スポーツカー

メリット デメリット
見た目がカッコイイ 車そのものの価格も維持費も高い
運転性能も安全性能も高い タイヤやホイールが高い
操作性が高い 室内やトランクルームが狭い
運転していて楽しい 車体が低く、乗り降りしにくい
高速道路等であおられることが少ない 段差や車止めに注意が必要
加速が良いので高速道路の合流や追い越しが楽 曲がるときに少し膨らませる必要があることも
運転していると注目を集める 乗り心地が悪い
リセールバリューが良い 対向車のヘッドライトがまぶしい

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
クルマ好きなら一度は“スポーツカー”に乗ってみたい、所有してみたいと思うものです。近年、クルマといてはミニバンやワンボックス等、生活に密着した使われ方をするタイプが主流になり、若者もスポーツカーへの憧れは薄くなってしまったような気がします。スポーツカーの良い所は、自分の手足の様に操って、ドライビングを楽しむ事にあると思います。ドライブがそのままスポーツになる感覚を楽しむための乗り物がスポーツカーなのだと思います。自分の意のままに操って得た達成感は、他のスポーツと同様に感じる事が、スポーツカーの良さなのだと思います。 スポーツカーは普通の車と違ってやはり燃費が悪い傾向にあるのでガソリンが高い傾向にあります、一般的の車はレギュラーガソリンでよいですが上のハイオクでないと動かないこともあるので維持費はかかります。また大人数を載せることが出来ないことも多くシートが2つしか無いので2人しか載せれないこともありえるのです。オープンカーの場合もあり暑い寒いなど我慢しなくてはならないことも出てきますしやはり体には負担がかかることもしばしばでしょう。
スポーツカーの良いところはなんといっても走りが良く乗り心地が良い店だと思います。もちろん車高が低くてその振動が苦手な方もいるかもしれませんが基本的にはスポーツカーが好きな方はスピードが出ることを望みますので加速が良く、逆に振動がある方が好みに感じるのだと思います。近頃はなかなかスポーツカータイプの発売が少ないこともあり希少価値があるのでさらにスポーツカーが発売されると貴重な車種として重宝されるようになりがちです。 スポーツカーが日本のクルマ市場から姿を消してしまい、今では一部のメーカーが造る高級なクルマになってしまいました。スポーツカー自体に問題があるのではなく、クルマを取り巻く社会環境が変わってしまったというのもスポーツカーが少なくなった一因と言えます。スポーツカーはどうしても運動性を重視した車体造りになりますから、大勢で乗る事はできません。また荷室もそんなに広くなく、ドアもほとんどが2ドアである事を考えると、荷物の運搬等、日常の使い勝手が悪いのもスポーツカーの良くない点だと思います。
まず、普通にそこらを走っている乗用車と違い、見栄えが良いのが一番かと思います。旦那の影響で、イニシャルDというアニメを一緒に見てハマったので、自分達は走り屋では全くありませんし、低燃費の車に乗っているくらいなのですが、たまにスポーツカーが走っているのとすれ違ったりすると、旦那なんかは「かっこ良いな~」と反応しますし、男目線から見れば、特に憧れてしまう車ではあるのだと思います。普通車とは違って、後ろの見た目も、普通は一つのものが二つ付いていたり、車体も低めと言うのか、やっぱよく目にするメジャーな車とは違って、こんなもんじゃ無いぜ~!と今にもスピード飛ばしそうな風貌が、私目線でも(なんか…かっこいい)と思ってしまう車で、一度は横にでも乗ってみたいなと夢見てしまう位です。 実際に高速道路などでスピードを出せても制限速度があるためにスポーツカーの能力をそのまま冷やす事は日本では難しいと思います。いくらスポーツカーに乗っていてスピードが出る車だと自慢をしたくてもそれを実現することができないのが大きな課題です。もちろん海外であればこのようなスポーツカーの実力を発揮する場もあるのですが日本ではあまり意味がないのではないかと思います。コストパフォーマンスも悪いだけにスポーツカーを持つ意味はあまりありません。
スポーツカーは一般的に車高が低くなっており、足回りがやや硬めのチューニングなので、自分の身体が路面にぴったり吸いついているかのような「路面との一体感」が感じられるところが爽快感を感じやすいポイントだと思います。また、アクセルやブレーキ操作への反応に遊びが少なく、車との協調性を味わえるのも楽しいところです。加減速やコーナリングなどのスポーツ走行に関わる基本性能はもちろんですが、「車の性能に走らされる」のではなく「自分が車を手足のように操っている」と思える味付けをされているところがスポーツカー最大のメリットです。 広い道を走る分には、スピードがとても出る車なので、ビューンとかっ飛ばして気持ち良い車なのでしょうが、そこら辺の通勤・帰宅時間、そして休日にワヤワヤと渋滞してしまうような一般道を走るには理に適ってないのでは?と思ってしまったりもします。見掛ければ(おっ!)と反応したり、話の種とはしてしまうのですが、アクセルを踏んだ時のふかす音が、ちょっと目立ちもしますし、ああいうスピード重視の、飛ばしてなんぼの車は、本来はこういう所を走るべき車ではないんじゃないのかなと感じます。後ろからビューンと来られたら怖いですし、値段も高い車なはずですから、万が一にかすりでもしてしまったら嫌だな、と側を走ってほしくはない車であったりはするんです。
スポーツカーはやはり車としての走る楽しみがありますし何よりも運転する楽しみを味わうことができるでしょう。外見もかっこよく運転席の計器類などもたくさんあるので座るだけで運転したくなるものです、ステータスとしての価値もあります。普通の車と比べて値段も高い傾向にあるので持つだけで違った目で見られる優越感はあります、一般的の車と違いますし走るだけで多くの人の目にとまることは間違いないのでぜひとも持ちたい車だと言えます。 スポーツ走行に重点を置いたセッティングのため、快適性や居住性で妥協されがちなのはファミリーユーザーにとって大きなマイナスポイントです。安定性と操舵レスポンスの良さをもたらす硬めの足回りは、路面の凹凸をダイレクトに拾いやすいうえにコーナリング時の横ロールを吸収できないため、乗員にかかる負荷が大きくなりがちです。同様に、加減速操作の遊びの少なさ、加速性能や減速性能の強さは乗員への急激な慣性負荷につながり、乗り物酔いをもたらす一因となります。また、基本性能向上のための軽量化はキャビンや荷室の狭さに直結し、素材の肉厚による車体の強靭性にも関わる要素のため衝突時の安全性が低下する不安もあります。

参考サイト
LEXUS ‐ LC Wikipedia