ソウル旅行

メリット デメリット
多くの場所で日本語が通じる 場所によっては海外に来ている感じがしない
宿泊費の安いホテルが多い 観光スポットがあまり多くない
物価が安めで様々な商品をお得に購入できる 日本よりも金額が高い商品もある
1泊2日などの短期滞在でも楽しめる 長期滞在だと飽きてしまう可能性がある
本場の韓国料理を食べることができる 日本でも本格的な韓国料理を提供しているお店は多い
日本からの直行便が多く、アクセスが良好である 偽ブランド品を販売している露店が多すぎる
格安のパッケージツアーが多数用意されている 性犯罪の発生率が日本よりもかなり高い
韓国人の中には反日的な人もいるが親切な人も多い 円安で昔ほど物価の恩恵を感じられない

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
都会だけあって、ものすごい数の店舗数なのでショッピング好きな人は楽しめると思います。化粧品やスキンケア商品は安価でも良質なものが多く、美容家のIKKOさんも雑誌でおすすめしているコスメも沢山売り出されています。

化粧品等を購入するとそれ以外に大量の化粧品サンプルを袋に詰めてくれるのでとっても得した気分になります。

街を歩く際も食べ歩きができるソウルフードも多く、なかでもホットックというスイーツがとてもおいしいです。お腹がすいたらやっぱり焼き肉がおすすめです。

注文したもの以外に大量の小皿料理が無料でついてきます。キムチや天ぷら・ナムル等種類が豊富で大満足です。
韓国人からすると日本人はすぐに日本人と分かるらしく、執拗に日本語で話しかけてきます。言葉がままならないまま、覚えた日本語をそのまま使って店先で勧誘してくるので失礼な声かけだったりすると頭にきます。

商品が気に入らなくて買わないと言ったらもうすごい勢いで引きとめてくるのですが、あまりにもしつこ過ぎると引いてしまうほどです。

買う時は買うけど、いらない物はいらないのでハッキリと言ってその場を立ち去るのが賢明です。ソウルは特に都会なので店の数も半端じゃないので声かけもひっきりなしです。
比較的短時間で行けちゃう上に安いので、下手に国内旅行に行くよりもおすすめです。

1泊2日の弾丸旅行にも向いています。物価も安いのでお買いものやエステなどで豪遊することができます。食事も安くておいしくて、量がたくさん出てくるので満足です。

ソウル市内であれば接客業の人は大抵日本語ができるので語学面で不安がある人にも安心です。地下鉄もあるにはありますが、タクシーの方が安いのでタクシーでどこでも気軽に移動できるのも魅力です。
いわゆる観光旅行には向いていないと思います。ソウル市内にある史跡はひとつふたつくらいです。食事もおいしいですが、味が似たり寄ったりなのでいわゆる韓国料理の味が苦手な場合、選択肢があまり他にありません。

どこでもあることかもしれませんが、日本人観光客だと知られるとタクシーや飲食店などぼったくられやすいです。

韓国語ができて、きちんと交渉してくれる人と行くべきだと思います。日本より少し寒いので、冬場に行くのもおすすめできません。
数年前にソウル旅行に行ったのですが、ソウルが大好きです。ソウル旅行の良いと思う点は、まず食べ物がおいしいということです。特に焼肉屋さんが安くてたくさん食べられるのが嬉しいですね。キムチもおいしいです。

また、ソウルには垢すりのお店もたくさんあって、とても気持ちがよいです。

なかなか日本では垢すりの習慣がないので、垢すりをしてもらって出てくる自分のアカを見てビックリしますが、とても気持ちよくサッパリして、一皮むけた感じになるところがとってもいいです。
ソウル旅行の良くない点は、最近は韓国ドラマブームで行く先々で、韓国ドラマのロケ地とかがあるので、またロケ地か、とつまらないことです。

韓国ドラマが大好きな人にとっては、そういう場所に行くと盛り上がるのだと思いますが、韓国ドラマにそこまで熱を上げていない人にとっては、別に通り過ぎてもよい場所なので、私にとっては、あまり嬉しくないなあと思います。

また、そのため最近日本語で話しかけてきてくれる人が多いのも嬉しいのですが、せっかく韓国に至ったのだから、韓国語を話したいものです。
主要な観光地に行くと日本人がとてもたくさんいるので、韓国語を話せなくても、日本語で話しかけてくれます。

とても上手な日本語なので、安心して会話ができます。美容国家と言われる韓国なので、パックがとても多く売っていますし、効果が抜群です。日本で売っているパックとは違い、即効性が素晴らしいです。

私もいくつかパックや美容系のグッズを買いましたが、使っているだけで顔がつるつるになり、白くなるので驚いています。女性には特にお勧めです。
日本語がしゃべれるし、日本円も使えるのですが、その分安心しすぎてしまい、ぼったくられる可能性があります。私は、日本語を流暢に話す店員さんと和気あいあいに話して、いざ商品購入した後、おつりを受け取りました。

その際にまだウォンに換算する前だったので日本円で支払い、おつりはウォンだったため即座の値段が判断つかず、後で考えると5,000円程損していました。日本での感覚で買い物をすると大変なことになります。

また安いからと言って、いつのまにか買いすぎてしまう危険もありますので、金銭感覚や冷静な判断は持ったまま旅をするべきです。

参考サイト
ソウル旅行と観光 Wikipedia