めがね

メリット デメリット
眼球や角膜に負担をかけずに視力を矯正できる スポーツをする際に不便に感じることがある
いつでもすぐに着け外しが可能 プールや海水浴場で泳ぐ際には外す必要がある
コンタクトレンズと比べるとメンテナンスが非常に楽 レンズが曇ると見えにくくなる
知的に見られることもある レンズの外側は矯正されないため、矯正視野は狭い
フレームの色や形を選ぶことができる 長時間使っていると耳や鼻が痛くなることがある
パソコンやテレビ用のめがねも登場している 紛失や破損などといったアクシデントが起きやすい
昔と違ってオシャレなめがねも多い 視力が変わるとレンズを変えなくてはならない
年齢を問わず使うことができる うっかりどこに置いたか忘れてしまうことがある

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
めがねの良い点は、目に負担が掛からないことと経済的なことだと思います。他の視力矯正、例えばコンタクトレンズは眼球への負担があります。最近流行のレーシックについても眼球への負担が心配されます。

その点、めがねは直接眼球に触れることはないので、長時間掛けていても目への負担が少ないです。

まためがねは経済的にも優れていると思います。コンタクトの場合は、1日や2週間でレンズを交換しなければなりませんし、レンズケア、定期的な眼科への通院とお金が掛かります。めがねは基本的に維持費が掛からないので経済的です。
めがねの良くないと思う所は、日常生活を送る上で、ちょっとした煩わしさを感じることです。ラーメンなどの熱い物を食べるとレンズが曇りますし、レンズがすぐに汚れてしまい何度もメガネ拭きを使うのも面倒くさいです。

スポーツをするなど体を動かす場合には、めがねがズレてしまい煩わしいですし、レンズが割れてしまう事もあります。

それと視界が狭いこともめがねの良くない所です。めがねだと、どうしても左右の境界線の部分が歪んで見えにくくなってしまいます。こうした事があるので、めがねに慣れていない場合だと、目が疲れてしまいます。
めがねは、直接目の中に入れて使うものではありませんので、目の障害を防げるという点はよい点だと思っています。今では角膜に傷がついてしまったり、目が炎症を起こしてしまうなどのトラブルで病院に通っている方も多いです。

その原因は、コンタクトの使用にあると言われていますが、めがねの場合目の中に入れて使用することもありませんので、目を傷つけることなく衛生的に使用できます。

また、好きな時に自由に付けはずしが行える点も便利であると思います。
めがねは衛生的で自由に使用できるというメリットがあるのですが、その反面容姿に大きな影響を与えるという点はあまり良くないと思います。

人によってはめがねが似合わない方も多くいます。そのような方がめがねをつけていると、せっかくの魅力もなくなってしまうこともあるのです。

特にレンズが厚いめがねですと、見た感じから真面目と見られたり、がり勉と見られたりと、あまり良くないイメージを人に与えてしまいます。この点からお洒落な女性にはあまり適していないと思います。
良い点は手軽なところではないでしょうか。コンタクトレンズですと、目の中に入れたり使用後に洗ったりという多少手間がかかりますが、眼鏡は拭くことぐらいで対して手入れをしなくても良いという部分がとても便利だと思います。

また、眼鏡をファッションと捉えた時に、様々なフレームの眼鏡でおしゃれを楽しむことも出来ます。それから、目の調子が良くない時にも眼鏡だったら使えることが出来る点も非常に良い点です。

私はコンタクトレンズを使用しておりますが、必ず眼鏡も一緒に持ち歩いています。
寒い所から暖かい場所へ行った時に、眼鏡が曇って何も見えなくなってしまう点が不便だなと思います。時々そういった状況に陥ってしまうことがあるのですが、周囲に人がいた時などはとても恥ずかしい気分になります。

上記と同じで、雨が降った時にレンズが雨粒で濡れてしまうという部分も悪い点だと思います。それから、運動をする時には眼鏡が上下したり、汗で下がってきてしまったりとなかなか競技に集中することが出来なくなってしまいます。
まず、コンタクトに比べて手入れの手間や時間、費用がかからないこと。

コンタクトは毎日はずした後にこすり洗いや消毒したりの手間と消毒液を買わないといけないし、使い捨ての場合はその手間はかからないけどその分コストが高くつくということがあるけど、めがねはかけて外すだけ。手間なし楽ちんです。

また、ファッションや場面に合わせて着替えることができること。最近はずいぶん安くめがねを作れるようになって、気軽にいくつか目的に合わせて使い分けることができて楽しいなあと思います。
まず、かけたままだと不便なことがあることです。例えば着替えのとき、めがねをかけたままだとタートルネックのものは脱ぎ着できません。

美容院では眼鏡のままカットしたりシャンプーしたりはちょっと無理なのではずします。鏡にうつった姿がぼやけたままでちょっと不安です。

花粉や感染症対策でマスクするとき、いくら鼻にフィットするマスクでも、やっぱり眼鏡は曇ってしまいます。

あとは、良い点とは逆のことになってしまいますが、眼鏡だとどうにも決まらないファッションがやっぱりあること。

カジュアルやビジネスはいいんだけど、ドレスアップする場面にはどうにも合いません。なので、こんなときはコンタクトに限ります。

参考サイト
JINS 眼鏡市場