個人事業主

メリット デメリット
仕事の内容を自分で自由に決めることができる 株式会社と異なり、債務は無限責任
勤務時間や勤務場所も自分で決めることができる 自制できないと怠けてしまう可能性がある
会社員と違って人間関係に悩まずに済む 人とほとんど合わなくなってしまうこともある
大きな利益を上げられる可能性がある 全く売上が立たないことがある
法人と比較すると税務手続き等が簡単 自分で確定申告をしなくてはならない
法人化も選択することができる 失敗して廃業しても雇用保険がないので厳しい状況になる
昔よりもはるかに少ない資本で事業を始められる 事業計画をしっかりと練る必要がある
自分の好きなことを仕事にすることができる あまり好き勝手にしていると周囲から妬まれることもある

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
個人事業主のメリットは、就業時間や休みなど、予定の融通が効くところです。顧客に対しても会社の指示ではなく、自己判断で仕事を受ける・受けないの判断ができますので、ストレスが少なくて済みます。

また、青色申告をしておけば最大で年65万円の税所得控除を受けることもできるため、お得です。

また、経費についても控除の対象になるため、旅行や書籍の購入、インターネットの接続料金なども事業のための調査に必要な費用であった説明ができるものであれば、節税につながるのも魅力です。
個人事業主のデメリットは、収入が保障されていないため生活が不安定なことです。

月々の収入が安定している会社員に比べ、平均より稼げた月の収入をプールして収入の少ない月の生活費に充てるなど、計画性をもって自己管理する能力がなければ生活に支障をきたします。

また、事務的な面で言うと確定申告が毎年必要なので、日々の収支をもれなく帳簿につけ、損益計算書や貸借対照表を提出しなければならないため手間がかかります。

経営者本人に知識と時間の余裕があればよいのですが、そうでない場合は税理士等に依頼することになり、費用がかさんでしまうのでやっかいです。
個人事業主の良いと思う点は、人間関係の上下がないことと、出社する必要がないことです。

組織に属するということは、はからずも半強制的に上司、部下、の関係が出来上がりますし、通勤で朝、満員電車に揺られて会社に行くこともありません。

生活は自分で自制しなければならない点があるにせよ、私は個人事業主は会社員よりも自由度が高い職業だと思っています。

仕事も自分のペースで進められますし、個人事業主は組織に向いていないなと思う人にとっては、理想的な職業ではないでしょうか。
良くないというか、マイナスになるかもしれない意見ですが、個人事業主は厚生年金に入ることができません。

保険もそうです。国民年金、国民健康保険に入るしかないので、自腹での支払いになります。会社に勤めていれば折半できますが、個人で仕事をしている場合は、必然的に年金・保険の支払は全額自腹で払わなければなりません。

また、自宅で仕事をする場合、人付き合いがなくて良いとは思わないことです。

メールや文章でのコミュニケーションはもちろん取らなくてはいけませんし、クライアントともその都度、仕事の打ち合わせをしていかなくてはなりません。個人は個人で厳しい面もたくさんあります。
私は以前、脱サラで自営の小売業を8年ほどやっていたことがあります。つまりその間は「個人事業主」でした。

その良いところは、一言でいえば「絶対自由」ということです。店づくりに始まり、営業形態、コンセプト、商品選び、仕入れ方法、価格、営業時間まで全て自由に決められるわけです。

私の場合、最初の1年は年中無休でやりましたが、2年目からは毎週定休日を設けました。営業時間も季節によって微妙に調節しました。こういうことは個人事業主でなければできないことです。

小回りがききますから、店のレイアウトでも仕入れる商品の変更でも、思い立ったらすぐに実行できる、というメリットも大きいと思います。
個人事業主は、自由です。けれどそれは全ての責任を自分で負わなければならないということでもあります。

体調が悪くても、代わってくれる人はいません。入院するような状態でない限り、這ってでも店を開けていました。責任の大きさは、ミスやトラブルが起きたときも同様です。全て自分で処理、解決しなければならないのです。

つまり、常にリスクに身をさらしている、とも言えます。そのためにも、日ごろの健康管理を含めて、常に自分を律しつづけるだけの強い意志が必要です。

「なまけたい」という気持ちが少しでも表に出た瞬間、個人事業主としての資格を失ってしまいます。そうとうな覚悟がなければできないし、ストレスをためやすく、リスクの大きいのが個人事業主の良くないところです。
個人事業主というのは、自らが会社の頂点であり自分の思いを即座に反映させる事が出来て、上手く頑張る事が出来れば天井知らずで発展していく事も可能であります。

同じ事をしていても、雇われの身で得る報酬と自らが個人事業主として得る報酬では、雲泥の差がある事が多いです。

何もかもを自分の好みで展開出来、その反響もダイレクトに受ける事が出来る為、非常にやり甲斐のあるもので、同じ働くのであれば、自ら独立して個人事業主になるのが一番でしょう。
個人事業主になると、ありとあらゆるモノにアンテナを張り巡らせておく必要があります。関わっている市場の動向は当然であります。何から何まで自分でこなさなければならず、24時間全て仕事に関わるという事になるのが当たり前です。

そして、何より保障がありません。自らが先を見据えて動かなければ何も先に進みませんので、常に仕事の事を考えておかなければならず、気持ちが休まる時間というのは本当に少ないものです。

体調を崩しても、働かなければ収入がないのが個人事業主であります。

参考サイト
Wikipedia 個人事業の開業ガイド