お酒(飲酒)

メリット デメリット
人とのコミュニケーションがスムーズになる 酔って失敗を起こすことがある
精神的な緊張がほぐれ、ストレスが緩和される 飲み過ぎると翌日二日酔いになる
血行を促進させる 脳の萎縮を早めてしまう
胃酸の分泌が増え、食欲が増進される 肝臓を始めとした様々な臓器に負担がかかる
ドーパミンの影響で楽しい気分になれる 睡眠の質が低下する
適量の飲酒であれば健康に良いとされている アルコール依存症のリスク
種類が豊富で、自分に合ったお酒を見つけやすい 急性アルコール中毒のリスク
見た目的にも鮮やかな色合いをしたお酒がたくさんある ダイエットや筋トレの妨げとなる

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
お酒が趣味という方は、わりと多いと思います。まずお酒の良い点といえば、コミュニケーションを円滑にするのに効果的ということが挙げられます。昔は『飲みニケーション』なんて言葉もありました。言葉が通じない海外の方でもお酒を飲み交わすことによって、盛り上がったり、楽しんだりすることを可能にします。そしてお酒は、その国の文化に結びついているものだと思います。丹精込めて作られた日本の日本酒は日本の職人さんの勤勉さや高い意識が伺えます。フランスのワインやロシアのウォッカやスコットランドのスコッチ、海外の文化を知ることへのきっかけにもなると思います。美味しいお酒は、料理を美味しくしてくれますし、海外へ行ったら、その国のお酒と料理を食べることで、その国の文化に触れることが出来ますね。 日本人が大好きなお酒には悪い所もあります。ひとつは「依存症になりやすい」ということです。日本人の一部の方には、生まれつきアルコールを分解できない体質の人がいると言われています。こうした方が無理にお酒を飲み続けると、脳が適量をコントロールできなくなり依存症になってしまうこともあります。またお酒を飲むと、ついつい気が大きくなりシラフでは考えられないような失態も犯してしまいます。メディアで話題になった日馬富士の暴力問題も、背景には度を超えた酒量が指摘されています。お酒に呑まれず自分を的確にコントロールできないと、人生を変えてしまう思わぬトラブルを繰り広げてしまいます。好きだけれども、適切なお付き合い方と加減を知っておきたい飲み物です。
お酒があると食事が美味しくなります。これがお酒の一番のメリットです。サーモンには白ワイン、お肉には赤ワインを添えて、テーブルを賑やかに演出。さらに、お酒はコミュニケーションの潤滑油として、会話もいつになく和やかにしてくれます。お酒に消化を助ける効果があることは、科学的にも立証されています。南欧で飲まれているお酒に色がついているのは、グラスを「陽の光」にかざしながら色合いを楽しむためと言われています。体と心を豊かに和ませてくれるお酒に感謝して「乾杯!」。 お酒には心配な点が幾つか挙げられます。まず、飲み過ぎることによって、酔っ払って社会人として不適切な行為をしてしまうなど、所謂、お酒のうえでの失敗は、怖いものです。可愛い失敗なら良いですが、度が過ぎた失敗は、人生を変えてしまいかねません。また、過度に飲み過ぎると病気のリスクも高まります。簡単に気分転換ができる良い部分もありますが、その分アルコールに依存しやすくなってしまう懸念もあります。また過度な飲酒は肝臓に負担がかかり、肝硬変や肝臓ガンなど、病気のリスクも心配です。先輩や上司のお酒を断れず、急性アルコール中毒で倒れたり、お酒と病気の心配は切り離せません。もちろん、お酒は日々を楽しませてくれるものでもあるので、上手にお付き合いしていくことが大切ですね。
お酒を飲む事で楽しい気分になれるので適度な良いリラックス効果があるので良いと思います。イライラしていてもお酒を飲めば気持ちの切り替えが出来るので良いストレス解消です。酒は昔から百薬の長と言われている程、適度な量なら体にも良いと言えます。適量なら血圧が下がったり、血行促進になり、夜寝る前にちょっと飲めばぐっすりと眠りやすくなるので良い事尽くしだと思っています。そしてお酒には食欲促進効果もあるので料理も美味しく頂けます。 お酒は「百薬の長」と言われる反面、良くない面があるのも事実です。お酒と上手く付き合えず、喧嘩や暴力に及んでしまう事態も少なくありません。また、体質的にアルコールを受け付けない人にとって、お酒は大敵です。最悪なケースの一例に挙げられるのが「アル中」です。体だけでなく心まで壊してしまい、当人にとどまることなく家族にまで不幸が及びます。お酒は、飲酒をコントロールできない人の「人生を破壊する危険物」と言っても過言ではありません。お酒の持つデメリットは、なって初めて気づく点と言えるでしょう。
お酒はストレス発散になったり、睡眠がとりやすくなったりするのでいいと思います。そして、誰かと飲んだりしていると楽しくなったりお酒の席で仲良くなったりする人が出来るのでいいと思います。また、お酒の種類もたくさんあり、人によって飲みやすいお酒があるほど種類が豊富なところもいいと思います。様々なものをブレンドして自分好みのものを作れるので楽しむこともできます。一人でも大人数でも楽しめるお酒はすごくいいと思います。 お酒も度を越してまで飲んでしまうと体を壊してしまうので良くないです。自分なりの限度を知っていれば良いのですが、沢山飲み過ぎてしまうと当然酷い二日酔いに襲われてしばらく体調不良になります。頭痛や吐き気等が続くので最悪です。また、連日飲酒を続けていると肝臓にも悪影響なのでせめて一週間に一度ぐらいは休肝日を設けないと体調不良になりかねません。しかも毎日大量の強い酒を飲み続けると肝臓に負担を掛けて最悪の場合は肝硬変を引き起こしてしまったり、他にも生活習慣病等に掛かる恐れがあります。
酒は百薬の長と呼ばれるくらい、体に良い飲み物だと思います。お酒を飲むと体全体の血のめぐりがとても良くなり、ポカポカ体全体が温かくなります。気分が明るくなり元気になるため、少々のストレスも消えてしまいます。また上司と部下が仲良くなるのも「お酒」のなせるワザです。どんなに年の離れた人でも、お酒を介するとその関係も良くなります。ビールやワイン・カクテルなど好みに応じて銘柄やブランドを選べるのもお酒の良い所です。 良くないところは、飲みすぎてしまうことがあることです。飲みすぎることでトラブルを起こしてしまったり、記憶がなくなったりしてしまうのでデメリットだと思います。また、お酒を飲むことで犯罪に繋がることや未成年でも飲むことが出来てしまう環境があるのは良くないと思います。楽しむ分にはいいのですが、それを超えてしまうと楽しくなくなってしまうのできちんと適度に抑えることが必要だと思います。飲みすぎて人間関係が崩れることがあるので気をつけた方がいいです。

参考サイト
アサヒビール Wikipedia