医療保険

メリット デメリット
入院時に入院給付金を受け取れる 場合によっては給付金をもらえないことがある
手術時に手術給付金を受け取れる 現在の健康状態によっては加入できないことがある
退院後の通院費用もカバーすることができる 死亡時の保険金は支払われない
高額になりやすい先進医療費もカバーすることができる 資産形成型の保険には元本割れのリスクがある
死ぬまで保障を受けられる終身医療保険がある 終身医療保険は若いうちの保険料が定期型よりも高井
経済面で安心して老後を送ることができる 解約返戻金が戻ってこないタイプの商品もある
様々な保険会社の中から比較して良いところを選べる 保険会社が多すぎて、選ぶときにかなり悩む
保険契約者向けのサービスが充実している あまり使わなそうな契約者向けサービスも多い

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
国民健康保険でまかなえない部分がまかなえるので、個室しか空いてなかった場合に、高い入院料を請求されたり、入院日数が長引くような時には安心かと思います。

また、手術などで、まとまったお金が必要なときも、すぐに対応してくれるので助かります。場合によったら通院でもお金がでるので、癌の放射線治療などにも役立ちます。

その他では、終身タイプの医療保険に、若い頃に入っておけば、一生安い保険料で済むことがあり、年をとっても安心です。
何だかんだと毎月保険料がかかるのが、負担になる場合があります。特に、全く病気も怪我もせずに済んだ場合、入院しても安い費用で済んだ場合などは、せっかく加入しても、役立てる事がなく、ムダに感じるかもしれません。

また、持病があったり、健康診断の結果次第では加入できない場合があります。加入できても、保険料が高かったりで、結局損する結果になったりと、何かと審査が厳しい保険です。

その他では、全ての病気に対応してるわけではないので、病気によったら、保険適応外になるケースもあります。
医療保険のメリットは万が一の怪我・病気に対して、本来支払うべき医療費よりも安い金銭負担で対処することができるところです。

手術をすれば手術費用を、入院すれば入院費用を、保険金として受け取ることができるため、長期間かけて自分でお金を積み立て貯金するより安心感があり便利です。

特に、難しい怪我や病気に対する先進医療費は、自力で貯金してもまかなえないような高額になることが多いので、保険のメリットが強く生かされる機会となると思います。
医療保険のデメリットは、保険金が出る怪我・病気が限られることです。

自分でもしものために積み立て貯金をしたなら、どんな怪我・病気になっても貯めたお金は1円も無駄にはありません。しかし医療保険は事前に契約した条件に合わなければ保険金は出ず、支払った保険料が無駄になってしまいます。

また、あくまで医療のための保険のため、死亡保険金が出ないのも短所の一つと言えます。プランによっては高齢になっても終身で保険料を支払い続けなければならず、生活の負担になるケースも考えられます。
民間の医療保険は国や自治体の公的な医療保険ではまかないきれない部分を補てんしてくれる点が良いところだと思います。

家族が手術で入院したのですが適応する手術であったため、手術一時金、お見舞金、入院・通院と思った以上に保険金が支払われました。

国の高額医療費制度、会社の健保の補助等あり、掛かった総金額に対して戻ってきた額の方が若干多いという結果になり正直とても助かりました。というのも実際に病院に支払う以外に必要なお金が結構あったからです。

初めての入院でしたので本人の身の回りの物、付添いの家族の交通費、宿泊代(遠方でした)など病院の分と合わせて負担となると家計には大変なダメージだったと思います。

また支払った保険料は年末調整等で申告して控除の対象にもなるので払いっぱなしにはならない点も良いと思います。
逆に良くないと思う面は保険料の高さです。一度、保険請求して確かにありがたいと思いましたが年間に支払う保険料の合計額を今まで掛けた年数で計算するとやはり高額すぎるのではないかなという気持ちになります。

任意加入ですので入るのも自由、入らないのも自由ですが現実問題として癌や成人病の治療では多額の医療費が掛かりますし、加入しておかなければ不安に感じる方も多いはずなのでもう少し敷居が下がっても良いのではないでしょうか。

また敷居という面でもう一つ。一般人には用語がとても難しく、仕組みも複雑で分かりにくいと思います。保障が適応されるのか、されないのかパッとみて分かるようにはなっていない点が良くないと思います。
今はとても健康体で、病院にお世話になることはない状況であっても、その先も同じとは限りません。私は家族が病気で入院し手術をしたことがあるので、それに伴う費用の負担を身を持って痛感しました。

短期間の入院なら費用も抑えられますが、長期間に及ぶと医療費だけではなく、1日3000円のベッド代というも大きな負担になってきます。

医療保険に入っておけば、こういった入院費や医療費の負担を抑えることができるので安心できます。経済的な負担を軽減できるので、費用面での不安はなくなり、治療に専念することができます。
医療保険には、終身と定期型の二つに分かれます。定期型の方は、更新の度に保険料が上がっていくので、将来的に保険料の負担が気になります。

終身医療保険の方は、一生涯保険料が同じなので経済的な負担は抑えられても、その分保険の切替ができにくい。

医療制度が変化した場合対応できない場合があるので、万全とはいえません。それぞれにリスクがあるので、保険を見極めるのが面倒です。

また、これまでの病歴によっては、保険料が高くなったり保険に入ることができないケースもあるので、決して無条件で加入できるわけではありません。

補償も、全ての入院・手術代をカバーしてくれるわけではないので、そういった面でのトラブルを懸念してしまいます。

参考サイト
厚生労働省 東京海上日動あんしん生命