Android

メリット デメリット
端末の種類が多い 機種によっては操作性がイマイチ
アプリ(マーケット)の種類が多い 機種によっては使えないアプリがある
ウィジェットを使うことができる 機種ごとのハードウェア面の違いが顕著
パソコンと同様にFlashを閲覧できる スパムアプリやウイルスアプリが少なくない
お財布携帯やワンセグなどの機能が付いているものもある ガラケー機能が不要ならiPhoneに対する優位性は低い
SDカードやUSBメモリの読み込みや編集などができる 次から次へと新機種が誕生してしまう
iPhoneよりもカスタマイズ性に優れる 日本では圧倒的にiPhoneのシェアが高い
iPhone以外のスマートフォンはほぼ全てAndroid iPhoneよりもブランドイメージが低い

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
ホーム画面が自由にカスタマイズできることが良いですね。Android端末を数機買い換えていますが、いずれもホームアプリを入替え、使い慣れたホーム画面にしています。

また多くの機種が、Edy、Suica等の各種電子マネーに対応していることも、iPhoneではなくAndroidを選択する理由です。一度使い始めると、コレ無しでは非常に不便です。

多メーカー、多品種の中から、ニーズに合わせて選択できるのこともメリットです。
多メーカーから多品種が発売されている為、内部仕様がバラバラで、使用不能なアプリや周辺機器が出てくるのがマイナス要因。

スマートフォン連携を謳う周辺機器でも、Android端末があまりにも多岐にわたるため、実機検証が甘くなっており、当初「連携可能」だったものが(エラーが出ることがユーザーから発覚し)「連携不可」になったりすることもあります。

また、機種変すると操作性が変わり、慣れるまでに時間を要することが問題でもあります(楽しみでもありますが)。筐体カバーの種類もiPhoneと比べると寂しいですね。
Android の利点は何よりもそのタッチ操作に特化したデザインと操作性に尽きると思います。

従来のガラパゴス携帯においては、キー入力、ボタン操作がメインであるのに対し、AndroidOSはタッチ式で視覚的に操作ができるインターフェースになっています。

それによりこれまでの携帯の可能性を遥かに広げ、また利便性についても飛躍的に進歩させています。

このタッチ式の操作によって感覚的に操作を覚える事が可能となり、従来の分厚い取扱い説明書を読む機会も減り、自分で色々と試しながら操作を覚えていく事も可能となりました。

これは携帯電話をより幅広い年齢層に広げる役割も果たしているのだと思います。
AndroidOSの短所は、OSもアプリケーションもまだ精錬されていないという点だと思います。視覚的に操作ができる点は非常に大きな長所なのですが、その視覚的な操作に対してフリーズが発生する事も多くあります。

一概にOS側の問題ではない場合もありますが、アプリケーションが要求している動作に対してOS側が対応し切れていないケースも多く見れます。

今後はより高度なアプリケーションの登場が予想されるため、それに順応すべく機能や処理をOS側で対応していく必要があると思われます。
端末のカスタマイズの自由度が高く自分好みにすることができることです。例えば電池残量のアイコンであったり、ショートカットのアイコン等自分の好きなものに変えることができます。

またアプリの多さもその魅力の一つです。playstoreには無数の無料アプリがあります。無料のものでもかなり精密に作り込まれていて、日常使うには十分すぎるものが多く存在しています。

またGmailのアカウントがあればPCとの同期も簡単にできるのも良いところです。
Android端末は3つほど使いましたが、どれも安定性に欠けていました。Androidの悪い部分はその、完成度の低さだと思います。

フィーチャーフォンであればありえいような誤作動が度々起きます。ブラウザを閲覧中にエラーでシャットダウンしてしまったり、再起動を繰り返したりという誤作動的なものの頻度が高過ぎます。

使用中にフリーズをして使えなくなることはザラです。大分改善はされてきましたがバッテリーの持ちの悪さも酷いものです。私が使用しているものは色々対策をしてもあ夜までは持ちません。

関連ページ
スマートフォン iPhone
フィーチャーフォン 携帯電話
ポケットWiFi WiMAX
ネットサーフィン ネットショッピング
SNS HEMS
スマートハウス スマートビル
参考サイト
Wikipedia Androidアプリ

このページの先頭へ