ルームシェア

メリット デメリット
親元を離れて生活できる 同居人とけんかすることがある
一人暮らしよりも安く住める(家賃・水道光熱費) 同居人がお金を出さないリスクがある
不在時の郵便物の受け取りができる 家電の所有権や廃棄にかかる費用負担で揉める
家事の負担が減る プライバシーが減る
交流の輪が広がる 人を呼ぶ際に同居人の許可が必要
家に誰かがいるので安心感がある 一人になりたくてもなれない
助け合いながら生活できる 生活リズムが合わないとストレスに感じる
賑やかで楽しい 音が気になる

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
ルームシェアをすると一人でいなければならない時間が減りますので何かと心強かったり助けられる部分が多くなりその点はとても良いと思います。また金銭面でも家賃や光熱費などの全てが折半となりますからかなり負担減となるでしょう。家賃の負担が減るのですから物件も少しランクを上げられるかもしれません。生活全般でのルールさえきちんと決めて割り切ることができるのでしたら精神的にもとても楽になれるでしょうし当番制により役割分担も公平にできると思います。 悪いところは、一人でもいたいときにいれないことだと思います。また、集団生活が苦手な人やそのシェアハウスの中で問題があった時に一人になれないのでそこがデメリットなのかなと思います。みんなと必ず仲良くなれる訳では無いので、性格が合わない人がいたら居づらいのかなと思います。また、その集団での決め事があったらそれをきちんと守らないといけないので意外と自由がないのかなと思いました。きちんと適応できる人じゃないと大変だと思います。
ルームシェアの一番の利点は、経済的な負担が抑えられるということです。光熱費の基本料、これはずっと払い続けるものですが、ルームシェアだとこの基本料が人数分に分割されます。実際の使用量はいくらでも削減可能ですが、基本料はそういうわけにはいきません。しかもこの基本料はおおまかに電気・ガス・水道の3種に及びます。経済効果も3倍です。複数人数でならば、一人暮らしでは借りられないような大きな物件も賃貸可能です。広々としたキッチンや浴室は魅力的でしょう。 ルームシェアには向き不向きというものがあると思います。一人で居る時間を大切にしたい方には無理があるのではないでしょうか。その辺りを割り切れる方にとってもある程度ストレスはかかってしまうと思います。血のつながった家族でさえ同居していれば色々な問題が発生するというのに、それが赤の他人との同居となるのですから尚更です。プライベートな時間が減ることは覚悟しておかなくてはならないと思います。この大切な時間と金銭的な面での折衝ということになりますので、あまり良いことではないと個人的には思います。
家賃と光熱費をかなり格安に抑えることができるのが最大のメリットだと思います。それはシェアする人数が多ければ多いほど効果を発揮できます。当然、家事や掃除に関しても、作業分担をすることで労力を少なくすることができます。また、シェアした人達と自然に友人関係ができるので、何か困ったことがあったりした時に助け合ったり、一緒に遊びに出掛けることもできるので、ちょっとした家族感覚で共に生活をすることができます。 ひとつの屋根の下に暮らすわけですから、多少は気心が知れた友人知人がルームメイトになるでしょう。けれど必要最低限自分の事ができない人がルームメイトになると苦労は絶えません。特に衛生的な面がルーズな人と一緒になると、衝突することも。それ以上に大変なのが異性問題です。ルームシェアをしている中で異性を連れ込むというのは、人によってはあまり気持ちのよい問題ではありません。あらかじめそのあたりのルールはしっかり決めておけば良いかもしれません。
ルームシェアの一番のメリットは、経済性にあります。大都市では家賃が高いため、余裕の持てない状態で生活している人も少なくありません。その点、ルームシェアで共有部分を分け合うシステムは実に合理的。また、キッチンを共有することで他の人から調理方法を学ぶこともできるでしょう。多くのアイデアに触れるチャンスを有効に活かすのも賢い選択です。一人で食事をするのを淋しく感じる時もあるかもしれません。そんな時は互いに声をかけ合って時間を共有するのも一案です。ルームシェアのメリットは、人それぞれのアイデアしだい、つまり自由自在です。 一番デメリットとなる可能性を秘めているのが人間関係です。赤の他人とルームシェアをして暮らしていくのですから、次第に相手に対する疑問や嫌悪感を抱いてしまうことがよくあります。設備も共用なので、使いたい時に使えないこともあり、ストレスを助長します。一緒に暮らしている以上、関係が崩れてしまいますと、お互いの存在が一番のストレスとなってしまいます。加えて、シェアしている人が突然退去することになると、家賃や生活費の負担割合が一気に増えてしまい、予想外の出費になることもあります。また、恋人や友人を家に招待しづらい環境でもあるので、自宅を自由に使えません。
シェアハウスのいいところは、大人数で生活をするので寂しさがないところと、生活費が安く済むところです。大人数だとわいわいできるので、仕事や学校で嫌なことがあった時にその気持ちを紛らわせてくれるのがいいなと思います。また、一人で考えるよりも相談できる人がいるのですぐに何かを相談できるのかなとおもいます。シェアハウスだと、精神的にはとても余裕が出来て一人が嫌な人などは生活がしやすいところがメリットなのかなと思いました。 ルームシェアを決める時、心配なのはシェアする人を選ぶことができない点です。また、風邪やインフルエンザが流行っている時は、同じキッチンやバスルームを使用することに不安を感じることもあります。人の性格は十人十色なので、無意識のうちに人を傷つけてしまうこともあるでしょう。お互いの距離感のはかり方は簡単ではありません。逆に、気を使いすぎると疲れてしまい、日常的ストレスに悩まされる可能性もあります。シェアハウスには色々な側面があるので、注意深く検討する必要がありそうです。

参考サイト
SUUMO Wikipedia