インプラント

メリット デメリット
健康な歯を削る必要がない 手術が必要となる
噛む際の違和感が少ない 最短でも6週間以上は治療が必要
かみ合わせの力(咀嚼能率)が高い 骨の量が足りない場合はできないことがある
自分の歯に近い見た目 数十万円もの高額な費用がかかる
適切にケアすることによって長持ちする ケアを十分にできない人には向いていない
仮に抜け落ちても再び入れることが容易 ケアのために定期的に歯科へ通う必要がある
特に大都市にはインプラント対応歯科が多数ある インプラントを扱っていない歯科もある
芸能人にもインプラントをやっている人は多い 後遺症が残る可能性が0ではない

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
インプラントの良い点は、入れ歯やブリッジと違ってほとんど手間がかからないところだと思います。入れ歯やブリッジは外したりしてケアをする必要がありますが、インプラントの場合には普通に歯磨きをするだけ良いのが魅力です。

またインプラントは普通の歯とほとんど変わらない感覚でご飯などをかんで食べる事ができ、ご飯をきちんとおいしく感じる事ができるのもとても嬉しいポイントだと思います。自分の歯に近いのが最大の魅力ですね。
インプラントの最大の良くない点は、やはり料金がとても高い事だと思います。なのでやりたくてもできないという方も多いでしょう。

また、施術にかかる負担や時間も長く、状態によってはインプラントには向いていない人もいるというのが難点だと思います。

もっと誰でも気軽にインプラントができるようになったら良いのになあといつも思っています。せめてインプラントにも保険がきくようになってくれたらもっと良くなるのにと思っています。
インプラントのメリットとしては、まず安定したかみ合わせが長期間維持できることです。また失った歯の数が多くてもそしゃく能力を回復させることが可能です。

歯なので見た目も大切ですがインプラントは限りなく自分の歯に近い外観を作ることもできますし、機能の面においても、もともとの自分の歯のような感じでそしゃくすることが可能になります。

適切なケアを行っていけば長持ちするものですし、またやり直しも比較的容易なので、歯の治療法としてはとても有益だと思います。
インプラントのデメリットとしては手術自体は1日で終わりますが、治療そのものには比較的長い時間がかかってきます。最近の場合でも最短で6週間はかかることが多いです。

また、ごく少数ではありますが手術に適応せず手術そのものが受けられない人もいます。

これが一番のデメリットですが、費用がかかります。保険の適応外なのですべて個人の実費になりますし、またその料金は歯科医院によって決められますので、非常にさまざまな料金になります。
インプラントのメリットは、自分の歯を使わずに骨に埋め込むため、咀嚼する刺激が骨の衰退を防止するということです。

また、ケアがしやすく長期的に長持ちします。例えインプラントした歯が抜けても、すぐにまた埋め直すことが可能なのです。何よりもガッシリ埋めるため、噛み合わせが安定します。

神経を抜いた歯などは、ややもすると刺激を感じなくなるため、顎の筋肉が退化したりしますが、インプラントだと自分の歯に近い外観や形成が可能なので、実際に自分の歯を使っている感覚で使えます。
インプラントのデメリットは、それなりの歯を作るため、通院が長期になるということです。自分の歯に近いものを作ってもらうのですから、長期的な通院も仕方がありません。

また、最大のデメリットは費用がかかるということです。一本何十万などという高額になりますので、金銭的に余裕のある方でなければとてもではありませんが、インプラントはできないでしょう。

更に自分の歯ではないため、定期的に医院でのメンテナンスをしなければなりません。
入れ歯に比べて、自分の歯の感覚に圧倒的に近いことです。咀嚼する力も自分の歯と変わらないので、堅いものも食べられます。

また入れ歯にすると毎日のメンテナンスに時間をとられますが、インプラントは自分の歯と同じ歯磨きで対応可能です。

歯が抜けて入れ歯にすると、口元にしわがはいりどうしても老人に見えてしまいますが、インプラントにはその心配がありません。また入れ歯により発声が悪くなることがありますが、インプラントにその心配はありません。
デメリットは大きく二つあります。一つは治療費の高さです。一本20-30万円で保険がききません。10本入れれば300万円です。高額所得者には問題ない額ですが、年金生活者にとっては、簡単に払える額ではありません。

第二の問題は医師の治療技術によっては、失敗して血管を傷つけたり後遺症の残る可能性があるということです。近年インプラントの失敗による訴訟が起きています。

せっかく高額の治療費を払って、失敗して裁判にお金を使うようでは、どうしようもありません。

参考サイト
Wikipedia 歯チャンネル88