コンタクトレンズ

メリット デメリット
めがねなしで視力を矯正できる 目に負担がかかる
スポーツをする際には特に便利 正しい利用方法をしないと、病気になる可能性がある
ハードレンズとソフトレンズの好きな方を選べる 目にゴミが入るとレンズも外さなくてはならない
雨や湯気などの影響でレンズが曇ることがない 涙の量が非常に少ない人は使うことができない
強度の近視を矯正する場合でも視野が広い 落としてしまうリスクがある
顔の印象やイメージが変わらない 使い捨てだと特に割高に感じることがある
使い捨てならメンテナンスも手間がかからない 装着したまま寝てしまうと眼球に大きなダメージを与える
慣れればすぐに着脱できるようになる 慣れるまでは異物感を感じる

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
コンタクトレンズの良い点は、なんといっても装着感がほとんどなく、感覚としては肉眼に近い感覚で視力を上げることができる点だと思います。

眼鏡に比べて装着による疲れは少ないと思いますし、ある程度の強度の運動でも特に問題なく装着し続けることが可能です。

眼鏡の場合は、長時間の装着で耳にあたる部分が痛くなったり、鼻あて部分に汗が溜まったり、肌に跡が着いたりすることがよくあり不快感を覚えることもしばしばですが、コンタクトレンズはそうした装着時の不快感が少ないと思います。
使用法や衛生管理に注意を払う必要があり、使い方によっては目に傷をつけたり、炎症を起こしたりするリスクがあります。最近の商品では酸素の透過率もかなり向上していますが、長時間の使用はやはり目に負担をかけることとなります。

正しい使用法を守る為には適度な頻度でのレンズの買い替えや、ケア商品の継続購入が必要な為、ランニングコストが高いのが難点です。

また、使用期限も数年はありますが、やはり消耗品で耐久性も低いため、ストックがないと災害時などには困る可能性もあります。
コンタクトレンズは、付けているかどうかが他の人には判りません。メガネの様に常にどこかで気になるという事はあまりありません。裸眼の様な感覚で弱い視力を補えるのは、コンタクトレンズが一番手っ取り早くいです。

メガネでは、とても視力の弱い方だと非常に厚いレンズを使用しなければならず、重くて煩わしいですが、コンタクトレンズではその様な煩わしさは、殆どありません。

更にメガネと比べると、気温変化などで曇ったりしないのも大きな利点です。
扱いが非常にデリケートであり、落としたりしたら絶望的です。慣れるまで直接目に入れるという行為はとても難しく、毎日数度取り外しの為に物凄く神経を使う事になります。

慣れていても、直接目に触れる物である為、目を傷つけるリスクが常に伴います。

眼科などで定期的に検査をしなければならず、普段の便利さの代償として、その分時間を取らなければなりません。人によっては定期的に目薬などで眼球に潤いを保ってやらなければ、乾燥しやすく、痛みを伴う場合があります。
コンタクトレンズは、めがねをかけるというわずらわしさがないので、特に女性にとっては必要な物です。なぜなら、めがねをかける必要がなければ、アイメイクなど、好きなようにお化粧ができるからです。

そして、現実、めがねをかけていないほうが美人に見え、男性にも人気があります。

最近では、眼に潤いを与えるタイプの使い捨てコンタクトレンズなど、眼に優しい商品も発売されています。私自身、普段はめがねをかけていますが、出掛ける時には、外見を意識してコンタクトレンズを使用しています。
コンタクトレンズは、めがねをかける、というわずらわしさがないので、とても便利な商品ですが、眼にとっては、決していいものではありません。

特に、アレルギー体質の人は、コンタクトレンズを眼に入れる事によって、角膜が傷ついてしまうことが多々あるからです。

生活に不規則な人などは、コンタクトレンズの装着時間が長くなるので、眼には最悪です。どんなに眼に優しいタイプのコンタクトレンズでも、眼にとっては異物です。継続しての使用は、眼へのトラブルを与える可能性が大きくなります。
コンタクトレンズは、目に直接レンズを入れていくため、メガネをかける必要がないという点がよいと思います。

メガネをかけると、その方が持っている個性が消えてしまうこともありますが、コンタクトの場合には見た目に影響を与えませんので、個性を消すこともなく自分らしいお洒落を楽しむことができます。

またコンタクトにはカラーが入っているものもありますので、装着することで気軽に自分の雰囲気を変えられるほか、ファッションに合わせて最適なカラーコンタクトを使用することもできます。
コンタクトレンズは、直接目に入れて使用していくため、目の病気にもかかりやすくなる点がよくないと思います。

忙しいと、帰宅したときにそのまま眠ってしまうこともありますが、コンタクトを使っていると外してしっかりと消毒をする必要もあり手間もかかってきます。

コンタクトの場合には、目に病気を持っている人は使用することはできませんので、人によって適性があるという点もよくないと思います。

またいつも衛生的にコンタクトを使用するために、消毒液なども購入しなければならず、毎月結構な出費になる点も余り経済的だとは思えません。

参考サイト
Wikipedia アキュビュー