ハードコンタクトレンズ

メリット デメリット
角膜への負荷が比較的小さい 角膜に負荷が全くかからない訳ではない
ゴミが入ったらすぐに分かる 割と簡単に落ちるため、装着時などに落としやすい
日々の手入れ(洗浄)が簡単にできる 慣れるのに時間がかかる
強い近視や乱視の矯正も可能である 曲げることができない
ソフトレンズよりも寿命が長い 強い異物感を感じる人もいる
ソフトレンズよりも付けたまま使える目薬が多い 充血すると目立ちやすい
使い捨てではないのでコストパフォーマンスに優れる ソフトレンズと違って使い捨てタイプがない
ソフトレンズよりも目の乾燥を防げる 使い捨てタイプのソフトレンズよりもメンテナンスが大変

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
ハードコンタクトレンズが良いのは、目にトラブルが生じた時にすぐに違和感があり、早期に発見できるところです。ソフトコンタクトは違和感を感じにくいため、目の病気が進行してからやっと気が付くという話を聞いたことがあります。

また、ソフトコンタクトレンズに比べてコストパフォーマンスも良いと思います。私はソフトからハードに変えたのですが、手入れもとても楽ですし、大抵の目薬は、装着したまま使用可能なので、とても便利だと思います。
悪い点は、ソフトに比べてなかなか目に馴染みにくいということではないでしょうか。

また、時々黒目の部分から離れて白目の方へ動いてしまったり、目が乾きすぎた時は目からぽろっと落ちてしまったりすることがあります。風が強い時は、ほこりやごみが目に入ってしまうため、とんでもない痛さに悩まされます。

また、ソフトですと使い捨てがあるためプールで利用できますが、ハードの場合使い捨てがないため、プールでの使用は出来ないのことが難点です。
ハードコンタクトの良い点は、小さいので角膜が酸素を取り入れやすいということです。そのため、眼病になる可能性はソフトコンタクトよりも低いでしょう。目に何らかのトラブルがあった場合は痛みを感じるのですぐに分かります。

もし眼病になってしまった場合も、初期の段階で異変に気付くことが出来るので悪化する前に治療を始めることが出来るでしょう。ソフトコンタクトに比べて目に優しいのです。

また目薬などもハードコンタクトであれば多くの種類を使用できる点もメリットの一つだと思います。
ハードコンタクトの良くないと思う点は、まず痛みを感じやすいことです。目に異常があった場合は痛みを感じるので、目のトラブルを早い段階で気付くことが来ますが、ホコリや砂が少し入っただけでかなりの痛さを感じます。

風が強い日などはまともに目を開けて歩けないこともありました。このような点に関しては痛みを感じないソフトコンタクトの方が良いと思います。

また、ソフトコンタクトに比べて装着時にゴロゴロとした違和感があるので慣れるまで大変です。また落としやすいということも良くないと思います。
ハードコンタクトのメリットは、何といっても目の健康を害さないことです。ソフトコンタクトに比べて酸素の透過率が高いので、目が酸欠にならずに済み、安心です。

なお、ソフトコンタクトは1日使い捨てタイプでない限りは、数日に1度指の腹でゴシゴシとこすり洗いをしなければならないのでメンテナンスが面倒ですが、ハードコンタクトは洗浄液に漬け置くだけなので手間要らずです。

また、強度の乱視や近視の矯正に向いている点や、目薬の選択肢が幅広いのも長所と言えます。
ハードコンタクトのデメリットは、装着しづらいことです。眼球全体に吸いつくような装用感のソフトコンタクトに比べるとかなりの異物感があり、目が充血してしまったり、強く痛みを感じて使用を諦めてしまう人も少なくありません。

外で使用して目にゴミなどが入った時の違和感もソフトコンタクトより強く不快なため、スポーツ時の使用には不向きです。

また、柔軟性のない素材のため破損しやすかったり、レンズのサイズが小さいため落としやすいという短所もあります。
酸素を取り込めるので目に優しいという点です。ハードコンタクトをしていると、目の中で結構動いています。動いているという事は、目に密着していないということなので、酸素や老廃物がうまく交換出来ているということです。

更に傷がつきにくく長持ちしやすいという点です。半永久とまではいきませんが、ソフトなどと比べると明らかに傷などがつきにくいので、長持ちします。目にも優しいし、長持ちするなどがハードコンタクトレンズの良いと思う点です。
良くないと思う点は、目の中で動くためゴロゴロと不快感を感じるという事です。慣れるまでは本当に違和感があり、私の場合は本当に辛かったのを思いだします。

充血しやすい目の持ち主なので、目が充血しやすい人には辛いと思います。後は外れやすいという欠点があります。

なので、スポーツや動きの激しい仕事などには向きません。下手をしたら瞬き程度でも外れることがあるので、本当に注意が必要だと思います。なので動きの激しいことをする人には向きません。

参考サイト
Wikipedia メニコン