LINE(ライン)

メリット デメリット
簡単にコミュニケーションが取れる IDやパスワードの管理に気をつける必要がある
利用者がとても多い 日本以外の国ではまだまだ利用者数は多くない
既読機能がある 既読の有無に気を遣ってしまうことがある
音声通話もできる 広告が届いて煩わしく感じることもある
テレビ電話もできる テレビ電話は通信量が多くなりがち
スタンプの種類が豊富 短文なので誤解を招いてしまうこともある
スタンプを作って販売することもできる 数が多すぎて無名なものはすぐに埋もれる
グループ機能やノート機能が便利 機能が多すぎて使いこなせていない人も多い
海外でも使える 一部の国では利用に制限がかかることも

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
LINEが良いところは、手軽にメッセージを送ることができるということです。また、海外にいてもLINEを利用すれば、通話によって連絡を取ることができます。海外から日本の友達に連絡を取ろうと思うと、電話の場合高額な通信料がかかります。しかしLINEであれば、通信料をかけることなく、相手と通話をすることができるのでとても便利です。通話をするだけでなく、ビデオ電話機能を利用して相手の顔を見ることが出来るのも良いです。 IDの取り扱いについて、注意が必要であると言うことです。何らかの原因で、IDとパスワードが盗まれてしまうと大切なデータを全て乗っ取られてしまうことになります。また、スマートフォンなどの機種変更をしてしまうと、過去のデータを見ることができません。昔のデータなどをそのまま引き継ぐことができるとより便利だと思います。セキュリティーの問題がありますが、この問題が改善されるとより使いやすく、用途が広がるように思います。
LINEはとにかく、手軽に連絡がとれるのがいいところかなって思います。人と簡単につながれるのでいいな〜って思いますし、とにかく、連絡したいことをパッと送れるのでそこが便利です。それに、自分の個人情報とかあんまりお知らせしなくてもいいので、気軽に連絡交換もできるなって思います。名刺とかを持たなくても多くの人とつながれるのでそこもいいなって素直に思います。LINEのおかげで人と積極的につながれるようになったので手放せません。 簡単につながれる分、簡単にはつながりを切ることができなくなるってことです。ほとんど連絡とかしていないのに、ずっと連絡先には入っている人が沢山いるので対処に困ります。また、一度デパートとかのラインに入ってしまうと結構な量の広告が入ってきたりして面倒です。一時のキャンペーンのためにやりとりするのは、割に合わないかな〜って思います。あと、連絡したくない人にも通知が一斉にいったりするのでそれも面倒だなと感じます。セキュリティー面とかでも不安があるので、重要事項はやりとりできないなっていつも思います。
ラインはチャットで会話するように、リアルタイムで話しているような感覚が持てて、相手を身近に感じることが出来て良いです。相手とタイムングが合えば、ラインをしていてテンポよく会話が出来て、とても楽しいです。またスタンプがキャラクターものから無料のまで豊富にあり、どれを使おうかなと迷ったり、かわいいスタンプを送っていただくとうれしいきもちになったり。写真や動画を簡単に送り合えるのも、いつもとても楽しいです。 既読や未読の表示があるのに、精神的に左右されます。ずっと未読になっていて無視されているんじゃないか、ブロックされているんじゃないかと不安な気持ちになってしまったり。既読になったらなったで返事がなければ、何かわたしのメッセージに失礼なことがあったんじゃないかと勘ぐったり、無視されていると感じたり。会話をしていても、文章ではなく、スタンプだけが送られてきたり。文章だからこそ相手に伝わりにくい、相手が分からなく、不安になる面がラインは多いです。
ラインが良いと思う理由ですが、とても手軽であるという点だと思います。チャットのようにメッセージをやりとりすることが出来るので、メールのように送信する時間だったりなどが必要ないのが良いと思います。また既読がつきますので、相手が読んだかどうかが分かるというのも魅力です。また、ラインでのトークは複数でも出来るというのが魅力だと思います。3人以上でも楽しくトークをすることが出来るツールはラインが一番便利です。 ラインが良くないと思う理由として、既読が付いてしまう件です。既読がつくということは相手が読んだかどうか確認することが出来るので良いと思いますが、逆にこれが付いてしまうので、プレッシャーがかかってしまうというデメリットがあります。また、ラインは誰とでも繋がってしまい、アドレスなどを知っていれば、知り合いなどと繋がることもあるので、そういった点でプライバシーが丸見えになってしまうことがあるのが良くないと思います。
一番いいところは、メール等よりも、よりリアルタイムで会話をするようにやり取りができることです。またそれを読んだかどうかの「既読」機能があることもLINEの嬉しい機能だと思います。写真や動画も同じ画面で簡単に送信できるしとっておきたいものはノート機能にUPしたり(会話で流れないので)、アルバムを作ってまとめてUPすることもできます。1対1だけでなく、グループを作れば加入した人すべてと同じ場所で話ができますし何人既読になったかもすぐにわかります。アルバムも、グループ全員がみられるのでいちいち一人一人に写真を送る、ということはしないで済みます。 既読機能があるがゆえに、「読んでいるのに返事をもらえないのはなんでだろう」とか「全然既読にならないけどどうしたんだろう」と必要以上にやきもきすることがあるのはデメリットかもしれません。また、会話をするようにすぐ送れてしまうので送り間違えてもあっという間に相手に読まれてしまうこともあります。また、大人数のグループに加入すると、自分が発言していない間も会話が膨大になり、追いつくのが大変なこともあります。
参考サイト
公式サイト Wikipedia