Amazonプライム

メリット デメリット
プライム商品の送料無料 年会費がかかる
当日お急ぎ便・お届け日時指定便の送料無料 支払い方法はクレジットカードまたは特定のプリペイドカードのみ
無料体験期間がある 無料期間が終わると自動的に有料会員に切り替わる
プライム会員限定の先行タイムセールがある 先行タイムセールは30分のみ
Amazonプライムビデオが見放題 プライムビデオは韓国・中国・台湾ドラマが少なめ
プライムミュージックが聞き放題 プライムミュージックは邦楽が少なめ
Prime Nowを利用できる Prime Nowは2時間便のみ無料
Amazonフレッシュを利用できる Amazonフレッシュの対応エリアは都内の一部のみ
プライムフォトを利用できる プライムフォトは他社のストレージサービスとあまり変わらない
Fireタブレットを割引価格で買える Fireタブレットの初期ストレージが小さい

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
Amazonでは、購入総額が2000円未満の場合は送料が350円かかるようになっています。Amazonプライムの会員になると、購入金額に関係なく送料が無料なので、必要なものを必要な時にすぐに購入できます。また、日用品や食料品などのお買い得品はAmazonプライム限定になっていることが多く、また、会員限定セールもあるので、かなりお得に買い物できます。ドラマや映画、アニメなどが見放題になるAmazonプライムビデオも利用できるので、他の有料の動画配信サービスに加入する必要もなくなります。 Amazonプライムは利用料金が月額だと400円、1年間を通して契約すると3900円かかります。利用料金に見合う買い物をしようと思うと、一人暮らしの場合などは大変です。1度契約すると自動的に更新されるので、使わなくなったらすぐに解約手続きをしないと、会費がずっと引き落とされてしまいます。また、Amazonプライムのサービスの全てが月額料金だけで利用できるのではなく、AmazonパントリーやPrime Nowなど別料金が発生することもあります。サービスの詳細をよく知ってから申し込まないと、却って損をしてしまう場合もあるので、申込みの際にはよく検討する必要があります。
Amazonプライムの良い点は、安い利用料金でプライムビデオや各種サービスを利用出来る点です。プライム対応のビデオは無料で観放題なんですが、他の有料動画サービスと同量のラインナップなので見ごたえ十分です。しかも他の有料動画サービスは月額1000円や2000円、安いものでも最低500円はします。でもAmazonプライムは月契約でなら400円、一年契約なら3900円(月単価350円程度)という料金の安さなんです。しかもサービスはこれだけにとどまらず、Amazonプライム対応商品なら配送料無料で配達してもらえます。購入額2000円からは配送料無料となりますが、1000円の商品でも無料で配送してもらえるのでネット通販する人ならとても便利なんです。 とてつもなく良いサービスだと思いますが、これが裏目に出てます。例えばプライム会員なら対応商品は無料配送してもらえますが、これにより物流量は飛躍的に増えてパンク状態です。配送料は上がらないのに仕事量は増える、これが一時期社会問題となりました。過酷な労働条件となって配送ドライバーは退職し不足がちに。そして配送サービスの値上げが始まったほどです。利用する側としてはとてもありがたいのですが、まだこのサービスは時期尚早かなと感じます。
実際にわたしもAmazonプライム会員ですが、なんといっても最短で当日配達が無料というのがいいところです。ただ、これは都内の一部地域に限られますが、翌日配達なども無料なのでAmazonでの買い物をよくする人にはおススメです。また、AmazonプライムMUSICでは、音楽聴き放題、ダウンロードし放題なので、普段は聞かないジャンルやカフェのBGMなどを聴いたりして楽しんでいます。その他にもAmazonプライムビデオでは、映画やドラマ、バラエティも見られます。プライム会員になるだけで色々なサービスがまとめて使えるので便利です。 以前は首都圏に住んでいたので、翌日配達やお急ぎ便などがとても魅力的でしたが、北海道に引っ越してからは、ほとんどの商品が翌日配達対象外になりました。お急ぎ便でも2日後や3日後になります。個人的に、素早い配達が無料というのが気に入っていたので、年会費3900円が少し高く感じてしまうようになりました。もちろん、プライムMUSICやプライムビデオは変わりなく使えますが、住んでいる場所によって一部サービスが受けられないのは残念です。
Amazonプライムの良いと思う点は、動画が見放題のサービスがあったり、プライム会員の場合には、ショッピングなどのセールを利用をすることが出来たり、送料が無料になるという点が良いと思います。プライムに加入することで、色んなサービスがありますので、アマゾンをよく使うという場合にはお得になるというのでメリットが大きいと思います。また、まだ新しいサービスとなってしまうので、これからさらにアマゾンプライム会員の特典が増えていくだろうと思われるのが良いと思います。 Amazonプライムが良くないと思う理由ですが、動画などの見放題サービスがあるけれど、それほど動画数が多くなかったりするというのがデメリットだと思います。他社の有料動画サービスと比較すると、それほど多くありません。また、プライム会員の場合、年会費がかかるという点が良くありません。数千円ということでそれほど高くないにしても、ずっと入り続けるのに負担がかかってしまうなと感じてしまいますし、あまり利用しない人は損をしてしまいます。
amazonでは、amazonプライムという有料会員限定で、様々な盛りだくさんのサービス提供しています。このamazonプライムの良い点は、まず送料無料でamazonを利用できること、そして商品を迅速に届けてもらえるお急ぎ便が無料で利用出来ることが挙げられます。金額が小さいものや少ない量を購入する際、送料が発生したり、送料を無料にするために、今必要でないものを購入したりするような無駄を防ぐことが出来ます。本来は有料サービスのお急ぎ便も無料で利用出来るのは嬉しいです。また、対象エリアにお住まいの方が限定ですが、amazonでのお買い物から1時間以内に届けてもらえるサービスも利用出来るのです。早朝から深夜、好きな時間を選択して利用出来るという、お急ぎの買い物には、非常に便利なサービスです。また、プライム会員はプライムビデオで、多くの映画やドラマを無料で視聴出来たり、プライムフォトで写真を無制限に保存できたり、会員限定のタイムセールや、kindleの小説を毎月1冊無料で読むことができたり、サービスが非常にたくさん利用できる点が、嬉しいメリットです。 デメリットとしてあげられるのは、年間の会費が年間3900円掛かってしまうということです。amazonを日常的に頻繁に利用している方なら、送料やお急ぎ便などの利用料金を考えれば、それほど高額ではないかもしれません。合わせてプライムビデオで、映画やドラマを数多く視聴できるので、レンタルで映画やドラマを視聴している方、映画好きの方には、この分を考えれば、かなりお得であると思います。しかし、2000円以上のお買い物をすればプライム会員以外でも、送料は無料になるため、まとめ買いすれば問題ありませんし、プライムビデオやkindleなどは、利用されない方にとっては、特別嬉しいサービスにはなりません。amazonの利用状況やプライム会員へのサービスが自分向けのサービスなのかをよく考えたうえで、プライム会員を利用するかどうかを判断するのがベストだと思います。

参考サイト
Amazon Prime Primeビデオ