TOEFL

メリット デメリット
世界的に知られている英語試験である 受験料が高い
アメリカの大学に留学したい場合に必要となる 試験時間が長く、集中力の維持が必要
スピーキングやライティング能力も計測できる アカデミックな内容に特化した試験内容となっている
TOEICや英語検定よりも海外での信頼度が断然高い パソコンのタイピング速度の速い人が有利になってしまう
就職や昇進の際に有利になることが多い TOEICと比べると試験会場の数がかなり少ない
難易度が高いため、モチベーション維持に繋がる 難しすぎるために挫折してしまうケースが少なくない
TOEICよりも英語力がしっかりと反映されやすい TOEICと比べると日本国内での認知度が低い
全世界の人々と英語力を比較することができる 試験の申し込み手続きが少し複雑である

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
英語の運用能力を総合的に測定することができるという点が最大のメリットです。

例えば、TOEICだとリスニングとリーディングの二技能しか計測できないのに対し、TOEFLはその二技能に加えて、ライティングとスピーキングを加えた四技能の英語運用能力を測ることができます。

更にTOEFLで出題される試験の内容はアカデミックなものが多く、海外留学を目指している人たちにとって、海外大学や大学院で頻出の語彙を覚える良い機会となります。そのため、TOEFLの学習をするのは良いことだと思います。
TOEFLに関して改善すべきだと思うのは、スピーキングのテストです。

コンピューター画面に向かって、指定された時間内に内容をまとめ、英語で話すというこの試験には、英語話者にとって最も重要なコミュニケーションというものが欠けていると思います。

以前TOEFLを受験した際、コンピューター画面に表示された内容について疑問があったのですが、相手はコンピューターなので、質問することもできず、結局モヤモヤした気持ちのままマイクを使って答えたことを覚えています。

こうした点が改善されない限りTOEFLには反対です。
TOEFLの良いところは点数で自分の英語力がどれくらいかが分かるところにあります。 アメリカの大学に入る(留学する)にはTOEFLの高得点が必要になりますが、TOEFLの勉強をしていると、基礎的な英語力がついてきます。

基礎的な英語力がついていくと、英会話が楽に会得できるようになります。そうなると、英語がとても楽しくなります。

それで、TOEFLの高得点を目指して勉強すると、自然と英語が得意になっていきますから、TOEFLはとてもいい英語の勉強法だとも言えます。
TOEFLの試験の時に、リスニングのテストがあるのですが、機械の調子が悪くて、音が極端に悪くて、聞き取りが出来なかったことがあります。そのために点数が低めになってしまって、もう一回受けなければならなくなりました。

どの会場でも、しっかりとした施設を準備する必要があるのではないかなと思いました。それにTOEFLの点数だけ良くても、実際には英会話力がない人もいて、実際の英語力と点数は比例しない場合があるという事実もあります。
TOEFLは英語の能力を測るにはとても良いテストだと思います。なぜなら、TOEFLにはリーディングとリスニングだけでなく、ライティングとスピーキングのテストも含まれているからです。

特に日本人は、英語のスピーキングスキルがとても低く、また苦手としています。

スピーキングテストがTOEFLに含まれている事により、実際に話す力をつける事が出来ると思います。読む・聴く・書く・話すという4つの能力を同時に高め、測る事が出来るのがTOEFLの良い点だと思います。
TOEFLの悪い点は、その時々によって問題の難易度が変わる事だと思います。

私も以前何度か受けた事がありますが、受ける度に点数が違っていたので、どの点数が自分の正確な点数なのか分からない時期がありました。良い点数を出す為には何度も繰り返しテストを受ける必要があると思います。

また、特にTOEFL iBTだと、パソコン上で操作を行うので慣れが必要ですし、特にライティングテストではタイピングの早い人が有利だと感じました。
TOEFLはあくまでも外国人がアメリカに留学し、アメリカの授業を着いていくための最低限のレベルをテストする試験です。なので、日常生活に感ずる英語ではなく、もっと専門的な知識に携わることを求めるためレベルが高いです。

英語で質問を聞き(Reading,Listening)、回答を話し(speaking)、そして書く(Writing)まで求めるテストです。話題は幅広く扱うため、社会全般的なことを広く勉強することができます。

単語もそれなりに難しい専門用語も携わることになりますが、深度ある英語の勉強にはTOEFLは良いと思います。
TOEFLは日常生活での英語ではなく、アメリカの大学校での授業について行けるのかを確認するための試験です。

つまり、日常生活に必要な英語のレベルより専門的な分野だし、アメリカの授業に必要としてる英語レベルにその目標があります。

もしアメリカに留学するつもりならTOEFLは必須ですが、日常生活もしくは会社での海外との取引のための英語ならそこまで要りません。

しかも試験申し込み料金はとても高く、場所も指定で遠く、アメリカの商売としてしか考えられません。大事なのは、目的にあう英語の勉強です。
TOEFLのよいと思われるところは、実際の使用する環境に則した勉強ができることです。

日本では有名なTOEICと呼ばれるテストは有名で知名度が高い代わりにテクニック的なところが解明されつつあります。逆に言うと真面目に勉強に取り組んでいなくても、テクニックをきっちり踏まえれば高得点が狙えるのです。

TOEFLは実際のアカデミックの場面で使える表現を学べるし、テクニックもないので純粋に英語力を伸ばせるし、評価もされやすいです。
TOEFLには日本人が苦手とするスピーキングのセクションがあります。ほとんどの人が英語を独学で学ぶので、ほとんどこのスピーキングのスキルを伸ばす手段がありません。

また、実際に英語をスピーキングする場面ではボディランゲージやシチュエーションなど、スピーキングの能力に頼らなくても十分にコミュニケーションが取れることが多いです。

そうした実際の側面を見ないでスピーキング能力だけを問うスタイルには私は共感できず、良くないと思います。

関連ページ
TOEIC 英語検定
海外旅行 海外留学
ワーキングホリデー 海外ドラマ
アメリカドラマ 留学保険
ワーキングホリデー保険 英会話スクール
オンライン英会話 スピードラーニング
参考サイト
TOEFL(日本語公式) Wikipedia

このページの先頭へ