平屋住宅

メリット デメリット
階段がないので移動や掃除が楽 部屋を増やすにはある程度の広い土地が必要
2階建てよりも地震に強い 工事にかかる坪単価が高くなる傾向にある
階段が必要ないので階段部分のスペースを有効活用できる 防犯面で気をつける必要がある
お年寄りや小さな子どもにとっても安心 水回りの音が気になってしまうことも
家族のコミュニケーションが増える プライベートな空間の確保が難しい
風通しが良い 日当たりの確保が難しい
屋根が大きくなるため、太陽光発電の発電量が上がる 屋根が大きくなるため、夏に暑くなりやすい
外壁などのメンテナンスがしやすい 洪水や津波などの際に2階に逃げることができない

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
平屋住宅が良い点は、目的の場所へのアクセスがラクな事です。例えばトイレやお風呂、リビングやキッチン、各部屋への移動が非常にスムースで、行き来がしやすいのが最大のメリットだと思います。また高齢になったとき、平屋であれば、全ての必要なものが同じ階にあるので、生活動線が妨げられないため、暮らしの質も落ちません。また、車いす生活になったとき、手すりを付けたり、バリアフリー等の追加工事やリフォームもやりやすくなり便利です。 平屋住宅の良くないと思う点は、まず冬の冷え込みがダイレクトに伝わってくることだと思います。床が地表から近い分、冬の放射冷却などで冷え込む朝は、暖房を入れても床からの冷え込みが強いため、家を暖めるのに大変時間がかかってしまうということです。次に、湿度もこもりやすいというのも良くない点です。押入れやクローゼットの奥などにカビが発生しやすく、大切なものをしまう場合には、特に注意が必要になります。湿度の高い日本においては仕方がないのかもしれませんが、平屋住宅ならではの悩みだと思います。
狭い土地に家を建てる日本では、二階建ての家がとても多いと思います。平屋住宅は少し珍しいかも知れません。今は核家族が増えてきて、子どもも結婚すると同居することなく、家を出てしまいます。すると家は夫婦二人となってしまうのです。最初は二階建も「少し広い」程度でしょうが、年齢を重ねていくと二階の部屋に色々なものがあるのは生活しにくく感じてきます。一日に何度も二階に行くのは、体力的にも大変だし、危険にもなってきます。その点、平屋家屋なら階段もないので生活しやすいのです。若いうちはともかく、お年寄りの家族なら平屋住宅が住みよいでしょう。 平屋住宅の悪い点は、防犯に不安があることです。就寝時に窓を開けて寝るのは、泥棒や不法侵入などの心配があり非常に不用心です。夏はクーラーをかけて閉め切ることが出来ますが、春や秋の中間の季節に、閉め切って寝るのはツライです。また日中窓を開けたりすると、カーテンがあっても外から中を見られやすく、人の視線が気になります。そして洗濯物を干すのが、平屋だと丸見えになることです。壁で仕切られていても、近隣からは良く見えるため、私生活がさらけ出されるようで、非常に気になります。
平屋住宅とは2階部分がない家のことでワンフロアで階段がないので足腰が弱っている高齢者や足が不自由な人にとっては住みやすいバリアフリーの住宅ということが出来ます。マイホームというのは基本的に長く住むモノなので老後のことを考えると今はさほど階段で不自由がなくても平屋の方がお勧めと言えます。さらに平屋の方が天井を高く作っている物件が多いので空間を広く感じるといった利点があります。さらに生活同線が短くて済むので過ごしやすく、建築の観念からいっても構造的に強い丈夫な家ということが出来ます。 平屋住宅では二階がないので、家が暗くなりやすい傾向にあります。隣と密接している都市部では、一階は昼間でも電気を付けないと生活できないという家も珍しくないのです。家に太陽が入らなければ、洗濯物を干すのも難しいし、何と言っても家の中が寒々としてしまいます。二階があれば、二階に太陽の日が入り、それが一階にも回ってくるのです。平屋ではこれがないので、家が暗くなって、湿っぽくなりやすいと言えます。ただし南や東側にしっかり庭などがあれば、太陽の光は平屋でも充分に家の中に入りますから、問題ないと思います。
平屋住宅のいいところは全て同じ階(1階)で生活できることです。若い頃や身体が自由に動くときは気になりませんが、足が悪くなったり、病気になったりして身体の自由が利かなくなった場合、階段を昇ることはとても大変で苦痛です。思い荷物を持って階段を昇るのは健康な時でも大変な場合もあります。また妊娠中の女性や小さな子供、お年寄りなどは階段からの転落事故も少なくありません。平屋で暮らしていると光熱費も2階建て・3階建て住宅に比べて低く抑えられることが多いです。 平屋住宅を作る為には2階建ての家よりも広い土地が必要です。部屋数を増やす為には平屋の場合は横に増やすしかないので限られた土地に建てるのなら2階建ての家の方が部屋数が多く取れると言えます。あと家が密集している地域だと平屋は日当たりが悪くなるなる、カーテンを閉めていないとお隣の2階から部屋が丸見えといったことになってしまいます。その他にも大雨で床下から水が浸透したという場合は平屋の場合は部屋の全てが浸透してしまうことになってしまいます。
平屋住宅の良い点は、安定感がすぐれていることだと思います。近年稀に見る大型台風など強い雨や風を伴う自然災害に直面した時、二階建てやマンションなどに比べると雨や風の抵抗を受けにくいと思うからです。というのも、九州南部の伝統的な家屋を見ていると平屋住宅が多く、九州が地元の大工さんに伺うと「台風対策なんだ」と教えてくださいました。大型の台風が通る地域の人たちが住む家屋に平屋住宅が選ばれているのは、自然災害から身を守るために適しているからだと思います。 土地代が高くなることです。2階建て、3階建てにすると延べ床面積は広くとれるので、小さな土地でも一部屋ごとの面積を大きくしたり、室数を多くすることができますが、平屋住宅は部屋数を多くしたい場合はそれなりの大きさが必要となり、坪単価が高い都市部ではかなりのお金が必要になります。平屋の延床面積と、2階建ての延床面積が同じであったとしても、建設費は平屋の方が高くなってしまいます。限られた予算の中で広さを求める場合、平屋住宅を建設することは厳しくなるのが悪い点です。

参考サイト
平屋住宅で人気のハウスメーカー ミサワホーム