建売住宅

メリット デメリット
注文住宅よりも安い 間取りや外観は決められない
注文住宅よりも打ち合わせが少なくて済む 既にできあがっているので品質チェックが難しい
気に入ればすぐに購入できる 増改築が難しいこともある
購入後、すぐに入居できる 設備の追加や変更が難しい
住宅ローンの相談も煩雑ではない 価格を抑えるため、安い建材を使っていることが多い
立地や周辺環境の良い物件が多い 周囲に似たようなデザインの家がたくさんある
想定外の出費がないので資産計画が立てやすい 注文住宅よりも20年30年後の資産価値が低いことが多い
実物を見てから購入できる アフターフォローがちゃんとしている不動産会社から買う必要がある

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
建売住宅の良いところは、同じ大きさの家を買っても注文住宅に比べると安く済ませることができると言うところです。建売住宅は建設をするときに、同じような建材を大量に注文することによってコストを削減しています。このため似たような間取りになっていますが、作るときの材料コストが下がっているのでその分安く家を購入することができます。また土地と建物を一括で購入することができるので、手続きもその分だけ簡単になっています。 こだわりたい人に関しては建売物件は万人受けする無難な間取りや作りが多いので希望がかなえられない部分が出てくると思います。建売物件は無難な設計なので遊びがありません。今流行っている中二階や蔵などはスペースをその分取ったり建築コストが上がる為、ほとんどの建売物件にはないです。一生に一度の買い物になる方がほとんどだと思うので自分らしさを出すという意味では建売物件では難しいです。家の規格が決まっているので部屋のサイズ感が違ったりや使いたいシンクなどが入れられない・アンバランスになるなどの問題が起こります。
住宅が完成状態にあるので、すぐにでも荷物を引っ越しさせれば住むことができます。その為、住むまでにアパートや借家を借り続けることが無いので、余計な家賃の支払いをせずに済みます。転勤などで急遽その土地に住まなければいけない場合には、特にスケジュール管理が明確にできます。また、注文住宅に対して価格を抑えることが可能です。設計料を支払うことが無いので、その分大きな節約となりますし、住宅メーカーとの打ち合わせの手間を省けます。 建売住宅のよくないところは、一般的な大きさで作られていると言うことです。キッチンや扉の大きさは、一般的なサイズで作られているため、少し背が小さかったり、家族が多かったりすると住みにくくなります。また、クセのない作り方をしているため、個性的なものを置いたり、ピアノなどの大型のものを置くときには、オプションの工事をしなければなりません。後付の工事になってしまうので、工事をしたことがはっきりとわかるように残ってしまいます。
私が思う建売住宅の良い部分の一つとしては内覧が可能という所です。例えば注文住宅とかであれば完成してから出ないとイメージを持つことが出来ません。しかし建売住宅であれば、内覧をした時にフローリングの壁紙の配色、家具の配置などを事前に考えることが可能です。また、注文住宅では後々オプション費用や外構費で費用がかさむ事も考えられますが建売住宅ではそういうことはありません。また建売の場合、同じ間取りで注文建築をする場合安くなることが大半です。これらが私が思う建売の良い部分です。 間取りを自由に決めれないデメリットがあります。すでに完成された状態ですので、当然そこから間取りを変更することはできません。家族形体に合う家を見つけるために、いくつも建売住宅を見て探し回ることになります。設備の追加をできません。新たに付け加えようと、割高な追加料金を支払わなければいけない場合もよくあります。家が作り上げられる過程も見れないので、品質チェックや施工図のチェックを自分でしたい人には向いていません。
建売住宅の一番の利点はコストの安さだと思います。それに加えて時間の節約にもなります。もし、自分で設計から頼んで、家を建てるとなるとすごくお金がかかりますし、時間もずいぶんとかかってしまいますので、それと比べたら、とても効率的だと思います。また、家の知識があまりない人にとっては、出来上がった状態の現物を見て確認してから買うことが出来るので、後からイメージが違ったと言うトラブルも少なく済んで良いと思います。 私が思う建売住宅の良くない部分は全てが決まってしまっているというところです。間取りをはじめ、壁紙、フローリング、コンセントの位置まで全て決まっています。今後何かを足そうと思えば工事をすることになり費用がかさむ恐れがあります。また注文建築であれば家が完成するまでの過程を見ることができるため、施工状態を自分の目で確認することが可能ですが建売の場合だと完成した状態を見るのでそういう訳にはいきません。品質を一番大切にするのであれば建売はお勧めしません。これらが私が思う建売住宅の良くない部分です。
建売物件はやはり注文住宅より購入価格が抑えられることが一番のメリットだと思います。また、あまりこだわりがない方は既に利便性や販売時点での流行や顧客から多いニーズを取り入れて建てられているケースも多いので自分達があまり考えてなかった点まで良いポイントを取り入れてある物件も増えてきています。住宅を建てるメーカーが一番様々な人のニーズを聞いていると思うので万人に合わせて建てている分、大きな失敗がなさそうなのもいいと思います。 すでに出来上がっているので、自分が好きなように建てる事が出来ないのは、建売住宅のデメリットだと思います。なので、こだわった自分が好きな間取りやデザインで家を建てたい人には向かないと思います。また、建売住宅の場合、通常、周りにも同じような家が建つことが多いと思うので、家の個性は無いと思います。また、家が建てられた後、時間が経って、管理がちゃんとされていない物件の場合、建付けの問題など起こりえると思います。

参考サイト
ハウスメーカーと工務店の選び方 飯田産業