IoT(Internet of Things)

メリット デメリット
離れた場所から状態を確認できる セキュリティ対策が必須
離れた場所から操作できる(遠隔操作) ハッキングによる情報漏洩の可能性
その場にいなくても状況を把握したり操作したりできるので、生活が便利になる ハッキングによる不正操作の可能性
子どもやペットが留守番する時も安心できる IoTの普及はまだまだ途上
ウェアラブルデバイスによって健康状態を管理できる デバイスのバッテリーが無くなると使えなくなる
農業における水やりや肥料の自動化ができる デバイスによってセキュリティ対策に限界がある
公共交通機関のリアルタイム情報を把握できる デバイスとネットワークとにセキュリティの差がある
様々なデータがクラウド上に蓄積されていく データ量が増えすぎて処理や監視の問題が発生する可能性がある

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
電化製品などの「モノ」がインターネットに繋がるという発想はとても素晴らしいと考えます。各企業間のしがらみを取っ払い、製造/販売メーカーを問わずすべてのデバイスが手元で遠隔操作可能になるというのはとても便利なことです。ペットを飼っている自身のことを考えるとGPSタグを付けたウェアラブルデバイスをペットに携帯させておくことで何らかのトラブル発生時にはとても便利に機能してくれることが想像できます。これは小さなお子さんにも同様なのではないでしょうか。 IoTで最も怖いと考えるのが「乗っ取り」です。インターネットで繋がるのでいくら暗号化させたとしても絶対に復号化されないということはあり得ないからです。個人宅の照明機器が乗っ取られたところで然程問題にはならないでしょうが、例えばWebカメラが他者によって遠隔操作されるようなことを考えるととても恐ろしくなります。個人レベルでもこのようなことが考えられるのですからインフラレベルにまでIoTが普及してきますともっと深刻な状況が多く考えられるはずで、このことはもっと議論すべきであると考えます
インターネットが普及して、人々が新たな形でつながり、様々な恩恵や影響をうけて暮らせる世の中になりました。それが今度はインターネットと“モノ”と繋がる事によって、新たな可能性が見えてきています。生活の中にあるそれらの“モノ”=家電製品や各種センサー類を備えた製品は、それ自体でも人の生活を便利にするものですが、それらをより良く使って我々の生活が更に便利で快適になる事が予想されます。利用価値が広がれば、単なる便利な道具になるだけでなく健康や防犯等、あらゆる分野への採用によってその効果の相乗効果は計り知れないものがあります。 インターネットが人と人を結びつける事によって、良い面だけでなく犯罪等に利用されてしまったりと、悪い面も経験してきました。今後、インターネットと“モノ”が結びつく事によって、便利になる事は予想されますが、また同時に犯罪等に使われてしまう可能性も増える事が予想されます。例えば、監視カメラは防犯に役立たせるために設置するものですが、それがインターネットと繋がり、悪意でのハッキングを受けた場合は、プライベートを曝してしまう道具にもなってしまいます。ですからIOTの導入には、セキュリティや安全性の確保ができないうちは、慎重に導入を検討していく必要があります。
IoTが広がればさらに便利な世の中になるというのが予想されます。家電などに利用されると現場にいなくてもそれらを動かすこともできますし、遠隔で様子を見たりして管理することもできます。例えば身近に採用されつつある例としては外出時の家の中の様子を確認したり、家電を動かしたりすることができペットなどをみて餌をやったり、モニターやスピーカーから声をかけたりもできます。また帰宅前にエアコンを作動させておくなどといった例があり役立っているようです。便利だけでなく、空き巣対策や火災の察知といった防犯や安全といった分野にも活躍してより快適な生活環境を実現させてくれるのがIoTではないかと思います。 IoTのよくない面と言えばやはり何もかも管理されつくされた社会となって息苦しくなるのではないかと思います。遠隔でモニターによる管理ができるということはいつも監視されているようでいい気持ではないこともあります。また便利になりすぎて人間が自発的に配慮して、機転を利かして動くという能力が下がってしまう理由の一つになってしまうかもしれません。それに何もかも電子機器に頼っていた時に、停電などで電力が使用できなくなりIoTが全く使えなくなってしまったときに以前以上に損害が発生してしまうといってデメリットもあるのではないかと思います。
外出先からエアコンの操作をして家に帰った時に快適な室温になっているなど、IoTによって離れている場所からスマートフォンで様々な遠隔操作が出来るのは、とても便利で良い事だと思います。また、IoTによって、リアルタイムで交通状況を確認できるようになると、プランが立てやすくなります。それから、農業での活用はとても良いと思います。IoTによって、その日の気候や気温によって最適な水を与える事が出来るようになったり、オート化することによって人手不足を解消することも出来て、とても良いと思います。 IoTによって生活が便利で効率的になる事は良いと思いますが、すべてが機械化されて行くのはちょっと怖い気もします。映画みたいに、いつか、人間が機械に支配される日が来るのでは?と心配です。それから、車の自動運転の技術の開発が進んでいるようですが、それはちょっと怖いです。自動ブレーキシステムは便利で安全で良いと思いますが、自動運転となると信頼できません。また、医療分野でもIoT化が進んでいるようですが、簡単な操作を任せるのは良いですが、この技術が手術に使われるのは心配です。
IOTがあらゆるところで進めば、もちろんのこと便利な社会が進む事は当たり前のことです。例えば顧客管理にしても個人情報が許す限りすべてのものをつなげることで人的な管理をできる限り少なくして、よりレベルの高いマーケティングデータを獲得することができます。また庄司高齢化が進む中労働力が減っていくので様々な業務を省力化するためには間違いなく必要となる技術となります。相乗効果で導入が進めば進むほどコストも下がってきます。 すべてのものが、インターネットでつながることによってマイナスの側面もあります。それはなんといっても個人情報や企業のデータが悪意による第三者によって利用されてマイナスの要素が生まれることです。これまでのインターネットの歴史が示す通り、常に悪意の第三者は必ず生まれてくることは間違いありません。そこに近くに宿を示す事はかなり難しいのでリスクをいかに減らすことができるかがポイントになってくるかと思います。
参考サイト
モノワイヤレス Wikipedia