iPhone

メリット デメリット
操作性に優れている バッテリーのもちが悪いと感じることがある
フリック入力ができる 自分でバッテリーを取り外したり交換することができない
FaceTimeでテレビ電話を楽しめる お財布携帯やワンセグなどの機能がない
高性能なカメラ機能が搭載されている Flashコンテンツを閲覧できない
様々なアプリが用意されている 落とすと画面が割れてしまうことがある
電話もメールも音楽も写真もビデオも1台で楽しめる Android携帯と比べると高額
デザイン性に優れている Android向けのアプリを利用できない
SIMフリーのiPhoneも登場している iPhone脱獄ができてしまう

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
iPhoneの良いところは、なんといってもその完成度、安定性の高さです。

以前にアンドロイドを使用したことがありますが、購入して数ヶ月後から、最初から入っていたアプリにも関わらずフリーズが多発して嫌になりました。それに比べると、iPhoneの安定性は抜きん出ていると思います。

またiPhoneのサイズもよく考えられた大きさだと思います。最近は大画面を売りにしているスマホが多いが、必要以上に大きいのははっきり言って、使いにくいだけです。

片手で持ちながら操作できる大きさであるiPhoneは、この点でも優れていると思います。
iPhoneは充電が専用ケーブルなので、いちいち持ち歩かなくてはいけないのが不便に感じます。職場や友人宅で、急に充電の必要が出たときに、市販のマイクロUSBなどで充電できないのは少々不便です。

PCとの同期ができなくても良いので、USBなどを利用して充電できるアダプターみたいなのがあれば、すごく便利になると思います。

また普段はめったに使わないけども、あると便利な機能であるSDカードや赤外線通信、おサイフ携帯機能、ワンセグなどがついていないのは残念なところです。
iPhoneはアイコンが複雑なものが無いので、ガラケーの人がいきなりスマホに機種変するよりは、iPhoneにした方が比較的使いやすいと思います。

丈夫に作られているのか、3年程使っていて、何度も落としたりしていますが壊れた事がありません。

iPhone専用のカバーは他のスマホに比べて沢山あるので色んな種類のものを選ぶ事が出来て楽しいです。バージョンが新しいiPhoneに替えた場合でも、使い勝手が解っているからなんの苦もなく使えると思います。
ガラケーやスマホで当たり前に使えるワンセグ、赤外線やお財布携帯などが出来ないのは不便ではないですが、ちょっと残念です。

もし壊れてしまった場合は安心サポートがないので修理の際、高額になるとのことなので修理をするより買った方がよくなる場合があります。

可愛い特殊文字もiPhoneユーザーにしか送ることが出来ず、他の方に送ると文字化けして何を送ったのか分からない状態になるのでせっかく顔文字のアプリを落としてもiPhoneユーザー限定になってしまうのが残念です。
iPhoneの良い所は、他のスマートフォンに比べて世界中でシェアされているだけあって操作が分かりやすく簡単な所ではないかと思います。

実際に自分もiPhoneを使用していますが、一度使ったらもう他のスマートフォンを使用する気が無いほど気に入っています。

また、アンドロイドと比べてiPhoneの方がアプリが豊富な所もポイントが高いです。有料だけではなく無料のアプリも充実している所が、魅力的に感じます。

また、iPhoneケースの種類も豊富なので自分のお気に入りの物をチョイスすることが出来ます。
iPhoneの悪い所は、故障した時に修理の手続きがややこしい所だと思います。

一回故障した時に契約した携帯電話会社に本体を持っていたのですが、アップル社のカスタマーサービスに連絡して自分で対応と言われたのでとても不便に感じました。

今まで使用していた他の携帯電話と比べても、使用期間が短いのに故障することが多いような気がします。

また、データなども消えやすいのでこまめにバックアップをしておかないとせっかく撮った写真や電話帳のメモリーなどが消えてしまう恐れがあります。
iPhoneの良いところはアップルが全面的に製造やアプリにかかわっていると言うことでしょう。全体的にバグが非常少ないのはそのためであると考えられます。

アンドロイド系のスマートフォンを使っていると良く分かりますが、バグがあったり操作性に一貫性が感じられないような時がよくあります。

そしてもう一つはアップルの審査がないとアプリがダウンロードできないためにウィルスに感染する可能性が非常少ないと言うことが挙げられます。
iPhoneは基本的にはアイチューンと共に使うと言う感じなのですが、ずっとアップル製のパソコンを使っている場合はいいのでしょうが、Windows系のパソコンに慣れた身にはかなり使いにくい感じがします。

もちろんWindows系でも使えないことはありませんが、やはりどうもピンとこないと言う感じを受けてしまいます。

それにアップルだけが製造していることも関係するのでしょうが、日本のメーカー特有の親切がたりないように感じます。世界標準と言えばそうなのでしょうが、少し不親切な感じは否めません。

参考サイト
Apple SoftBank