ジョギング

メリット デメリット
ダイエット効果がある 足首や膝に負担がかかる
生活習慣病の予防になる いきなり負荷を高めると怪我につながる
心肺機能が強化されて疲れにくくなる 継続するのが大変
血行が良くなり、冷え性が改善される 空気の汚い場所(車の通りが多い場所)には向かない
身体が引き締まって魅力的な体型になる 女性の場合は体脂肪を減らしすぎると健康に良くない
いつでもどこでも行うことができる 水分をちゃんと摂らないと脱水症状を引き起こす
スポーツをする前のウォームアップに最適 短期間で劇的な身体の変化を感じることはできない
スタミナを鍛えることができる ある程度の時間を取る必要がある

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
ジョギングにより、足腰への刺激があり、血流も良くなりますし、健康維持の為に一日30分程度のジョギングは健康面で様々な恩恵があると言われています。

有酸素運動は20分程で脂肪を燃やしてくれますし、継続により必ず身体を元気にさせる効果があります。

身体を動かせば、血行が改善され肩こり緩和、冷え性改善、高血圧など生活習慣病の予防にもなります。ジョギングにより心肺機能が強化され、疲れにくくなる上に、汗をかけば塩分カットもされるなど、良い影響だらけです。
ジョギング継続しようと思えば外に出なければいけません。寒い日・暑い日でも続けるのは大変ですし、外を走るジョギングは紫外線ダメージがあります。それと走る場所を考えないと悪影響があります。

例えば車通りの多い所でジョギングを続けると、肺に悪い空気を吸い込みすぎてしまうなどあります。女性の場合、バスト・ヒップを揺らし過ぎて垂れてしまう事もあります。

そしてジョギングは確実痩せますが、継続を辞めるとリバウンドが起こるので、継続する必要があるのは、かなりハードルが高いです。
私がジョギングを始めたきっかけは、ダイエット目的でした。ジョギングを始める前には、食事制限やダイエットサプリメントを摂取していました。

食事制限は、空腹に耐えられなくなり挫折してしまう事が多く、ダイエットサプリメントは金銭的に負担になっていました。

その点、ジョギングは走る場所と自分のやる気さえあれば金銭の負担も無く、自分のペースで目標を設定しながら行えるというメリットがるので、私はジョギングを始めました。
ジョギングはダイエットや健康維持の為に良いと言っても、急に始めると体に負担が掛かり過ぎてしまうというデメリットがあります。

今まで運動していなかった人が、いきなりジョギングを始めると膝や足、腰等を痛めてしまう事があります。

ダイエットや健康維持の為に良かれと思って始めたけれど、逆に体を壊してしまった…。というような事があるのです。それでは、元も子もありません。

徐々に体を慣らして行く必要があるので、直ぐにでも始めたい人には不向きかもしれません。
ジョギングは体力を維持したり体力をつけたりするのにとても良い運動です。ジョギングは誰でも出来る簡単な運動でありながら効果が高いのもいい所です。

有酸素運動でもあるのでダイエットに向いているのもジョギングが人気のある理由でしょう。

特別な準備も必要無くすぐに出来る事もいいと思います。足腰の筋肉もつきますしお尻も引き締まってスタイルも良くなります。ジョギングをすればたくさんの効果を得る事が出来るのでジョギングは素晴らしいです。
ただジョギングをするだけでは足を痛めてしまったり怪我をする可能性が高いのであまり良い運動とは言えません。

アスファルトの上を走るのは下半身に負担が大きすぎるのであまり良くないです。一度足を傷めるとなかなか治りません。歩く事も大変になります。

足を痛めるリスクが高いのがジョギングの悪い所です。心肺機能もダメージを受ける事があります。息切れするようなスピードで長い時間走る事は体に悪いです。簡単な運動ですが気をつけないといけなことが多いです。
ジョギングは、日常の運動不足の解消や、心肺機能の向上に役立ちます。適度なジョギングを習慣づけることで、体内に溜まった余分な脂肪の燃焼を助け、メタボリックシンドロームや生活習慣病の防止にも役立つと思います。

軽いジョギングは運動強度的にも脂肪燃焼を助ける為に大変効率の良い有酸素運動だと言えると思いますし、足を使うことでむくみの解消にもなると思います。

適度な運動は疲れやストレスの解消にも効果があり、大変健康的な運動習慣と言えると思います。
ウォーキングに比べて負荷が大きいので、膝やかかとなどへの衝撃が大きく、関節を痛めてしまうリスクがあると思います。長時間かかとへの衝撃が続くと、血液内の赤血球が破壊され、鉄欠乏性貧血を招くこともあります。

またジョギングのしすぎで体脂肪を減らしすぎてしまうと、体のホルモンバランスを崩したり、女性の場合には月経の停止などのリスクもある為十分な注意が必要です。

また、適度な強度を守らなければ脂肪の燃焼効率も上げられない為、減量の際などは気をつける必要があります。

参考サイト
Wikipedia ジョギングシミュレーター