蓄電池

メリット デメリット
ある程度の電力を蓄えておくことができる 補助金制度はあるものの、本体価格が高い
停電時にも電機を使うことができる 無制限に使えるわけではなく、寿命がある
ピークシフトに役立つ 設置のためのスペースが必要になる
電気代削減に役立つ まだまだ蓄電容量は大きくなると言われている
太陽光発電システムやHEMSと連携できる 小型で安価なものは容量も出力も小さいことが多い
一般のコンセントを使って充電できる 低価格化が進むと従来の購入者が損をしたように感じられる
エネループなどの電池型の蓄電池(充電池)もある 蓄電量が0になるまで使うと、電池の劣化が早くなる
電気自動車にも蓄電池の技術が採用されている 充電を完了させるためにはある程度の時間が必要

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
太陽光発電などの発電できるものがある場合、太陽の照っている昼間に発電した電力を蓄電池に貯める事で、電気料金の高い日中に使いきれずに余った電気を電力会社に売電できます。

更に地震や津波などの非常時、電気の供給がストップした場合でも貯めた電気を使える事が良い点だと思います。

また、電力会社の送電線から蓄電池に電力を貯める場合は、電気料金の安い夜間の電力を貯めて、日中に使う事ができる事も良い点ではないでしょうか。
蓄電池にも色々あり、安価な物もあるようですが、家庭用蓄電池に関しては高価で、一家に一台の蓄電池を設置する事はできない点が良くないと思います。

また、一般的には蓄電池は太陽光発電とセットで考えて設置する場合が多いと思いますが、その初期費用は高く、太陽光発電パネルのエネルギー効率や使用可能年数などを考えると、初期費用を賄える額の発電と蓄電をするのは難しいです。

今後の蓄電池の改良によって、その費用を抑えられない限りは、普及は難しいのではないでしょうか。
蓄電池とは電気を蓄えておき、いつでも使用できる装置のことです。蓄電池のメリットとしては、一般家庭において、光熱費の節約ができるという点です。

日本においては、夜間の電力消費が少ない時間帯に安くなるように料金設定がされています。夜間に電気を蓄えておいて、昼間に蓄えた電気を使用すれば、高い昼間の時間帯の光熱費はゼロです。

他には、停電時にも使用できるという点です。万が一災害にあって、電気が使用できない状態になったとしても、必要最低限の電力は確保することができます。
まだまだ発展途上であるため、導入コストが非常に高いというデメリットがあります。また、蓄電池内部の電極部分が劣化しやすいので、メンテナンス費用もかかってしまいます。

仮に高い導入費用と高いメンテナンス費用をかけて導入したとします。昼間、夜間の電気料金に差があるとはいっても、さほど大きな料金の差ではありません。

従って、一般家庭の光熱費節約金額で導入費用の元をとるためには何年もかかってしまいます。
乾電池型の二次電池について語りますが、まず第一のメリットはなんといってもゴミが少ない事です。電池というものは捨てるときに少し迷います。

一次電池の場合すぐに切れるというわけでもないけれど、それなりの頻度で使えなくなるわけです。

そうなると捨てるたびに「あれ?これってどうの区分でどうやって捨てるんだっけ?」と悩むわけです。その手間がだいぶ削減されるというのは大変嬉しいですね。

更に常時使うような場面、例えば子供さんの玩具ですとかゲーム機とかですと経済的にも良いです。
蓄電池のデメリットとして、まず充電が面倒くさいです。使えなくなったら新しいのに交換すればいい一次電池と比べて、充電のし忘れや充電自体にかかる時間の長さなどがどうしても面倒に感じてしまいます。

更にやはり総合コストでは勝るのでしょうがそれゆえ一つあたり単価が高いのです。これは部屋中に使う時計などの数を使う用途の場合はかなりの負担になりますし、時計程度なら一次電池でもかなりの時間持ちます。

テレビのリモコンやエアコンのリモコンなど結構な数があるリモコン類でも言えることです。
蓄電池はあらゆる場面での発電の技術開発を支える基礎です。近年、今まで無駄にしていたリソースから電力を生み出す技術が開発されてきています。

例えば多くの人が歩く振動による発電だとか、給湯器の廃熱によるコージェネレーションなどです。これらの技術を発達させるためには、蓄電池が欠かせないでしょう。

なぜなら、蓄電池がなければ、研究者が発電・送電・ニーズまで全て総括的にフォローしなければならず、肝心の発電の技術がボケてしまうからです。

研究者に、発電のみを特出しして研究することを許しているのは、蓄電池の技術があるからで、これは蓄電池の功績の一つだと思います。
蓄電池は、電力系の機器とは、現状ではあまりに相性が悪すぎます。ハイブリッド自動車や電気自動車などは、セルを数百個も直列につなぐという状態で蓄電池を使っています。

子供のころ、乾電池をたくさん直列につなげば家電も動かせるのかと、子供らしい発想をしたものですが、まさかそれが現実になるとは思いませんでした。その無理の結果が、航空機のバッテリ発火といった形で現れています。

現在の蓄電池技術は、ニーズとしては全く妥当で、そこには全く文句がありませんが、一方技術シーズが全くそれに追いついていません。

ですので、現状の技術でまっとうにニーズを満たせる携帯機器に注力するべきで、大電力用は、それに見合った技術開発を待つべきと思います。

参考サイト
蓄電池.net Wikipedia