仮想化

メリット デメリット
サーバーの台数を削減することができる サーバー管理者に専門知識が必要
台数が減ることで設置スペースを有効活用できる 仮想化ソフトウェアは1つだけではない
台数が減ることで消費電力を削減できる コストメリットを感じないこともある
サーバー上のリソースを効率的に使える ライセンス要件を確認しておく必要がある
1台のサーバー上に複数のOSを共存させることができる ストレージとネットワークに関する綿密な計画が必要
あるOSがウイルスにやられても、他のOSは影響をうけない 物理的な障害を起こすと、全てのOSがダウンする
仮想化サービスを提供している企業も多い ある程度のメモリは確保しておく必要がある
ホスティング企業のVPSも種類が充実している システム関連の初心者にとってはかなり難しく感じられる

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
仮想化の良い点はわざわざ専用の計算機を用意する必要のない点にあります。例えば、オペレーティングシステムの仮想化を実現できれば、一台の計算機でいくつものOSを起動することができます。

計算機のスペックが高ければ高いほど、仮想化は有用であり、複数の計算機でこなすはずの作業も、仮想化が実装された計算機一台でこなすことができます。

このようなことから私は、複数を単一にできる仮想化は魅力的であり、非常に良い印象を持っています。
仮想化のデメリットが計算機を選ぶことです。メモリ容量が少ない計算機では仮想化は不可能に近く、仮想化すれば、動作が遅くなってしまいます。

これが深刻なのがOSとアプリケーションの仮想化であり、メモリ不足を一番苦手とします。

また、仮想化が必要とする計算機のスペックはどの部分を仮想化するか、で様々であり、仮に仮想化をしたとしても一部機能は使えるが全ては使えないということも有り得ます。

そのため、私は全ての計算機において、可能でない仮想化には反対です。
仮想化が良いと思う点は、2つあります。まず一つは、データバックアップの観点で考えると便利だと思います。サーバーに仮想化された環境を構築すれば、ユーザーは自分のパソコンからその環境にアクセスして使うことができます。

例えば、データを仮想環境に保存しておけば、自分のパソコンが壊れたとしてもデータが仮想環境に保存されているので、データがなくなることはありません。

そしてもう一つはサーバー上に仮想環境を複数作ることができるので、一元管理ができるところだと思います。
仮想化が良くないと思う点は、2つあります。まず一つは、サーバー上に仮想環境を複数作ることができる反面、サーバーが故障すると全ての仮想環境が使えなくなります。

また、サーバーのバックアップをしっかりしないと、大事なデータが全てなくなるということも考えられます。

そしてもう一つは、RAMの容量次第では、仮想環境を作れば作るほどサーバーの動作が不安定になる可能性があります。ということでRAM増設の費用が発生するかもしれません。
(ネット世界を仮想化として捉えた意見)
私は仮想化は良いことが多いと思います。

なぜなら今はコンピューター技術が進んでいてネットを使う人が増えているので、例えばネットショッピングとかで買い物をするにも仮想空間の店舗で商品を扱って販売すれば大幅なコストカットになります。

そうすると実店舗で同じ商品を買うよりも安い値段で商品が手に入ることが多くなるからです。消費者にとっても経営者にとってもメリットは大きいと思うので店舗などの仮想化には大いに賛成します。
(ネット世界を仮想化として捉えた意見)
私は仮想化にはあまり良くない点もあると思います。それはコンピューターゲームなどの世界で多くの問題点があると思うからです。日本でも一時話題になりましたが、いわゆるネトゲ廃人という問題です。

こう呼ばれる人達は1日中ネット上の仮想空間で遊んでいて現実世界に全く興味がなくなってしまった人達ですが、こういうことが放置され続けるのなら私はゲーム上の仮想化は良いこととは思いません。

ちゃんと現実世界とゲームの世界の違いをきちんと認識させるようにしなければ反対です。

参考サイト
レンサバ比較ランキング Wikipedia