和痛分娩

メリット デメリット
陣痛を和らげることができる 自然分娩よりも費用がかかる(+数万~10万円前後)
無痛・無感覚ではないので、自分でいきむこともできる 麻酔の副作用がでる可能性(頭痛や発熱など)
出産後に体力を残せる 麻酔が効きすぎるリスク
麻酔の量が少なくて済む 病院選びをしっかりとする必要がある
心身共にリラックスして出産に挑める 完全に無痛であるわけではない
以前と比べて和痛分娩に対応している産婦人科が増えている 出生直後の赤ちゃんの呼吸が弱くなることがある
体への負担が少ない 鉗子分娩・吸引分娩となる確率が上がる
先進国では和痛分娩が当たり前 日本では「痛みを伴ってこその出産」という考え方がいまだ根強い

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
和痛分娩が良いと思う理由ですが、出産の際の痛みを緩和することが出来るという点でとても良いと思います。出産の際の痛みは壮絶なものです。これを和らげることが出来て、お産への恐怖心なども和らげることが出来ます。また、出産の際の痛みを和らげることが出来る事で、その後の体の回復なども早くなります。出産の際にかかる体の負担などを少なくすることが出来る事で、その後の、赤ちゃんのお世話などもやりやすくなるというメリットがあります。 意識は少しボーッとするので、生まれたときの感動がボーっとした意識の中でした。そのため感動の涙の対面という感じではなく「あ~産まれたな」という淡々とした感じでした。すごく冷静に周りの助産師さんたちに「ありがとうぎざいました」などと言っていました。そしてお産直後の、分娩室での1時間程度の休憩では爆睡していました。それも生まれた瞬間だけのことであって、その後は可愛くてたまらないので、あまり気にすることでもありませんが、自分の体験としてお伝えできればと思います。
出産を苦しいものではなく楽しいものにできるところがいいと思いました。私も和痛分娩で2人産んでいますが陣痛の間も出産の瞬間も痛みはまったくなく、喜びだけに集中できるのがいいです。産まれた子供にとっても誕生の瞬間が喜びに包まれていたほうが幸せな気がします。妊娠・出産だけでなく生理など、女性には生きているだけで痛みが多いです。虫歯の治療でも麻酔は使うのに病気ではないからと言って出産で使わないのはおかしいと思います。痛みを感じずに産む権利があることをもっと広めるべきだと思うし、保険適用にして和痛分娩の件数を増やしていくべきです。先進国では和痛分娩が当たり前なので日本でももっと広めたほうがいいと思います。 和痛分娩が良くない理由として、個人医院での和痛分娩はリスクが高いのが良くないと思います。最近では、無痛分娩の際の麻酔で、医療事故が起きたというニュースなどもありました。麻酔で医療事故が起きてしまうリスクがありますので、こういった点がデメリットだと思います。また、和痛分娩は自費になりますので、それだけ分娩費用が高く付いてしまうというのが良くないと思います。10万円以上の費用がかかりますので、それだけ負担がかかってしまいます。
和痛分娩の良い点は出産後に体力を温存できることです。麻酔を使わないで産む自然分娩では、痛みと戦いながらの出産となります。早ければ数時間で出産できますが、時間がかかる人は2日程長引く人もいると言われています。しかし出産してしまえばゴールではありません。その後には待ったなしに24時間赤ちゃんのお世話が始まります。昼間も夜も泣く赤ちゃんの世話をする為には、やはり体力を残しておくに限ります。そういった点で和痛分娩はとてもよい出産方法の1つだと言えます。 友達などに和痛分娩したと言うと母として失格みたいな目で見られます。日本では痛みに耐えることが美学とか母になるための通過点みたいな考えが根強く残っていると感じます。親しい友達に言っても妬まれてしまい、素直に喜んでもらえたことがありません。和痛分娩でも子宮口がある程度開くまでは陣痛に耐えるので痛みがゼロになるわけではなく、産後の傷の痛みもあります。和痛にしたって結局出産は痛いので中途半端な気はします。麻酔を入れると下半身の感覚がなくなりいきみにくくなるのはデメリットだと思います。2人目のときには麻酔を入れすぎてしまい、お腹のハリも出てくる感覚も感じませんでした。適量を見極められる、和痛分娩に慣れた優秀な医師・助産師は日本にはまだ少ないです。
陣痛を和らげてくれるのは、ありがたいことだと思います。陣痛は、尋常ではない位痛い、苦しい、この状態はいつまで続くのかという恐怖…で自分が正常ではいられない位の状態になります。ですので、その状態を和らげることが出来るなら、利用したいと思う妊婦さんは多いと思います。無痛分娩ですと、陣痛の波が掴みづらく、いきむタイミング等もわかりにくいと聞きますので、程よい陣痛を感じながら出産出来るのはいいと思います。また自然分娩に比べて、身体への負担が少ない分、産後の回復も早いと言われているので、退院後の赤ちゃんとの生活を考えても、身体に優しい出産方法だと思います。 まだあまり多くの産婦人科で実施されているわけではない点です。産婦人科医の減少から、近年では産婦人科の数も減少しています。さらに和痛分娩では麻酔を使用するので、麻酔科医がいるところか麻酔を使える産婦人科医がいるところでないと実施できません。そうなると、和痛分娩を選べる病院は比較的大きい病院に限られてしまいます。和痛分娩を選びたい、という妊婦でも近くでやっている病院がないので自然分娩を選ばざるを得なかったという人は多いのです。
出産で分娩室に入ってから産まれる直前に肩に注射を打つ和痛分娩を経験しました。それまでに十分痛みは感じていて、打っても痛みがなくなるわけではなく、あとはいきむだけの段階なのであまり意味があったのかなかったのかはわかりません。ただ明らかに緊張感を言うものがなくなり初産にかかわらず落ち着いて最後のいきみを頑張ることができたように思います。最後の最後でパニックになる人もいるといると聞くので、心配な方のためにも和痛分娩はおすすめできます。 和痛とはいえ、痛いものは痛いという事です。私は和痛分娩で出産しましたが、どれだけ痛みを和らげてくれたのかは分からず、初めて経験する陣痛は痛かったです。助産師さんに「自然分娩に比べたら、全然楽だったのよ」と言われましたが、自然分娩と比較した事がないので、違いも分からないです。また、出産費用も自然分娩と比べて、高額にもなります。あと、無痛分娩ほどではないのかもしれませんが、麻酔を入れるので、不安に思う妊婦さんもいるのではないかと思います。

参考サイト
プレママタウン ベビカム相談室