SEO対策

メリット デメリット
上位表示されることで売上やアクセス数が増加する 効果が出るまでに時間がかかる
一度上位表示されると、しばらくは上位に留まり続ける 順位が急に落下することもある
地道な努力を重ねることで、安価に上位表示ができる 順位が下がると売上もアクセス数も激減する恐れがある
リスティング広告と違い、クリックされても課金されない 人気のキーワードだと上位表示が難しい
上位表示されていることが信用度アップに繋がる 自分で取り組む場合はある程度の専門知識が必要
自分でできない場合は、業者に外注することもできる 詐欺に近いような悪質な業者も存在する
専門知識が無くてもある程度のことは自分でできる 間違ったSEO対策をするとペナルティを受けることがある
昔と比べると知名度がだいぶ高くなってきた 昔と比べるとスパム的な手法が通じなくなった

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
SEO対策の良い所は、WEBマーケティングを行う時に簡単に自分で考えたりして実際に作成できたりという所が良い所だと思います。

仮にライバルサイトがSEO対策に力を入れていなかったりすると、簡単なSEO対策を行うだけでも大分結果が違ってきます。

検索エンジンの結果は3ページ以降はほとんど見られない傾向にあるので、ちょっとしたSEO対策を行うだけでも検索結果の順位が大幅に変動することもあります。そのような点がSEO対策の素晴らしいところだと思います。
SEO対策の良くないと思う点は、SEO対策をせっかく行っても検索エンジンのアップデートにより下位に表示されてしまったり、最悪の場合検索の圏外表示にされてしまったりとペナルティを与えられることがあることです。

度を過ぎてしまうとそうなります。更に、検索エンジンのアルゴリズムについて詳しくない方には簡単にSEO対策を行えないという所がSEOの欠点でしょうか。

先を見越した対策がSEO対策の基本とも言えるので、場合によっては個人で行うより業者に負けてしまうという所もあまり良くない所だと思います。
グーグルなどの検索サイトで検索した場合、最初のページの上位にランクされていないと、そのホームページはヒットされないという調査結果があります。

従ってホームページがその企業の主たる宣伝媒体である場合、検索エンジン対策は最重要課題になります。

またせっかくホームページを作成してオンラインしてもアクセスして閲覧してもらわなければ意味がありません。IT社会が進んでいくこれから、検索エンジン対策はこれからますます重要になっていくはずです。
検索エンジン対策は競合する会社がどこもお金と時間をかけて必死で取り組んでいます。

ですから一度対策をしたらもう大丈夫などということはなく、常に対策を継続しなければなりません。そのために必要な時間と費用は膨大なものになります。

そして検索率でトップになったとしても、その顧客が実際にサイト上の物を購入したり、会社に仕事を依頼するとは限りません。ですからただ検索率の向上だけにエネルギーを注力しても売上げにつながるとは限らないわけです。
インターネットで情報を検索するとき、ほとんどのユーザーはgoogleなどの検索エンジンを利用します。そのため、特に商用のホームページでは、検索結果の上位に表示されることがそのまま利益に直接響いてくると思います。

検索結果は膨大な数がヒットしても、ほとんどのユーザーはせいぜい上位20位ほどまでしか見ないでしょう。

また、検索結果からそのホームページにアクセスするユーザーは、既にそのホームーページに関心をもっていますので、ターゲットユーザーとなり得るのです。

ですから、SEO対策は見込み客を獲得するには非常に有効な手段であると言えます。
検索エンジンはシンプルなHTMLを好む傾向があるので、SEO対策にこだわりすぎると、サイトのデザインを犠牲にしなければならないということになりそうです。

また、SEO対策しても検索結果に反映されるにはある程度の時間がかかるというのもデメリットの一つと言えそうです。

検索エンジンのアルゴリズムが変われば、これまで上位表示されていたのに突然検索結果上位から外されるということも珍しくありません。また、そのアルゴリズムに最適な対策をするには専門的な知識も必要となってくるでしょう。

参考サイト
自分でできるSEO対策 Google