温泉

メリット デメリット
日々の疲れを癒すことができる 人によっては衛生面が気になることがある
大きな浴場でゆったりとお湯に浸かれる 貸し切り風呂は予約が取りにくいことがある
関節痛や筋肉痛などに効果がある 必ずしも温泉の効果を感じられるわけではない
温泉街では日本の伝統や文化を感じられる 一部の温泉街は近代化が進んでしまっている
おいしい料理を出してくれる旅館やホテルが多い 高級旅館や高級ホテルはかなりの高額な出費となる
全国各地に温泉地や温泉に入れる施設がある 一部の施設では子供の入浴が制限されていることがある
都心からのアクセスが良好な地域も多い もちろんアクセスが悪い温泉も多い
秘湯と呼ばれるような場所では非日常感も味わえる 混浴温泉はもうほぼ存在しなくなった

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
温泉というと、やはり普通のお湯とは違って様々な効能がある点が良いと思います。

例えば、筋肉痛や神経痛によく効く温泉というものもありますが、冬の寒い時期ですとただ温泉に浸かるというだけでも心地よいですし、心地よさを感じながら治療にもあるというのは、なかなか類をみない治療法といえるかと思います。

リラクゼーションの効果もありますので、ストレスの軽減にもなるといわれている通り、温泉には治療以外でも娯楽として楽しめるのがよいです。
温泉といいますと、どうしても多数の人が利用する場合が多いですので、衛生面を気にする人もいらっしゃるかと思います。

特にお風呂の出入り口にあるマットなどは、複数の人が利用するので爪水虫などに感染する場合もあると聞いた事があります。

これを防ぐ為には、すぐに再度別な場所で足をよく洗うという方法もありますが、どうしてもそのような場所がない場合もあります。

マットを頻繁に取り替えるという所ならばまだよいですが、そうでない温泉ですと折角いい温泉でも利用はしたくないと思ってしまいます。
湯治目的で温泉に行く人の場合は、なんといってもその効能、健康効果が温泉の一番の魅力でしょう。私の場合は湯治ではなくあくまでリフレッシュが目的ですから、やはり露天風呂のロケーション、景色が大事になります。

温泉大国日本の大きな特長が、その多彩なロケーションでしょう。山奥の秘湯あり、渓流をのぞむ温泉あり、目の前に大海原の広がる岩風呂ありと、あらゆる景色を温泉の中から楽しむことができるのです。

その非日常の景色と温泉のぬくもりほど、日ごろの疲れやストレスをダイレクトに癒してくれるものはないのではないでしょうか。立ち寄り湯が増えましたので、日帰りで気軽に行けるのも魅力。料金が安いというメリットもあります。
温泉には本来、きちんとした入り方というものがあって、それを知らずにいい加減な入浴法をすると、かえって体のために良くないということが起こります。

とはいっても、湯治目的ではなく楽しみのために温泉へ行く場合、事前にそれを勉強しておくとのは、なかなか難しいことです。多くの人が、「入浴法」という発想そのものを持たないまま、自己流で温泉につかっているのだと思います。

そしてその結果、温泉から帰ってきたら体がだるくなったとか、調子が良くないということになりがちです。私も実際に何度かそういうことがありました。効能の強い温泉ほどそうなるような気がします。

つまり「薬にも毒にもなる」のが温泉だと思います。逆効果が起こりがちなところが、温泉の一番大きなデメリットではないでしょうか。
10年前まであまり温泉が好きではありませんでしたが、大分に嫁いだ友達と一緒に温泉に行ったのをきっかけに温泉が好きになりました。

温泉のよいと思う理由は、まずお湯が気持ちよいということです。いろんな効能があるお湯につかると、体がよくなっていくような気持ちがします。また、温かいお風呂に入りながら、景色が見れる露天風呂も最高です。

また、温泉街には、かわいらしいお店もたくさんあるのが好きです。オルゴールのお店だったり、クリスタルの置物のお店だったり、お風呂の後に更に癒されるグッズにたくさん出会えるのも温泉の魅力です。
温泉の良くないと思う理由を一つ挙げるとすれば、やはり裸で入らなければならない点です。

実は私は人前で裸になるのがそれが同性の前であろうととても恥ずかしいのです。確かに温泉は気持ちよいのですが、裸の付き合いをするのは苦手です。

知らない人ならまだよいのですが、よく知っている友達と一緒に温泉に行くのは楽しいことは楽しいのですが、裸を見られるのはとても恥ずかしいのでタオルで隠しています。水くさいかもしれませんが、これはしかたがありません。
温泉の良いと思う点は、様々な健康効果が得られることです。肩こりや腰痛、血行不良や美容効果など、様々な健康効果が得られ、体の芯まで温まることができるのが温泉最大の魅力です。

たいていは、旅行した時に温泉に入る機会が多いと思いますが、旅の開放感とともに入る温泉は格別なものとして心身ともにリラックスすることができるのです。

できることならば、毎日温泉に入りたいくらい体に良いものかと思いますが、そうできないのがもどかしいほどです。なるべく旅行をし、そしてなるべく温泉に入りたいと思っています。
温泉の良くない点は、ついその気持ちよさから長湯をしてのぼせてしまうことだと思います。

温泉とは、確かに健康に良いものだと思いますが、実はお風呂に入るということは、温泉に限らず体に負担のかかる行為です。なので、高齢者の方や体に疾患のある方は、温泉に長時間浸かるのはあまり良いことではないのです。

温泉は良い健康効果ばかりが伝えられて、このような危険性があることはあまり伝えられていませんので、自分が疾患などを持っている時は注意が必要です。何でも、全てが万能ではないということです。

関連ページ
国内旅行 レンタカー
カーシェアリング バーベキュー
ディズニーホテル 東京ディズニーリゾート
東京ディズニーランド 東京ディズニーシー
USJ 管理釣り場
海外旅行 台湾旅行
参考サイト
日本のおすすめ温泉ランキング Wikipedia

このページの先頭へ