EMS(筋トレ器具)

メリット デメリット
時間と場所を選ばず筋トレできる 安い機種を選んでも万単位のお金がかかる
ながら運動ができる 電極部に貼るジェルパッドは消耗品で、定期的に交換する必要がある
辛くないので続けやすい ジェルパッドがべたついて扱いにくい
自分で出力を調整できる 出力が強すぎると痛みを感じる
普段鍛えにくいところを鍛えられる 使ってはいけない体の部位が存在する
電池式のモノも充電式のモノも販売されている 火傷や赤みを発症するリスクがある
アスリートやプロのスポーツ選手も使用している EMSの特徴的な刺激が苦手と感じる人もいる
クリニックやエステなどの痩身メニューにも導入されている クリニックやエステでは市販ではない、業務用のより効果的なEMSを使用している

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
EMSを使うなら運動をして筋力トレーニングをすれば良いと思われる方もいるかもしれません。しかし運動をするということにはある程度の条件が必要になります。しかしEMSなら条件が整っていなくても筋力を鍛えることができます。例えば、怪我などをしていて十分な運動が出来ない時。こうした状態でも、体を弱らせないためには筋肉が必用なんですよね。怪我などで健康状態が整っていない時でも筋力を鍛えることができます。また、忙しく運動をする時間がとれない人にも、EMSは強い味方になってくれます。 電気を使った製品なので体への影響を心配しています。電波を至近距離で浴び続けることはあまり好ましくないと思います。特に染色体への影響が気になります。長期的に利用した結果、体に悪影響がないことが証明されない限り使いたくないです。肌が弱いので貼り付けることにも不安があります。かぶれやすい体質なので貼ったところが赤くなったり痒くなったりして結局使わなくなりそうです。ダイエットは本来汗を流したり辛さに耐えるものなので、楽して痩せることが正しいのか疑問があります。運動せずに電気の力で筋肉を動かすなんて健康的だとは言えません。
EMSの良い点は何と言ってもながら運動ができるというところでしょう。家でならテレビを観ながらとか、家事をしながらとか時間に縛られることなくできるわけですから、わざわざ運動のために時間を割かなくて良いのが大きなメリットですね。また経験上では他の運動をしながら同時進行でやることで、効果がさらに期待できるというのもやる気をそそります。激しい筋トレが苦手な方でも取り組めるのが楽で良いですし、場所の確保もしなくて良いのが便利だと思います。 手軽に筋力トレーニングができるということで使ってみたEMSですが、簡単そうで意外に続けるということができない人も多いようです。EMSを続けることができない大きな要因は、使用時の痛みにもあるでしょう。EMSは微弱な周波数を体内に流すため、体にピリッとした痛みが発生します。鍛える部位によってはかなり傷むこともあります。はじめのうちは、筋肉をトレーニングするために痛みも我慢して使うことができますが、痛みを思うと楽しく続けることができません。楽に筋トレをしようと思う人には少し落とし穴になるかもしれませんね。
お腹周りのシェイプアップや腹筋強化は、一般的にイメージされる「腹筋運動」がやや面倒で大仰な印象を持たれやすく、「寝そべることのできる場所や環境がまず必要」「脚を押さえていなければできない」など、トレーニング慣れしていない人にとっては鬼門とも呼べるものです。EMSマシンを使ったトレーニングなら、わざわざ横になる必要も脚を押さえる必要もなく、場所やタイミングを選ばずにできる気軽さが最大のメリットになります。筋トレにはつきものの「汗を流して身体をベタつかせる」必要すらないので、清潔感を気にする人にも手軽に取り組みやすい利点もあります。 まず頭に浮かぶのは評判のいいEMSマシーンが結構高価だったりする点ですね。流石に効き目はあるだろうと思いつつもその値段に躊躇してしまったことが何度もあります。本体数万円に加えて付属などがさらに買い替えたりしなければと思うとなかなか手が出にくかったりしますね。もちろんそういった煩わしさがないブランドもあるのでしょうが、似たものが多いとついどれが一番コスパがいいのか考えすぎてしまいます。手間も考えると最低でもジェルは不要なものでないとと思います。
EMSの良い点は、引き締めたいと思う部分に使用することで見た目の変化を感じやすい点にあります。運動では部分的に鍛えるのは難しいですが、EMSなら引き締めたい部分だけに使うことが出来て、部分痩せも可能です。また、運動をすると疲れが出たりしますがEMSは使っても疲労を感じることなく引き締めたい部分を鍛えることが出来ます。運動が苦手な人だと運動は長続きしませんが、EMSなら無理なく行うことが出来るというのは、大きな魅力だと思います。 器具を使ったトレーニングは手軽ですが、あまりこれに慣れ過ぎてしまうと「器具がなければ身体を動かせない」という観念が身に付いてしまい、かえって運動離れを引き起こす可能性があります。腹筋の強化やお腹周りのシェイプアップであれば、例えば歯磨きや電子レンジ待ちなどの日常の生活シーンで「リンボーダンスをイメージしながら上体をやや後ろに倒しつつ腹筋に軽い負荷をかける」程度の小さな運動でも必要充分な効果を得られるものです。プロのアスリートが補助的に用いるには良いのですが、トレーニング初心者や運動にあまり慣れていない人がこうした器具に頼るのは避け、どんなに小さな動きや少ない時間でも構わないので「自分なりに工夫して何かしら身体を動かす」習慣をつけるのが良いのではないかと思っています。器具や道具を用いずに一定の成果を上げて話題となった「ビリーズ・ブートキャンプ」もこれを証明しており、「まずは身体を動かすこと」がトレーニングの基本であり、秘訣でもあります。
貼り付けるだけで筋肉を動かして痩せることができるのでまさに未来のマシンだと思います。運動が苦手でも筋肉を鍛えることができダイエットの辛さが激減しそうでいいと思います。体の一部分だけ痩せたいときに便利だと思います。EMSなら胸を落とさずに腹筋だけ鍛えることも可能だと思うので自分の理想とする体型が手に入ると思います。場所を選ばずに使えるのも魅力です。仕事中でも通勤中でもエクササイズをすることができ、短期間でダイエットできそうです。 EMSの悪い点は、効果的なEMSなら販売されている価格が高く購入するのに経済的な負担が大きくなります。また定期的にジェルパットを交換のために購入する必要があるので、購入にお金が掛かるだけではなくジェルパットの購入費がずっと掛かり続けるのが悪い点です。人によってEMSを使った時に痛みを強く感じることがあり、中には肌荒れを起こしてしまうことがあります。またジェルパットは付ける時にベタつきを感じて、慣れるまで時間が掛かります。

参考サイト
EMS比較ランキング SIXPAD