二世帯住宅

メリット デメリット
親子二世帯ローンを利用できる プライバシーが確保されにくい
料理や選択などの家事を協力しあえる 肩身の狭い思いをすることもある
子供やペットを預けて遠出することができる 生活時間帯や価値観のずれから問題が生じることもある
子育てを手伝う(手伝ってもらう)ことができる 友人知人を家に招きにくい
両親(祖父母)と子供が仲良くなれる 引っ越す際に売却しにくい
誰かが急病になったときでも看病できる 両親(祖父母)が子育て方法に注文をつけることもある
大きめの家に住める 両親(祖父母)の他界後に子どもが一緒に住むとは限らない
子どもが騒いだりしても迷惑になりにくい 生活習慣の違いがストレスに感じることもある

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
二世帯住宅の良い点はなんと言ってもお互い頼りあえるところだと思います。子世帯に子供が出来た場合、子供を祖父母に預けて定年まで共働きするといった事も可能です。

また、その子供にとっても身近なところに祖父母がいる事になり、親からは学べない事を見聞きしたり、若い夫婦では気付けない部分を、祖父母から注意してもらう事も教育面で考えても良い事だと思います。

そして、親世帯にとっても二世帯住宅は安心できる生活スタイルだといえます。

何よりもこれからどんどん年老いていくのですから、老後の一人暮らしを避けることが出来、何か困ったときには傍に子世帯がいるので安心です。
二世帯住宅には難しい面もあります。親世帯子世帯の人間関係が上手くいけばいいのですが、特に子世帯の妻または夫のどちらかは血の繋がっていない他人となるわけですから、親世帯とどこまで関係を良好に保てるのか、そこが問題です。

また、離れて暮らすのとは違い、お互いプライバシーな事に干渉されてしまう事もあるでしょう。

そして、全ての生活費をハッキリと親と子で分けられればいいですが、どうしてもどちらも共同で負担している費用も発生し、そのような場合はどちらがどの程度費用負担するのかなどの問題も話し合っていかなくてはなりません。

二世帯住宅に住み始める前にじっくり検討したいですね。
良い面は、同居であるにも関わらずお互いのプライベートを尊重出来る部分です。台所にしてもお風呂にしても、一緒であれば気を使ってしまいますが、老夫婦と若い家族の生活ペースを乱すことなく、生活をすることができます。

また、孫と祖父母との関係を見てもとても良いことなのではないでしょうか。共働きが主流の現在なので、若夫婦にとっては子どもの面倒を見てもらえますし、老夫婦にとっては、生きる張り合いになるのではないでしょうか。
仮に同居がうまくいかなかった場合に二世帯住宅だと売りに出そうと思ってもなかなか売りに出せない部分です。結局夢を持って建てた二世帯住宅だったにも関わらず、借金だけが残ってしまったという話を聞いたことがあります。

また、若夫婦家族が転勤で他の土地へ移ってしまった場合も、非常に困るのではないでしょうか。ローンも払い続けなければならないし、赴任地でも賃貸住まいをしなければならないので住居費が非常にかさんでしまうと思います。

二階部分を若い家族が使っていることが多いと思いますが、若い家族は夜型が多いので二階からの騒音に悩まされて眠れないということも耳にします。
年を取るにつれて、自分の両親の健康などがとても気になってくるものです。しかし、自分の両親を我が家へ迎えるとなると、やはり妻もしくは旦那にとっては、精神的負担となるのは必然的な事です。

その点二世帯住宅というのは、同じ敷地内に住んでいながらも、キッチンや風呂トイレといった事を異に出来るので、そういった精神的負担を軽減する事も出来る上に、何かあった時に直ぐに対応できるので安心もできます。

いつでも親孝行が出来る距離に両親がいるのは幸せな事だと思います。
結婚相手の親が同じ敷地内に住んでいるというのは、いくら世帯を分けている環境とはいえ、精神的に気を遣わないといえば嘘になります。

女性の場合などは、旦那の両親が隣の建物にいるというだけでも常に気を配らなければならず、精神的な負担は軽いものではありません。

二世帯住宅とはいえ、殆ど一緒に住んでいるのと変わらないので、環境の線引きをしっかり引きたくても、なし崩し的に境界線が無くなってしまう事が多く、こんなはずではなかったと思う事もありえるのです。
二世帯住宅の良いと思う理由は、なんといっても経済的なことでしょう。キッチンやトイレなどは分かれていますが、他は同じひとつ屋根の下なので、一軒の家で二世帯が住めるというのはとても経済的です。

また、同じ屋根の下といっても、例えば2階と1階でそれぞれの世帯が分かれているので、全くの同居と比べて気持ちも楽だと思います。将来、両親夫婦が年を取った時にも家で介護に行けるので便利なのも魅力です。
二世帯住宅の良くないと思う理由は、世帯ごとに1階と2階で分かれているといっても、同じ家なので色々干渉したくなることでしょう。親世代と子世代はお互いが宇宙人かのように別の世帯です。いくら血のつながりがあってもです。

ですから、近くにいる、しかも同じ屋根の下にいるということで、自分の価値観を相手に押しつけてしまって、お互いに嫌な思いをしてしまう可能性も多大にあります。

今まで別々に暮らして仲良くやっていたのに、二世帯住宅でひとつ屋根の下に住むようになってから仲が悪くなったという家族は結構いるようです。

参考サイト
ヘーベルハウス 積水ハウス