朝シャン

メリット デメリット
寝癖をリセットできる 薄毛の原因になる
髪型のセットが楽 頭皮の毛穴へのダメージが比較的大きい
寝汗を流してすっきりできる 紫外線から頭皮を守る庇護膜ができる前に外出してしまう
目が覚める すすぎが適当だと、菌やダニが繁殖する可能性がある
体の血行をよくすることができる 特に冬はシャワーしてすぐに外出すると風邪を引きやすい
疲れている夜にシャワーを浴びずに済む 朝も夜もがっつりシャンプーすると必要な皮脂まで落としてしまう可能性がある
気分がすっきりする シャワーに時間を取られて、朝食の時間がなくなりがち
シャンプーやコンディショナーの香りを残せる 朝のシャワーは夜と比べると時間に余裕がなく、雑になりがち

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
朝シャンの良いところは、夜一晩寝ると、どうしても寝汗をかくことが多く、特に夏場などは、体全体がベタベタして、気持ち悪く、汗臭いです。当然髪の毛もべたついてしまい、そのままで、外出するとなると、いくらヘアームースを付けたとしても、まわりの視線がとても気になります。どうせ体も洗うのあれば、一緒に髪も洗った方が爽やかな気分でその日一日をスタートできます。また寝相が悪い場合、頭がボサボサになってしまうことが多く、いくらドライヤーで整えようとしてもなかなかうまくいかないので、シャンプーしてしまえば、あとのスタイリングがとても楽になります。 朝、まだ寝足りない気分の時はシャンプーをしている時間がもったいないと感じることもしばしば。それに、家族と暮らしていると朝は何かと忙しくその中で一人シャンプーをしようものなら皆からブーイングの嵐です。朝シャンプーする時ももちろんお湯を使いますが、それでも頭から身体にかけて全体が冷えて調子を崩してしまう時もあります。徳に寒い日などはせっかく布団で保持しておいた体温が奪われていくようで…。朝、急いで手荒なシャンプーを行い、ドライヤーのかけ方も中途半端だとかえって匂いの原因になってしまいますし、髪にダメージを与える危険性もあるのではないでしょうか?
朝シャンの良いところは、朝、すっきりした気分になれる点です。何となく寝不足ですっきりしない時には朝シャンをすることによって目覚め効果が期待できます。また、季節を問わず、人は寝ている間にあらゆる部分に汗をかくと言われています。つまり、多かれ少なかれ頭皮にも汗をかくものです。汗をかいたせいで何となく髪がくたっとなっていたり頭皮がべたついていると感じる時に朝シャンをすると、髪や頭皮を清潔に保つことができ、気分もすっきりするので良いと思います。 特に女性の方で髪の毛が多い場合、ドライヤーで乾かすのに時間がかかりすぎて、特に朝の一番時間のない無い時に、ずっと乾かしていると、途中でも外出しなければならず、髪の毛がまだ少し濡れたままで電車やバスに乗ることになり、少し恥ずかしい気分になるので、特に時間の無い時の朝シャンはやめたほうが無難です。さらに、髪の毛は一般的に夜寝ている間に成長しているので、もし朝シャンプーをしてしまうと、頭皮を傷つけたりして、せっかくの成長段階にいる髪に、ダメージを与えかねません。やはり夜ゆっくり頭皮をいたわりながらシャンプーをするのが効果的です。
寝起きの眠気まなこを擦りながら朝シャンをすると、ビックリするくらい頭がシャキっと覚醒してくれます。お風呂に入っていないのに頭の血行がよくなるだけで全身がポカポカとしてきますし、朝から爽やかな気分で過ごせるのが何よりも気持ちがいいです。夏場は寝汗でベタベタする頭がスッキリとしますし、冬場は身体全体が温まってやはり過ごしやすくなります。今日1日頑張ろうという前向きな気持ちになるために、朝シャンは効果的です。 朝シャンが良くないと思う理由は、夜のシャンプーと比べてゆっくりと時間がとれないせいで、適当な洗髪になってしまうと言う点です。朝、目覚めが良くない場合、頭がちゃんと働くまでに時間がかかってしまいがちです。さらに、朝はあまりゆっくりできないことが多いものです。そのため、つい適当にシャンプーしてしまい、泡がちゃんとゆすぎきれずにかゆみの原因になることもあるようです。また、時間がないせいで適当にごしごしと髪や頭皮をこすったりすると髪にも頭皮にもダメージを与えてしまいます。そのため、朝シャンは良くないと思います。
寝癖がリセットされて髪のセットが決まりやすくなるのは朝シャンの一番のいいところだと思います。シャンプーをしてドライヤーをかけると髪に艶も出ますし、一夜明けた髪と比べても広がる感じもなく、まとまっているのは一目瞭然です。加齢臭が気になる年齢だと、寝ている間に分泌された臭いの元を洗い流せますし、朝シャンして、夜はシャワーで洗うだけにすればシャンプーの荒い残しもなく、皮膚トラブルに発展しない点も朝シャンのいいところだと思います。 朝シャンをする場合には夜のシャンプーを控えるようにするなど、洗う回数を調整しておかないと皮脂の取りすぎで薄毛の原因になってしまう点に注意が必要になります。確かにスッキリとするのですが、朝シャンは乾燥を取りすぎてしまいがちで、それが返って皮脂の分泌過多を招いてしまい、夜になる頃には頭皮ベタつきが酷くなるというのが問題です。一時期夜が眠くて仕方なく、朝風呂と朝シャンを習慣化したことがありますが、夕方頃から頭皮が臭うようになってしまったのが気になりました。
朝起きた時の寝癖がひどい場合、部分的にスプレーや水などをつけてなおすより、一度シャンプーとコンディショナーをしたほうが髪がリセットできていいと思います。夜にシャンプーすると寝ている間に皮脂が分泌されてしまうので夏場は特に匂いが気になりますが、朝にシャンプーを行うことによって髪がいいに香りの状態で通勤や通学にむかうことができます。シャンプーで頭がスッキリすると爽やかな気持ちになり、今日も一日頑張ろうという気持ちになれます。ブローする時もシャンプー直後のほうが毛の根元にボリュームがでるので、かえってセットが楽になるという利点もあります。 朝シャンして夜もシャンプーをするのは洗いすぎなので良くない印象があります。荒い過ぎると皮脂の分泌が増えて逆に臭いの元になってしまいますし、皮膚が炎症を起こしてフケも出そうな印象があります。何より、朝シャンプーしたからと言って夜頭を一切洗わないのは不潔と感じてしまい、あまりいい印象はありません。朝出かける前にシャンプーをして、出かけるということは洗い立ての髪に外の塵を着けにいっているようなものだと思ってしまいます。

参考サイト
AGA タイムス Wikipedia