ミノキシジル

メリット デメリット
世界中で育毛対策として用いられている 価格が高い
科学的に有効性が認められている 頭皮のかゆみを発症されることがある
ドラッグストアで購入できる(リアップx5) 摂取しすぎると低血圧になる可能性がある
プロペシアと違い、女性でも使用できる 頭痛やめまいを起こすことがある
プロペシアとの併用が可能 不整脈や動機を起こすことがある
塗るタイプと服用するタイプがある 性欲減退や性的不能を起こすことがある
医師からの処方を受けることもできる 持病によっては服用することができない
効果を実感しやすいと言われている 必ずしも育毛や発毛の効果を感じられるとは限らない

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
ミノキシジルは、男性型脱毛症に効果がある成分として、世界各国で認められています。ちまたにあふれる様々な育毛剤には、効果が不確かなものが多い中、ミノキシジル配合発毛剤には、唯一、確かな効果が認められています。

一部の人には効果がある、全く効果がないものを含めて育毛剤と呼びますが、ミノキシジルを配合したものは医薬品扱いされ、発毛剤と呼ばれています。

抜け毛が減る、髪にコシが出るだけでなく、発毛効果も見込めるので、効果を実感しやすいところがよい点です。
ミノキシジルは、もともとは、高血圧の薬、降圧剤に入っている成分でした。ミノキシジルは、降圧剤の、髪が黒くなる、髪が増えるという副作用を利用した発毛剤です。

ですから、心臓疾患のある人、血圧の薬を飲んでいる人などが、ミノキシジル発毛剤を使うと、副作用で胸が苦しくなったり、血圧に異常をきたすこともあります。

また、皮膚の弱い人がこの発毛剤を使い続けると、頭皮にかゆみや湿疹が出ることもあります。

高齢者は、相対的に持病を持っている人が多く、皮膚のバリア機能が弱いので、副作用を起こしやすいです。60歳以上の人が使うときは、注意が必要な薬です。
ミノキシジルは、今のところ医学的に発毛効果が認められている唯一の成分で、特に男性型脱毛症に有効であると言われています。

薄毛で悩んでいる方はかなりいると思いますので、そういった方達にとってはとてもありがたいのではないでしょうか。

頭頂部だけでなく、回復の難しいと言われている生え際にも効果があるみたいです。とにかく髪を生やしたいならミノキシジル以上に有効なものはないと思いますので、私はミノキシジルは良いと思います。
ミノキシジルの良くないところは、やはり副作用ですね。頭皮の痒み、動悸、低血圧などが副作用として確認されています。また、初期脱毛というものがあって、服用しはじめの頃に抜け毛が増えるみたいです。

これは髪の毛が正常なサイクルに戻るために起こるものなので、あまり心配はいらないみたいですが、抜けると分かって服用するのは少し勇気が入りますね。

ミノキシジルは使い続けないと効果は持続しないので、維持費がかさむという経済的な問題もあります。
育毛剤などに良く使われる成分のミノキシジルは、もともと血管を拡張して血行を促進する効果があり、その効果の延長上として毛包の成長維持作用があり、そのことによって毛髪の成長に効果をもたらしています。

このように、まったく出所の分からないような成分ではなく、ちゃんとした今まで使われてきた薬用成分なので安心だし、効果も期待できる点が良いと思います。また男性型の脱毛にはほとんど効果があるということもすごいと思います。
もともとは発毛のためにあった成分ではなく血管の拡張などに使われてきた成分であるので、そういった効果が強く出てしまうことがあります。動機や低血糖などの副作用が出ることがあります。

また他にもいくつかの副作用が報告されており、頭皮のかゆみ、頭皮の炎症、湿疹、脂漏性皮膚炎などの副作用の報告もあります。

それ以外にも、体重増加やむくみなどを起こしやすく、授乳中の女性は使うことを控えるべきです。このようにいくつかの副作用が報告されており使うことに不安が残ります。

参考サイト
育毛剤比較ランキング リアップ