ネット証券

メリット デメリット
いつでもどこでも取引できる ネット証券会社が多くて比較検討が大変
パソコンでもスマホでも取引できる 米国株や米国ETFの現物取引ができないネット証券もある
各ネット証券会社が提供しているアプリが使いやすい システム障害(サーバダウン等)のリスクが存在する
手数料が安い ワンクリックで注文できるのでご発注に気をつける必要がある
投資情報や金融関連ニュースなどが無料で読める 情報が多すぎて取捨選択が難しい
リアルタイムで様々な情報が手に入る 株価の変動などが常に気になってしまう可能性
口座開設時の書類記入を除き、ほぼ全てネットで完結できる どこのネット証券でも一度は書類記入と郵送が必要となる
証券マンからの営業を受けずに済む 証券マンからのアドバイスを受けられない

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
ネット証券は、3社使い分けていますが、まず、手数料が既存の証券会社と違い、安いところが優れています。具体的には既存の証券会社で株式の取り引きをした場合、一回の取り引きごとに千円から数千円を手数料として払わないといけない場合があり、その手数料は、投資のリターンを圧迫します。当然、相場で損失を出した場合にも、自分で負担しないといけないので、その分、しっかり利益を出さないと旨味はないといえます。ネット証券で取引する場合は、対面式の証券会社の半分程度の手数料ですのでその分利益が出やすいです。 ネット証券なので、何かあったら怖いと感じることはあります。問い合わせなどをしても、コールセンターの人が相手をしているので、その点では通常の証券会社のように懇切丁寧なサービスを受けられないと感じます。また、情報についても最新のものがアップされているわけではないので、投資に必要な情報は自分であれこれ探さないといけないので不便ではあります。もちろん、購入する金融商品は自分で決めないといけないし、IPOなどの配分も少ないのでその点ではストレスを感じることもあります。
手軽に証券口座を開設することができるので、株式や投資信託など投資をやりたい人に向けて便利だなと感じます。何より取引手数料が安いので、どんどん投資をしたいと思えます。ネット証券同士で価格競争もしていて、一部手数料は無料のものも出ているので初心者にはコストが少なくてすむのも嬉しいところです。また、コラムなど情報収集のためのコンテンツもそろっていると思います。既存店で相談する必要も感じないのでネット証券で充分と感じます。 反対に良くない点は、人と対面しないので不安に思うことなどの説明を受けられないことです。既存の証券会社では、証券マンが商品を勧めてくれることもあり頼りになります。投資初心者でも分からないことがあれば気軽に聞くことができます。ネット証券では証券マンが手取り足取り教えてくれるということはありませんが、逆に手数料の高い商品を売りつけられずに済みます。人と対面できない点はデメリットではありますが、自分で知識をつけ自己責任で投資を行う時に便利なのはネット証券ならではだと思います。
ネット証券が一番良いと思うところは、手数料が安いことだと思います。店頭取引と比べれば、比較にならないほど安いです。手数料が安ければ、株価がそこまで上がらなくても売ることができるし、頻繁に売買できるように思います。また、ネットなので、とても早く売買の手続きができます。スピーディーに売買ができれば、株価などの動きも追いながら、売買することも可能になります。そして、何よりも個人情報も安全で管理もきちんとされている点はすごいと思います。 デメリットとして銘柄のアドバイスはほぼ無いです。むしろ無い方がメリットかもしれませんが以前の10数年前の対面販売の頃の様な雑談から銘柄を考察し買いを入れるという事が無くなり寂しさはあります。しかしながら時代は大きく変わるのが当たり前で前近代的な商慣は無くなっていくのは当たり前だと感じています。ネット証券は今後仮想通貨を取り込んで大きく成長していくものだと感じます。デメリットは投資をしなければ資産が目びりしていくという事だと感じます。
ネット証券の良い点は、なんと言っても初心者にも投資に挑戦しやすくなった点だと思います。現在マイナス金利の影響で、銀行にお金を預けてもまったく利子がつかないといった状態です。そこで考えるのが投資。しかし損しそう、というマイナスイメージをぬぐえず初心者にとってハードルが高いものでした。ネット証券はネットで必要項目を送信し、本人確認書類などを郵送するだけで完了します。投資金額もまとまったお金は必要ない商品もあり、中にはポイントで購入できる証券会社も存在します。このような点から、初心者にとってネット証券は良い存在だと思いました。 ネット証券では、手数料が安いのですが、そのことにより、気軽に売り買いしてしまいがちになります。取り引きの頻度が多くなることによって、よく考えずに取り引きをしてしまいがちになります。また、既存の証券会社が、担当がついて、市場の情報やお薦めの銘柄を教えてくれるのと違い、ネット証券は自分で市場の雰囲気や銘柄ごとのファンダメンタルズを分析しないといけません。ある程度、市場の分析力や証券の知識がないとネット証券は使いこなせないです。
気軽に投資を開始できる点で良いと感じます。株式だけでなく大きなネット証券会社では様々なものを扱っています。少ない資金でも株を持てたり手数料も10万円以下の株だと無料という会社もあり個人投資家に取って非常に便利で有難いものだと感じます。また証券会社とネット銀行が提携している事がほとんどで入金から買い付け余力の反映は即時です。10年前だと銀行に行ってお金を下してATMで証券口座に入金するという事を多々行っていました。それに比べたら本当に便利になりました。 時々思うことは、ネット証券では、自分の判断だけでしか売買できないことです。株価は、北朝鮮などの地政学的なことやアメリカ経済の情報などで急落することもあり、リスクもとても多いです。2年前の英国のEU離脱の時も、前日までは、離脱などあるはずがないと言われていたのに、突然ひっくり返り、EUからの離脱をすることになったり、急に円が買われたかと思えば、2,3日すると円安に振れることに。自分だけの判断で売買するのが怖い時があります。そういう時に、店頭取引をしていれば、担当の方と相談することもできるかな?とも思います。

参考サイト
みんなの株式 Wikipedia