 輸出の多い企業にとって不利になる
輸入品を安く買うことができる 輸出企業の多い日本にとって、経済が停滞する恐れがある
海外旅行や海外留学にかかる費用が安くなる FXや外貨預金などで保有している資産が目減りする
天然資源の費用が下がるため、公共料金も抑えられる 株価や地価が下落する傾向にある
保有している円の価値が上昇する 外国人観光客が減り、観光産業はダメージを受ける
インフレを抑えることが出来る デフレに拍車をかけてしまう可能性がある
日本企業による海外での投資やM&Aなどが活発になる 国内への投資が少なくなってしまう可能性がある
海外に出たときに現地の物価が安く感じられる 過度な円高は日本経済に大きな被害をもたらす

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
円高になると、海外旅行、特にアメリカに行くときにドルが安くなるので、アメリカの物価が安く感じますし、買い物をするときに、安く買えることになります。

同じものを買ったとしても、円高になればなるほど、安く買えることになります。

アメリカのスタバに行っても、円高だと、1杯のコーヒーだけでも、安く飲めることになります。円高が続くと、輸入品などの値段が下がって、買いやすくなります。アメリカで化粧品などを買うと、安くなります。
ドル預金を円安のときにしていると、円高になると、差額が損失になって、預金が円で考えたら少なく減ってしまうことになります。預金が自然と、何もしないのに減ってしまうのは非常にがっかりすることです。

円高になっても、ブランド品などの価格にはそれほど影響が出なくて、お得感がありません。

円高になったら、もっと安くなっても良いと思うものが、値段が下がらないので、会社だけが儲かっていることになり、消費者への還元が少なくなってしまいます。
円高は円の価値が上がるので、貯蓄額の価値も上がり、海外旅行や海外商品を安く買えるというのは、お金のあまり無い層には良いと思います。

安く輸入できるので、様々商品・食べ物が安く、私も普段からファーストフードや飲食店で恩恵を受けていますし、海外に旅行も行きました。

為替の関係でとても安くモノを買う事も出来、普通より3割増し位に贅沢な旅を楽しめたのは円高の恩恵です。

欲しかった家具等をヨーロッパから安く取り寄せる事も出来ました。円高を活用して、得する事は沢山あったので、それらの点は良いです。
円高は円の価値が上がるのですが、海外に国内製品を売る事が出来なくなり、国内産業が空洞化し、海外へどんどん工場を移転し、雇用が減り、行き過ぎた円高は経済全体に損失が大きい部分があります。

モノを作って売れないというのはモノ作り日本と言われた我が国にとって大変なダメージで、家電・自動車メーカーは実際円高の影響もあり、とんでもない赤字を抱えてしまい、企業努力だけでどうにか出来る問題ではなくなりました。

その影響で従業員のリストラ、賃金カット、物価低下と負のスパイラルが続き日本経済はどん底に落ちたのは、円高の悪影響は否定できません。
円高の良い点は海外から物が安く買えるということです。日本のような資源のない国にとっては円高は歓迎すべきことです。

特に原発が停止して化石燃料に頼っている今、石油や石炭、LNGなどの燃料を安く買えるということは重要なことです。

そのほかに食料品の値段も円高の方が安く調達できます。日本は食料自給率が低いので、食品全体の値段が為替に左右されてしまいがちです。

輸出企業にとっては円安の方がいいですが、国民生活全体でみると円高の方が安定しているといえます。
一方円高の悪い点は輸出企業がもうからないという点です。日本の基幹産業である「自動車」は特に為替に影響を受けやすいので死活問題です。

また自動車産業はすそ野が広いので多くの企業が影響を受けるという面も持っています。こういった理由で円高になると株価が下がります。

なので国民生活にとっては円高の方がいいけれど、企業活動にとっては全体でみると円安の不が良いいいです。

更に株価が上がると資産価格が上昇して不動産の価格も上昇するので、やはり円高はあまり良い現象とはいえないということです。
円高に進むことは、円が外貨より強くなることですから、海外旅行に行けば、相対的に安価で物が購入できますし輸入品に対しても安価で仕入れることができます。

生活必需品で輸入に頼っている小麦・大豆などは食料品の原材料となるものですから、円高還元セールなどにより私の家計にも大きな恩恵をもたらしていと思います。

ガソリンなどは原価高騰しているのであまり感じられませんが、それでも、円高のお蔭でこの程度で済むと思えば、なんとなく割り切れます。ある程度の円高は歓迎すべきですし、賛成です。
過渡な円高は輸出企業にとっては、不利に働きますので、いくら原材料が安価になっても、海外で物が売れなくなります。

特に、日本は自動車やテレビなどを海外に輸出して利益を得ていたので、それが売れなくなる事は、日本の経済に悪影響を及ぼします。

また、海外企業の競争にも不利な状況なります。加えて、日本国内での生産コスト増加により、大企業の工場が次々と閉鎖になっており、その下請けをしている中小企業も苦しい状態です。

このような円高不況は国内空洞化を招き、日本の将来に陰落としかねません。

参考サイト
Wikipedia Yahoo!ニュース