憲法9条改正

メリット デメリット
現状と憲法9条の内容のずれを無くせる 他国への武力行使が可能となる
自衛隊が武器を持てるようになり、紛争地等での活動時の安全性が上がる 同盟国の戦争に巻き込まれる可能性がある(同盟国の要請を断る口実がなくなる)
自衛隊の活動の自由度が上がる 憲法改正には、衆議院と参議院の両方で3分の2以上の賛成を得た上で、国民投票で過半数の賛成を得る必要があり、時間や手間がかかる
日本の防衛力を上げることができる 徴兵制が復活する可能性がある
領土問題の打開を図れる 軍事費や安全保障に関わる費用が増大する
他国からの侵略等に対する潜在的な抑止力になる 「平和憲法」として他国から賞賛を受けることがなくなる
海外で日本人がテロリストの人質等になった場合に自衛隊が救出に動けるようになる 内政干渉ではあるものの、近隣国(特に中国韓国)から非難を受ける
他国に守られているのではなく、自分たちで日本を守っているという意識を持てる 改正後憲法9条に関わる新たな法整備が必要となる

賛成意見・良いと思う理由 反対意見・問題点の指摘
「交戦権を認めない」と9条でうたっている我が国には、自衛隊というどこから見ても立派な軍隊がいます。また米軍も駐留し、ひょっとしたら核兵器すらも秘密裡に持ち込まれていないとも断定できない状況です。憲法9条の条文の内容は、このような現実との乖離がはなはだしく、有名無実化してしまっている状況です。平和を愛する理念を大切にすることは私も大賛成なのですが、現実的に兵力を持つ必要があるならば、現実との整合性をとるためにも、憲法9条を改正することもやむなしと思います。 憲法第9条改正の悪い点ですが、自衛隊の人の安全性が今までよりもなくなってしまう可能性がある所だと思います。今の自衛隊は活動範囲が広くないですし、直接軍事戦争に関わる事がないですからその分、自衛隊の人が安心して仕事ができている背景があると思います。しかし、改正して自衛隊の活動の範囲が広がるとそれだけ危険な仕事をしなければいけない可能性が高くなり、安全性という意味では欠けてしまうのでその点は心配な部分だと思います。
憲法9条を改正することで、自国の防衛力は増強され自衛隊が堂々と武器を使えるようになるため、中国や北朝鮮に対して以前より対等に向き合うことができるようになると思います。更に強力な軍隊を持つことで、以前より米国の言いなりにならずに済むので良いと思います。いかなる理由があっても武器を使用しないという憲法は今の時代にそぐわない時代遅れの考えだと思います。日本が一人前の国として、いつまでも米国に頼らず自分の国を自分で守れる国になってほしいです。 9条を改正することにより、50年間築いてきた「交戦権を認めない」「平和憲法」の理念をついに破棄してしまうことになるので、9条のみならず、日本国憲法全体の色合いを変えてしまうことになってしまうと思います。我が国を取り巻く周辺諸国の状況はシビアであり、その為に9条を改正するということは、私は道理にかなっているとは思いますが、沖縄をはじめとして日本中に米軍が駐留している現実を考えれば、それを悪用されて「周辺事態法」や「安保法案」をさらに戦争へ仕向けられてしまう危険性も有しているということを、深く考えなければいけないと思います。
憲法9条を改正することに対してメリットとなるのはなんといっても自分たちの国は自分で守ると言う姿勢を世界に示すことになるからです。憲法9条改正するからといって戦争目的に活動するわけではなく、核兵器を保有するわけでもありません。あくまでも自分たちの国は自分の国で守ると言う姿勢を明確にし、アメリカの傘の下ではなく自分たちで自立することを示すための姿勢になるからです。憲法改正によって国民の意識も変わることで非常にメリットが大きいのではないでしょうか。 憲法9条は、世界で初めで戦争を放棄した憲法で、過去の大戦を反省して作られた唯一無二の憲法です。ですから、たとえ近隣諸国からの挑発を受けようとも、戦争の危機に瀕しても、憲法を変えるべきではありません。武力を放棄したと言っていた日本が、9条を改正し、軍隊を持つことになると、自国の防衛以外で海外に派兵することも出てくるでしょう。そうなれば、他国から攻撃される危険性は高まります。軍備を増強させるのではなく、あくまでもどの国とも平和の精神で対話を貫き通してほしいです。
憲法9条改正の良いところは、50年以上前に作られたものを今の時代に合った形に直すことができるということです。憲法9条は、日本にとってとても大事な条文ですが、50年以上も前に作られたものであるため今の時代に合っているかと言われると合っていない部分があります。そこで、今の世界情勢に合わせたものに作り替えていく事は大切だと思います。特に、これだけ周りの国が力をつけている中で、全く戦争をしない、全く武力を持たないと言うのは少し不安な面があります。 憲法9条改正することによって日本が過去に侵略国であったことが世界各国によって思い出され、また日本は少子高齢化によって国力が弱るところに戦力によって侵略を繰り返すのではないかという恐れを与えるイメージを持っています。また世界唯一の核被爆国でありながら戦争を想い起こさせるようなイメージを持つのは非常に良くないと思います。もちろん、自分たちの国は自分で守る必要がありますがここに憲法9条の改正の必要性があるかどうかは疑問を感じざるをえません。
憲法9条の改正の良い点と思う部分は、やはり自衛隊の活動の幅を広げる事ができる所だと思います。今の日本を守っているのは自衛隊ですけど、活動範囲が限られていますし日本の軍事力を他の国にアピールしにくい点があると思います。しかし、9条を改正して自衛隊の活動の幅を広げる事ができると今まで以上に自衛隊が活躍できる可能性が高くなると思いますし、日本の軍事力を他の国にアピールすることができるので日本が甘く見られない可能性が高くなると思います。 憲法9条改正のよくないところは、これまで日本が大切にしてきた戦争と言うものへの考え方が変わってしまうということです。新しく生まれてきた日本の人たちを戦場に送らないと言うのはとても大切です。また日本が戦争しないと言うこともとても大切なことです。 9条を改正してしまうことによって、日本が戦争をやってもいい、相手に対して攻撃をしても良いと変えてしまうのはよくないことです。大切な部分を残し、悪い部分を変える必要があります。

参考サイト
自由民主党 憲法改正推進本部 Wikipedia