持ち家

メリット デメリット
住宅ローンを完済すれば、自分の資産になる 手元に一括で支払えるほどの現金がない限り、住宅ローンの金利分は損をする
持ち家があることで社会的信用度が上がる 不動産会社や銀行とのやり取りに手間がかかる
内外装を自分好みにアレンジできる 賃貸のように気楽に住み替えができない
マイホームであるという満足感を得られる 外壁の塗り替えや設備故障時などは全て自費で負担
注文住宅なら間取りから自由に決められる 売りたいと思っても、売却金額が低かったり、買い手が見つからなかったりする
住宅ローン返済中に世帯主に万が一のことがあった場合、ローン残高の返済が免除される(団体信用生命保険) 住宅ローンが返せなくなったら、マイホームを手放す必要がある
老後のことを考えて、バリアフリー仕様にできる 購入時に消費税がかかる(賃貸は居住用であれば家賃に消費税がかからない)
賃貸で家賃を払うより、住宅ローンを組んだ方が毎月の支払いが少ない傾向にある 固定資産税を払わなければならない

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
やはり「自分の財産になる」というのが一番の理由です。老後になり、収入が無くなっても、家賃を支払う必要もなく、ずっと住み続けていられるのは大きいと思います。自分が亡くなってしまった後も子供達に残してあげられます。賃貸とは違って、売りに出したとしても、財産としてお金が入ります。我が家は駅からも近く、周辺施設(商業施設や医療機関)なども充実している場所を選んだので、購入時の価格と比べても値崩れをしておらず、購入して本当に良かったと思っています。 家も長年住んでいると劣化してくるので、それに応じて修繕が必要になります。家が古くなってくると、修繕の必要性やその範囲も大きくなり、修繕費もかさみます。また、新しく家を建てるのにはたくさんのお金が必要です。一方、これが貸し家や賃貸マンションなどなら、修繕費は基本的に貸し手側の負担となります。また、家やマンションが古くなったら、引っ越して新しい物件に入居することも出来ます。このように維持管理にお金がかかる点が持ち家のよくないとことです。
持ち家の一番のメリットは他人になんの気兼ねをする必要がなくなる精神的な安心感にあると考えます。賃貸物件に住んでいますとどうしても周囲に気を遣わなければならないことも多くありストレスを感じてしまいがちです。勿論持ち家でも隣近所との付き合いはありますし全く気を遣わなくても良いということにはなりませんが、賃貸物件との比ではありません。長いスパンで考えますと金銭的にも支払いが楽になったり、また、社会的な信用も得られ易くなるということもあるでしょう。 賃貸であれば、家賃を支払えば住む事が出来ますが、持ち家は維持をすることが必要になってくるので、そこは少し大変だと感じています。また、固定資産税の支払も毎年あるので、負担が増えます。マンションであれば管理費、修繕積立金の支払い、戸建てであれば、築年数が経つにつれて修繕箇所が出て来たり、建て替え等の検討もしなくてはいけなくなります。あと、賃貸の方が何か不都合があった際に引っ越しも検討しやすいと思います。持ち家は売買も絡んでくるので、簡単には引っ越しは出来ないのでそこは面倒だなと思います。
持ち家が良いと思う点はなんといっても資産を持つことができる点です。人生で最もコストがかかるものは住居費だと言えるでしょう。仮に次の住まいを決めている場合であれば賃貸よりも持ちにしたほうがトータルでのコストが下がってきますし、自分自身の資産を持つことができるので相続も可能ですし、いざと言うときの担保に入れることもできますので非常にメリットは多くなる一方です。また、自分の家と言うことでリフォームも簡単にできると言う事はライフスタイルに合わせた生活ができることにもつながります。 当然持ち家を持とうと考えた場合初期費用を用意しなければなりませんから一時的にまとまったお金が必要となってしまいます。このことは年齢が下がるに従って難しいことになるのではないでしょうか。そして一度手にしてしまったらなかなか他所へ移るということも困難になります。元々住み慣れた場所に住居を構えるのでしたらある程度の予想はつきますが、知らない土地にとなると様々な新しい問題と向き合う必要がありその都度解決していく努力が必要となります。これは相当な体力を必要とするものです。
持ち家の良い点は、何と言っても「家賃が掛らない」ということです。アパートでもマンションでも一戸建てでも、賃貸となったら家賃が発生します。これは掛け捨て保険と一緒で、後々戻ってくることもない、いわゆる「捨てるお金」です。この家賃をずーと払い続けるなら、ローンでも何でも組んで、家賃を払ったつもりで家を購入したいという人も多いのではないでしょうか?もちろん家を持ったなら税金や家のメンテナンス費用は別途掛ります。それでも家賃よりは費用も抑えられるので、条件が合えば持ち家を持った方が良いと思います。 いかに一戸建てが長持ちするといっても20年から30年休むとどうしてもリフォームや手直しが必要になってきます。また、年齢とともに清掃や手直しをすることが非常に面倒になってくることも間違いありません。場合によっては賃貸マンションや分譲マンションに住んでおいた方が周辺の手入れや清掃などを行う手間が省けるので住みやすいこともあると思います。また、相続するにあたっても1つのものを分けることが難しいので面倒な手続きが発生することになりかねません。
自分の住む場所に関しては、生活の様式などに従って変更することが考えられます。その方が生活の便利さが増したり、気分を落ち着けることができるなどの利点があるからです。この点、持ち家は自分の所有物なので、自由に手を加えることができます。もちろん、周囲に迷惑を掛けたり法令に反することは出来ませんが、そうならない範囲なら、どのように変更を加えても自由であるという点で、自分自身の家を持つということは優れているのです。 家は吟味して作ったり買ったりしても、環境を選ぶのは難しいのです。特に後から引っ越してくる近所の人は、どんな人が来るか分かりません。大金をはたいて持ち家を購入しても、隣近所の人達と自分が合わず、何年も我慢しつづけるなんてことも多いようです。家は買った時は高くても、数年経つと中古物件で価値が下がりますから、「気に入らないから家を売って引っ越しをする」なんてことを続けると、損ばかりしてしまいます。ただし土地付きの一戸建てなら、建物は劣化してやすくなっても、土地がそれ以上に値上がっている場合もあります。これなら売却しても、そのお金でもっと気に入る家を購入することも可能です。持ち家を持つなら、土地付きの方が安心と思います。

参考サイト
一括!住宅ローン Wikipedia