ビットコイン

メリット デメリット
世界的に最もメジャーな仮想通貨である 採掘(マイニング)にかかる電力消費が大きい
24時間365日取引可能 取引価格も常に変動し続けるため、投資目的の場合は精神的に疲れてしまうことも
円や米ドルなどの通貨と交換できる 仮想通貨を扱う取引所の口座を開く必要がある
少額から取引可能 ハッキング被害などによってビットコインを失う可能性がある
値動きが大きいため、大きな利益を狙える 値動きが大きいため、大きな損失が出ることも
個人間で送金することができ、手数料も安い 国や政府による価値の裏付けがない
ビットコインを支払いに使える実店舗が増えてきている ビットコインを支払いに使える実店舗はまだまだ少ない
世界中の人々が取引に参加している 投資対象と言うよりは投機対象になっている

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
資産を投資しようと考えると分散させることが必要となり、選択肢のひとつとしてビットコインへの投資を位置付けることができると考えます。まだ新しい分野ですので今はまだ不安定な要素を含んでおりますが、だからこそこれから先は安定する方向に向かうでしょうし、安定化する前からの先行投資によるメリットは大きいと考えます。また、クレジットカードにみられるような詐欺や情報漏えいなどの心配が低いこともビットコインの魅力でもあります。 ビットコインが良くないと思う理由として、ビットコインは、値動きの幅が激しいので、それだけ大きく損をしてしまう可能性もあるというのがデメリットだと思います。ビットコインは、場合によっては大暴落してしまう危険性もありますし、ハイリスクであるというのが良くありません。また、国が価値を認めていない通貨ですので、もしも大暴落してしまったとしても、補償などは何もありませんし、自己責任となっているのが良くない点です。
ビットコインの最大の特徴であり利点は、政府や中央銀行などの特定の機関に依存していない中央非集権体勢を取っていることだと思います。特定の機関に依存することがないので、国境や関税などもなく、全世界の人が均等に利用できるため、外貨両替や手続きの方法など余計な手間を挟まずに取引が行える可能性を秘めています。また、ビットコインの認知度が上がり、信用のある通貨としてある程度保証されている点も魅力的です。現金は、盗まれたり破損する恐れもありますが、クレジットカードやキャッシュカードなどと同様に、キャッシュレスで安全な通貨としてこれから主流になる可能性も秘めています。これらの理由から、ビットコインに対する印象は良いです。 資金調達がしやすいということを悪いことに利用されてしまうことです。会計処理や情報開示などの法整備がまだ整っていないため、悪どい連中による詐欺まがいの資金調達が現時点では起こってしまう可能せいが高く、実際にそのような事例もある。新たな詐欺の手口になりかねないので、そこは心配なところです。また現状では、あまりにも投機的すぎるところもマイナスイメージで、各国の対応もまちまちであり通貨としての信頼性が現時点ではないところは、あまり良くないかと思います。
ビットコインが良いと思う理由として、投資の一つとして考えることが出来るという点が良い思います。ビットコインは、副業としても大変儲かる可能性が高くなります。ビットコインは、値動きの幅が大きいですので、かなり高騰した場合には大儲け出来る可能性があります。また、ビットコインは、投資の知識がそれほどなくても、所持しているだけでも価格が高騰する可能性も高いので、そういった点でも初心者が参入しやすいのがメリットだと思います。 将来性はありますが今はまだ不安定であることから価格変動が激しいのが実情です。各国政府によるビットコインに対する規制も厳しくなってきています。投資というよりもギャンブルに近い感覚かもしれません。市場開設当時からの利用者がビットコインを一斉に手放すようなことが起きてしまうと今よりも更なる暴落が考えられます。また、実社会に於いてはビットコインを使えるような実店舗などがまだまだ存在していませんのでいちいち現金化したりするなどの必要があり、これは少し煩わしいと感じます。
ビットコインの良いと思う点の一つには、スタートアップ企業等の資金調達がIPO等に比べ格段に早くなるので、起業しやすくなるというところは、これからの日本にとっては良いのではないかと思う。もちろん起業した会社の淘汰のスピードも速くなると思うが、世界的な企業と比べると意思決定や事業を進めるスピードが遅い日本にとっては、資金調達の面でスピードアップが図れるビットコイン等によるICOの活用は良いと思います。また、各国中央銀行の制作にも影響されないところも良いと思う。 「ビットコイン」には投機的な側面があります。株式市場や為替相場などと同じく、ビットコインは仮想通貨市場で取引されています。ただし、その価格は過去の実績や将来の業績予測などで決まるわけではありません。あくまでも需給と思惑のみで決まることとなります。そのため、大幅な値動きが起こり大きな損失を出すことも十分に考えられます。投資対象とするためには、このデメリットをきちんと理解していおかなければなりません。また、ビットコインは法定通貨とは異なり国などの保証は全くありません。そのため、ビットコインに何らかの問題が発生した場合にはすべて自己責任となるということを肝に銘じておかなければなりません。
「ビットコイン」は、世界で最も主流の仮想通貨です。投資対象としての存在感が目立ってはいますが、実用的な仮想通貨としての側面を持ち合わせています。ビットコインを利用すると、送金スピードが非常に速い上に24時間365日利用可能というメリットが享受できます。また、送金手数料も非常に安く、無料の場合もあります。一般的に送金は銀行など金融機関を介して行っていますが、その場合は営業日でなければ送金されません。また、システムが各金融機関で異なるため手数料もかかります。ビットコインのほうが利便性が高いのです。また、取引記録や相手先などの情報はブロックチェーンによって保護されているため匿名性に優れているのも非常に大きなメリットとなっています。 ビットコインの資産価値の増加をきっかけに、ビットコイン含めた仮想通貨は「投機対象」としての認識が一般的です。認知度が高まり、多くの人が安易に購入していますが、その結果、資産価値が安定しなくなっています。そのため、投資家ではなく一般人からも「ビットコインに大金を投入して大損した。」「資産価値が20パーセント低下して数千万の大損になった」などのエピソードを耳にすることを増えています。そのような事例を観ると、ビットコインはギャンブルのような印象がぬぐえません。ギャンブルは違法ですし、大損の恐れのあるビットコインは危険なと考えます。

参考サイト
Yahoo!ニュース Wikipedia