過払い金請求

メリット デメリット
払いすぎた利息分が返ってくる 完済後10年までに請求しなければならない
現在返済中の方は借金を減らせる 金利が適正である場合、戻ってくるお金は無い
司法書士や弁護士に頼めば手間も時間もかからない 司法書士や弁護士に依頼する場合、手数料がかかる
自分で過払い金請求すれば手数料はかからない 自分で一からやろうとすると手間も時間もかかる
既に完済済みであれば、ブラックリストに登録されない 過払い請求を行った消費者金融からは再度の融資を受けられない
既に多くの人が過払い金請求をしているという安心感 貸金業者が倒産した場合、お金が戻ってくる可能性は低い
数多くの弁護士事務所や司法書士事務所が過払い金請求手続きに対応している 弁護士事務所や司法書士事務所によって手数料が異なるので比較が必要
相談だけなら無料でできる弁護士事務所や司法書士事務所が多い 無料相談後に強めの営業や勧誘を受けることがある
匿名のメール相談を受け付けている弁護士事務所や司法書士事務所もある CMや電車内広告などで露出の多い事務所は手数料も高めの傾向にある

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
以前の利息制限法でグレーゾーン金利と呼ばれる不当に高い金利でお金を借りていた人にとって、その不必要に払った金利を請求することによってお金が戻ってくる事は良い事だと思います。また、上限の金利を一本化して法律化された事は良い事だと思います。最近では相談料が無料で着手金は不要と言う法律事務所が増えているので、気軽に相談出来る様ですし、借用書が無い場合にも、法律事務所が調べて処理してくれる事もあるようなので、良い事だと思います。 借金の返済中に過払い金請求をしてしまうと、ブラックリストに載って、借金が出来なくなったり、クレジットカードが持てなくなったり、ローンが組めなくなるようです。最近、様々な法律事務所がテレビなどで頻繁に、過払い請求を簡単に出来ると促す宣伝が流されていますが、この点についての説明はないので、誤解してしまい、安易に過払い金請求をしてしまって、その後、かえって困ったことになる人もいるのではないか?と思いますので、安易な過払い金請求に対しては反対です。
何といっても、借金をしたのにも関わらず、払い過ぎたお金が戻ってくることにメリットがあると思います。払い過ぎたのだから、戻ってくるのは当然だと考える方は多いと思いますが、こちらから請求というアクションを起こすことでお金が返ってくるのは嬉しい気持ちになります。また、他の貸金業者からお金を借りている場合に払い戻された過払い金によって、他の貸金業者への返済に充てることができるのも魅力だと思います。そうなれば、借金地獄にならず、上手く相殺することができるので、良いと思います。 一度過払い金請求をすると、その貸金業者からは二度とお金を借り入れたり、二度目の過払い金請求ができなくなる点は、マイナス要素だと思います。一度きりの手札と考えて業者選びが重要になってくるので、そうした専門の知識を身に付けるための時間がかかってしまうのもデメリットだと思います。特に、お金を借りている方にとっては、こうした知識を十分に持っているのは少ないと思うので、どうしてもプロの弁護士等に相談する方が効率が良くなりますが、その分の費用が発生してしまうのは、マイナス面だと感じています。
過払金請求の良いところは、過去に払いすぎてしまった利息を取り返すことができるということです。借金をしていて、払い過ぎてしまったり足はしっかりと戻してもらわなきゃいけないので、法律に則って請求をできる事は良いことだと思います。弁護士に依頼をすると比較的スムーズに請求までの作業を行ってもらえることが多く、あまり自分で苦労をしなくても請求をすることができます。電話などで無料相談もあるので気軽に話をすることができます。 良くない点は、依頼をする弁護士によって取り戻すことができる金額が違うと言うことです。また弁護士事務所によっても過払金の請求を得意としているところとあまり詳しくないところがあります。このためどの弁護士に仕事を依頼するのか決める作業が大変です。さらに過払金の請求には、時効があります。いつまでも請求することができると言うわけでなく、さかのぼって請求することができる期限が決まっているので、できれば期限をなくしてほしいというところです。
昨今テレビCMは電車広告などで有名な過払い請求ですが賛成の立場です。弱者と呼ばれる方に対して法外な金利を摂取してきた消費者金融から余計な金利を取り換えすことは当たり前のことなのです。グレーゾーン金利を放置してきた国の責任はもちろんありますが、問題は貸してである企業なのです。そもそも返す充てのない人たちに対し返済できる訳もない金額を気軽に貸付け高額な利息を取るなど許される訳もありません。過払い金については請求があってから返すのではなく企業側で調査し漏れなく返すのが当然だとも考えています。 過払い金請求は反対です。そもそも最高裁判決が出た後から制度を変えるべきであり、貸し手である消費者金融側に対して遡って責任を負わせる判決自体が間違えだと思っています。あくまでもグレーゾーンを黙認した責任は国あるのです。それを全て貸し手に負わせることは反対です。借りる側としても偽った金利に対してお金を借りた訳ではありません。高額と思いながらも納得した上で契約した金利を覆ることが許されるはずもないのです。
過払い金請求で良いと思う点ですが、こちらは手続きをすることで、払いすぎた借金や利息などが還って来るという点では大きなメリットだと思います。借金をしている上で過払い金請求をすることで、借金が少なくなったり、利息が少なくなりますので、非常に助かるという点では良いと思います。法律的に手続きをすることで払いすぎた利息が戻りますので、多すぎる借金で困っている人が解決することが出来るという点でも良いと思います。 過払い金請求が良くないと思う理由として、過払い金請求をするのには、手続きが複雑であるという点が良くないと思います。借金問題に関する知識がない一般人の場合、手続きが煩雑で大変なので、そういった点でデメリットが大きいと思います。また弁護士に依頼をした場合にも、費用などが高額になるという点がデメリットだと思います。弁護士に依頼をするのも敷居が高いですので、そういった点が過払い金請求の良くない点だと思います。

参考サイト
アディーレ法律事務所 Wikipedia