有限会社

メリット デメリット
いつでも株式会社への移行ができる 現在は新たに有限会社を設立することができない
取締役と監査役の任期を無期限に設定できる 株式会社と比べて信用度が低く見なされることがある
決算公告の義務がない 一般的に零細企業というイメージを持たれる
休眠会社のみなし解散が適用されない 株主間の株式譲渡を制限することができない
歴史のある会社だと見なされる 株式移転や株式交換ができない
有限会社は減少していく一方なので珍しがられる いつか強制的に株式会社へ移行させられる可能性がある
資本金が極めて小さい株式会社よりは信頼度は高い 株式会社と比べると古くさいイメージを持たれる
全国的に見ても有限会社はまだまだ多い 会社というよりも家族商店的なイメージも強い

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
平成18年5月1日に会社法が改正されたことで、新規での有限会社の設立ができなくなりました。

基本的には有限会社法がなくなったということなので、現在『有限会社』であるということは、一見すると、社歴が長い印象を与えることができる点がメリットだと思います。

まだ、改正から10年もたっていないので、それほど長い印象を与えることはできないかもしれませんが、会社法の改正により資本金が1円からでも設立できる株式会社よりも、事業内容によっては、断然信頼感があると思います。

その証拠に、不幸にも休眠会社となってしまった有限会社を買い取り、登記を手続きしなおして存続させる人や、小さな株式会社が、こぞって資本金を増資して、見かけ上の会社をより大きくしていることからも分かります。

しかしながら、決算公告不要(ネット公告も含めて)ですし、役員に任期がないので、手続き的にも運営が楽ですし、コストもかからない点は魅力だと思います。
有限会社の良くないと思う点としてあげられるのは、第一に印象として(特に地方での)スモールビジネスとしてとらえられてしまう点です。

かつては、運営のしやすさから、個人での設立が乱立したため、“街の商店”のような家族経営のビジネスと同一視されてしまうというイメージは、まだまだあると思います。

あまり、会社法に詳しくない人々の中には、根強くイメージとして残ってしまっています。

また、資本金が300万以上という制限(つまりは300万円の有限責任ということ)があったため、「この不景気ですから、取引の際に倒産してしまった時のリスクも考えないとな…」といったネガティブな思考が働きます。

そのため、取引の際に(特に新規での)マイナスに働いてしまうこともあります。事業内容によっては決定的なダメージになってしまうと思います。
役員の任期が株式会社は最大10年なのに対して、無制限なので役員が変わらない限り、登記を変更する必要はありません。

登記の手続きをする手間が省かれ、コストがかからずに済みます。株式会社は決算公告や会計監査が義務付けられているのに対し、いづれも義務付けられていないので良いと思います。

また、平成18年5月1日以降、有限会社は設立できなくなりました。つまり、有限会社であるということは、それ以前から存続していることになり、社歴が長く信頼できるという印象をもたれます。
自由な機関の設計ができなく、取締役会、監査役会、会計監査人、委員会、会計参与等は設置できません。株主間の株の譲渡は自由ですが、株主以外の者に株を譲渡する場合は、承認が必要になってきます。

また、株主間の株式の譲渡についての規定を定めることもできません。有限会社を存続会社または事業継承会社とするような吸収合併、吸収分割は認められていません。

株式交換や株式移転もできないため、複数の事業会社を統括するような会社の設立には向いていないと思います。
現在は有限会社が設立できないので、既に有限会社として活動をしておられる場合、自社も株式会社にするかどうかで悩む場合があると思います。

しかし、有限会社のままで運営をしていく方が何かと楽なのではないでしょか。特に役員の任期がないのは大きな魅力であると思います。

株式会社の場合は役員の変動がなくても2年に1度は手続きが必要ですし、金額も10万円程かかってしまいますが、有限会社にはこれがありません。

また、決算の公告が必要ないのも手間や費用を抑える事が出来るのでメリットと呼べるのではないでしょうか。
いつの時代からか分かりませんが、有限会社は反社会的勢力の隠れ蓑、いわゆるフロント企業であると思っている方が多いような気がします。

いずれにしても、後ろめたさがなく、まっとうな商売を行っているのであれば堂々としていれば良いでしょうが、一部の方だけとは言え、やはり悪いイメージが付いている企業形態よりも、株式会社の方が信頼を得やすいと思います。

特に有限会社でいることへのこだわりがないのであれば、株式会社にする方が良いかと思います。

また、銀行や国の貸付制度を利用する際にも、株式会社の方が信用してもらいやすく、申請が通りやすいと言った話もよく耳にします。やはり信用度は株式会社に劣ってしまうのは大きなデメリットではないでしょうか。

参考サイト
Wikipedia コトバンク