一戸建て住宅

メリット デメリット
管理費や修繕積立金などがかからない 容易に引っ越しすることができない
自由にリフォームすることができる 庭がある場合は手入れが大変
分譲マンションのような管理組合に参加する義務がない 町内会のようなご近所付き合いがある
多少騒いでも近隣の住宅に迷惑がかからない 立地条件が同じなら分譲マンションよりは高くなりやすい
近隣住宅からの騒音があまり気にならない 防犯や防災などにより一層気を配る必要がある
ペットを飼うことができる 修繕費などが高くなりやすい
セコムなどのホームセキュリティを自由に設置できる 購入時には基本的に住宅ローンを利用する必要がある
庭のある家を選ぶこともできる 火災保険料がマンションと比べてかなり高い

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
一戸建ての良い点は、プライバシーが守られることです。隣のお宅の話し声が聞こえたり、物音がしたりしませんし、こちらの声も相手に聞こえたりしないところが良いです。テレビの音量も好きなだけ上げて見ることができます。

狭くても庭があるところも良くて、犬が飼えるところもよいです。プライバシーが守られて、好きな時間にシャワーを浴びたり、ドライヤーで髪を乾かしたりできる自由さがなんといっても良い点だと思います。
一戸建ては戸締まりをする箇所が多くて、出かけるときに、全部のカギをチェックしなければなりません。

マンションなどはドアのカギだけ閉めればいいですが、一戸建ての場合は、お風呂場の窓や、トイレの窓、勝手口のカギなど、チェックしなければならないところがとても多くて、時間がかかります。

それに、一戸建ては新しい住宅でも、なんだかすきま風があるというのか、マンションの部屋にくらべると、冬は寒いです。特に日本家屋は冬に寒いところが難点だと思います。
マンションと比べて、上下左右の家に気を使う事がないので、小さい子供のいる家庭や、ペットを買ってる家庭なんかはいいかと思います。

また増築したり、外壁の色を変えたり、土地の範囲内なら自分で自由にリフォームできるのも魅力です。

月々、修繕積立金や共益費がかからないので、自分のペースで積み立てできるのも嬉しい点です。

その他、自分の子供に土地を残せるのが良いと思います。建物が古くなっても土地が残るので、また家を立て直せば長く住む事ができる、それが一番のメリットかと思います。
都会や人気の地域では土地代が高く、狭い家しか建てれずに、隣の家と窓がスレスレなんていう家庭も多いです。その場合、日当りも悪く、近所への騒音も気になるので、一戸建てのメリットが半減します。

また、狭い土地にむりやり建てた場合、3階建てになることが多く、老後を考えると身体への負担が心配です。

逆に広い土地を探すと、極端に駅から遠くなったり、不便な場所だったり、通勤の負担になる事があります。

その他には、マンションみたいに管理する人がいないので、ゴミ捨て場を掃除したり、道を掃いたりと、自分たちで景観を守らなくてはならず、手間がかかります。
一戸建てになって一番良いなと思ったことは、周囲の生活音などの騒音から解放されたことでした。

どんなに防音対策がされていても、性格によると思いますが、やっぱり気になりますから。静かに生活していても、どうしても音が発生してしまう水の音や戸を閉める音、上の階の物音がしないだけでも良いと思います。

また、駐車場付きなら当然、駐車場代もいらないのはかなりのメリットです。

結局、自分のものという安心感と満足が得られる点も良いですし、ペットも飼えるし、ちょっとした庭があれば自分好みにどんどんカスタマイズできる点も最高です。まさに『わが城』って感じですね。
一番の良くないと思う点は、自治会費の請求やご近所とのつきあい方だと思います。地域にもよると思いますが、今まで私が住んだ場所では、賃貸を含む全ての一戸建てで、自治会費の請求がきました。

アパートの場合はたいがいは免除という何とも不可思議な感じです。単身であろうと、ファミリーであろうとこれは変わりませんでした。

また「払わないならゴミは捨てるな」と脅しをかけられたことも(行政に住民税は払っているので納得いきません…)あります。

地域の暗黙のルールがあり、暇人が監視の目を光らせているので、意外と煩わしいことが多いと思います。少し違った働き方(特殊な職業とか夜勤の方とか)をしている方などはこじんまりと生活しなければいけないと思います。

あとは、あくまでも自分のものなので修繕費や維持費などのお金を負担するのがしんどいです。
一戸建てを持つと言う事は、一種の社会的ステータスであると思います。

庭付きで駐車場も完備している一戸建ては、全てが自分の管理下にある為、好きに改変も可能で、思い立った時に気が変わった部分を改良する事も可能で非常に楽しいものです。

そして、マンションやアパートの様に、上や下や隣に常に神経を遣うという煩わしさがありません。

家というものは、安らぎの場所であるので、この点においては、一戸建てに敵う物件は無いと言えるでしょう。土地というのは大きな財産になります。
一戸建ては何から何まで全て自分で管理しなければならず、常に手入れをしておかなければなりません。手入れを怠れば、後々に非常に高く付いてしまう事になります。一戸建てを都心部で買うのは、庶民ではまず不可能であります。

必然的に郊外で購入するという選択肢になるので、交通の便というものを犠牲にしなければならず、特に都心部で仕事をする方は、通勤などで時間を犠牲にしなければなりません。

高い買い物なので、長い期間ローンを払い続けるのが一般的であり、買ってしまえばおちおちと怪我や病気などもしていられません。

参考サイト
火災保険ランキング SUUMO