プラチナカード

メリット デメリット
ステータスが高い 年会費が高い
自動付帯の旅行保険の補償額が高額 招待制のカードは自ら申し込むことができない
サービスや特典が充実している ブラックカードよりはステータスが低い
ポイントやマイルについて優遇がある 一部の特典は利用しない人にとって何の魅力もない
空港ラウンジを利用できる 金銭目的の犯罪に巻き込まれやすくなる可能性がある
昔よりは取得しやすくなっている 年会費の安いゴールドカードで十分なケースが多い
自ら申し込めるプラチナカードもいくつかある プラチナカードを複数枚持つメリットはあまり無い
経済力の証明にもなるので異性の気を惹ける可能性がある クレジットカードに全く興味を示さない人も少なくない

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
プラチナカードは大変利便性が高い上、ステイタスの高さを表せるところが魅力だと考えます。

しかも、そのメリットは多岐にわたります。ホテルやレストラン、スポーツクラブなどを優待料金で利用できたり、国内外における旅行傷害保険の保障も充実しています。

特に、海外旅行をする時には、プラチナカードがとても有用だと思います。例えば、世界各国の空港ラウンジが無料で利用できたり、トラベラーズチェックの発行手数料が無料になったりします。

その他にも、提携航空会社の航空券を特別料金で購入できたり、年中無休のコンシェルジュサービスを受けることも可能です。

更に、プラチナカードの一般的な使用限度額は、500万円程度と言われています。ショッピングやグルメ、レジャーなどの支払いを十分にまかなえるところが、大きなメリットだと感じます。
プラチナカードは、一枚持っていると非常に便利なものだと思います。しかし、残念ながらいくつかのデメリットも存在します。

まず、通常のカードに比べて年会費が高いことが挙げられます。プラチナカードの年会費は、3~5万円に設定されているところが多いのです。

中には、10万円の年会費を支払うカードもあります。ですから、プラチナカードをあまり使用しない場合にはやや損をすることになると思います。様々な優待サービスの恩恵を受けられないまま、高額な年会費を支払うことになるからです。

また、海外旅行などでプラチナカードを利用すると、一定のステイタスと財産があるとみなされます。

それが裏目に出て、強盗や誘拐の標的になる可能性も否定できないと考えます。これもある意味では、デメリットと言えるのではないでしょうか。
プラチナカードを持っているということは、それなりの収入があり、返済能力があるという印のようなものなので、ステータスシンボルになることです。

それに、旅行に行ったときの補償額も違って来て、より安心した旅行ができるところにもその良さがあります。

なかなか予約がとれないレストランでもプラチナカードを持っていると、案外すっと予約が取れたりするところも良いです。クレジットやキャッシングの額が多いことも言うまでもなく、高くて便利です。
良くないと思う点は年会費が高いことです。年に3万以上かかるので、それだけの意味があるのかどうかが疑問です。

クレジットやキャッシングの額が大きいのですが、どちらにせよ、自分で返さねばならないので、それだけの現金が必要になること自体、起きないほうが確立として高いと思います。

プラチナカードを持っているという優越感に浸るには年会費が高すぎると思います。年会費など平気な、本当の富裕層に向けたカードであり、普通の生活を送っている者には必要性を感じません。
プラチナカードの良い点はゴールドカードでは受けられない様々な特典が受けられる点です。例えば提携ホテルの部屋をアップグレードしてもらえたり、空港のラウンジが無料で利用できたりすることです。

そのほかにコンシェルジュサービスといって、航空券やホテルの予約のサポートをしてもらうことができたり、海外旅行保険も一般のカードやゴールドカードより手厚くカバーされていることが、特徴です。

プラチナカードは出張や旅行が多い人にはかなり便利であることが良い点です。
良くないと思う点は、年会費が高いことです。例えば三井住友プラチナカードの年会費は52,500円です。通常のゴールドカードでも10,000円なのでかなり高いです。

かなりリッチな人で、海外出張や旅行が多い人なら52500円の元をとることができるかもしれません。ホテルをアップグレードしてもらったり、海外旅行保険だけでもバカになりませんし。

しかしほとんどの庶民には、プラチナカードを持ったところで単なる無駄遣いに終わってしまいそうです。
プラチナカードの良いと思う点は、限度額が大きいということとサービスがきめ細かいということです。通常のカードとは違って、限度額を1000万円などに設定してもらえるので余裕を持って使えます。

また、プラチナカードですと専用のサポートを受付ける電話があるため、対応も素早く話し中で待たされるといったことは経験したことがありません。

他にも保険の内容が充実しており、怪我や病気の際だけでなく飛行機が遅延した場合やカードで購入したものに対する保険の限度額が高いなども安心できる点です。
プラチナカードは付帯保険が充実したり、情報提供をしてくれるデスクがあったりしますが、保険は別口で入っていたり、情報提供などのサービスもそれほど使わないという人にとっては、特別に魅力的な要素というのは少ないです。

限度額という点から見ると、ゴールドカードなどよりはるかに大きい額となっていますが、こういった額だとカードで払う機会も少なくなってくるので、その点で困ることもそうそうないです。

こう考えると、わざわざ年会費を多く払ってまで必要な物かは疑問符がついてしまいます。

参考サイト
トラクー 三井住友プラチナカード