ホワイトニング

メリット デメリット
削らずに歯を白くすることができる 保険診療ではないので高額な費用がかかる
副作用などが極めて小さい安全な薬剤を使う インプラントなどの人工歯には効果がない
短期間で歯を白くすることができる 短期間とは言っても2,3日で真っ白になる訳ではない
自分の好みの白さにある程度は調整できる 白さを維持するためには定期的に検診を受ける必要がある
歯が白くなることで相手に明るい印象を与えられる ホワイトニング直後は着色性の飲食物を摂取できない
自分の容姿に自信を持てるようになる 過度に白くなってしまった場合は不自然に見える
削ったりしないので痛みを伴わない 自分でやる場合は毎回の準備が面倒
歯科でも自宅でも行うことができる 歯科で毎回お願いする場合は結構な費用がかかる

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
ホワイトニングのメリットは、自分の歯そのものに対して施術するので、手軽に行えることです。健康な歯を削ったり抜いたりすることがないので、噛み合わせに影響したり、痛みを伴うことも無く、副作用の心配もありません。

歯を別素材でコーティングするような方法と比べると、費用も安く抑えることができるので良いと思います。数回に分けて段階的に施術するため、いきなり真っ白になるのは周囲の目が気になるという人にもおすすめと思います。
ホワイトニングのデメリットは、白さが持続しないことです。あくまで自分の歯についたしつこい汚れを取り除く施術のため、再び汚れがつかないように、自分で持続したケアを続けなければなりません。

また、人工の素材の歯には施術できないため、目立つ位置にさし歯があれば、ホワイトニングした自分の歯との色の違いが際立つので不自然に見えてしまうこともあり、注意が必要です。

施術は数回に分けて行うため、病院に継続的に通院するのが面倒な人や忙しい人には不向きではないかと思います。
友達が歯のホワイトニングをしたので、ホワイトニングについて聞いたことがあります。ホワイトニングの良い点は、やはり歯が真っ白になることです。

友達は50歳を超えているのですが、もともと見た目も綺麗にしていて若々しいのですが、歯をホワイトニングすることによって、歯が真っ白で綺麗になり、また更に若々しく見えるようになったのです。

また、ホワイトニングで歯が白くなったおかげで、歯や口元にも自信がついたようで、いつも大きな口を開けてさわやかに笑っているのがなんともうらやましいなと思いました。
歯のホワイトニングの良くない点はといえば、やはりお金がかかることでしょう。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方があるそうです。

オフィスホワイトニングでは歯医者で歯に薬を塗って光を当ててしてもらう方法で、もちろん保険がきかないので実費です。それはちょっと普通の人にとっては痛い出費です。

また、ホームホワイトニングでは自分でマウスピースに歯を白くする薬を塗って、それを装着して寝るのですが、面倒くさいということと、寝ている間もマウスピースをしなくてはいけないのでちゃんと寝られるか不安です。
ホワイトニングの良いところは、やはり自分の白い歯を取り戻せるところでしょう。私は以前、喫煙者だったので、タバコによるヤニが原因で歯が黄ばんでしまっていました。

数年前になんとか禁煙に成功したため、いまではタバコは吸っていませんが、歯の黄ばみは残ったままになっており、ずっと気になっていました。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉なども使ってみましたが、やはり歯と歯の隙間の黄ばみが取れないままで、ずっと気になっていました。
ホワイトニングの良くないところ、それはやはり費用がかかってしまうことでしょう。

ホワイトニングを行ってくれるクリニックにもよりますが、大体歯1本につき2,000円からという相場ですし、完全にキレイな歯を取り戻すためには3,4回の通院を必要とします。

社会人である場合は、通院の為にスケジュールを確保しなければなりませんし、なによりも上下の歯をホワイトニング施術するとなると、それなりの出費を覚悟しなくてはなりません。

お金も予定も余裕がある場合に、ホワイトニングをしてみるのも良いかもしれません。

参考サイト
Wikipedia 歯チャンネル88