フランチャイズ

メリット デメリット
既に広く知られているブランド名を使うことができる 本部が決めたルールに従う必要がある
本部に成功体験や失敗体験やノウハウ等が蓄積されている 他店が起こした不祥事によって悪影響を受けることがある
個人で開業するよりも成功する確率が高い 一定の利益を本部に納める必要がある
指導を受けられるため、事業経験が無くても開業できる 個人開業と違って、爆発的な収益は上げられない
本部から仕入れがされるため、商品の供給が途切れない 本部の提案が全て正しい(正確)とは限らない
全店舗を対象とした広告や宣伝に参加することができる 制約が多いため、経営の面白みを感じにくい
フランチャイズ店舗同士のネットワークを活かせる 店舗同士のネットワーク化を禁じているところもある
マニュアル化されているため、何かと便利 ルールやマニュアルが多くて、覚えるのが大変

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
私は商売を始める上でフランチャイズ経営はありだと考えます。なぜなら、商売を始めるというのは想像以上に難しいものです。

でも、有名企業とフランチャイズ契約をして商売を始めれば商売のためのノウハウを得たりその企業のブランドを背負って商売するができます。

これは、ノーブランドでいきなり商売を始めた場合と比べても大きなアドバンテージがあります。商売を軌道に乗せやすいというのは間違いないと思います。ですので、フランチャイズ経営に意は賛成です。
私がフランチャイズ経営はあまり良くないと思います。

それは、なぜかというと確かに経営初心者にはその企業のブランドや経営のノウハウを学べるというメリットはあると思います。ですがそれも莫大な契約金を払った上での話です。この契約金を調達するだけでも大変だと思います。

しかも契約金を払えば後は企業ブランドを使い放題かといえばそうではないです。その後も店の売り上げの何%かをロイヤリティとして払わなければなりません。

ですので、フランチャイズ経営は必ずしも良い面ばかりではないどころか、経営が苦しくなる事も考えられるので私はあまり良いとは思いません。
フランチャイズの良いところは、経営のノウハウや商品をフランチャイザーが提供してくれるので、経営や商品開発に長けていない人でも始められるという点です。

特にコンビニ・ファストフーなどは多くがフランチャイズですが、個人経営であればあんな大量の商品や食べ物を準備できる訳ではありません。

その点フランチャイズなら本社から一括で仕入れでき大量の商品を店頭に並べたり、洗練された味をお客さんに提供することができます。
一方良くない点としては、まず仕入れを独自に行えないことです。本部から仕入れしなければならず、原価を下げることがなかなか難しいんです。

またコンビニなどのおにぎりなどは、買い取りのため売れ残ると、利益が減ります。各店舗は儲からなくても、本部は儲かる仕組みですね。その上価格も独自に決めることができない場合が多いと言われています。

以前あるコンビニが見切り品を販売できないということで、裁判になったこともあります。
フランチャイズ店は暖簾「看板」が同じなので、どこかの地域に出て行ってもある程度味の保障もあるので入りやすいです。新規オープンするにも、どんな店か解らないという得体のしれなさがなく、安心感があります。

商売する側の大元になるフランチャイザーにとっても、加盟店が増えると大量に材料を一括購入で仕入れるなど低コストで事業拡大が可能です。

更に店舗でのルールもマニュアル化できるので、開業地点から実務ノウハウを比較的短期間かつ容易に伝達し、身につけらます。母体が有名なら、営業や軌道に乗せるまでの助走期間が短縮出来るのは利点です。
フランチャイズ店特有のマニュアル病で、安心感はあるものの飽きが早く、組織が安定していくほど代わり映えの無さが際立ってきます。

フランチャイザーの提供する経営ノウハウは、レジ管理・アルバイト管理から販売価格、仕入れルートまで多岐にわたります。

暖簾分けされ経営すれば、その経営する地域の客層が見えてきます、そのなると値引き等のサービスを打ち、売り上げアップを狙えるでしょうけれど、フランチャイズは本部以外の独自判断で勝手に販売価格を変更することは出来ません。

マニュアルに関してはフットワーク軽く伝達力があるものの、独自路線が打てないところはフランチャイズの良くないところです。
フランチャイズの良いところは、まったく何もないところから新しい事業を始める形態と比べて、経営のリスクが少ないところだと思います。

系列店と同じ商品を扱っているので顧客を呼びやすく、仕入れのルートが一本化されているならば安く確実に商品を仕入れることができます。

しかし、何よりもメリットと言えるのは、経営のノウハウです。フランチャイズを広げる企業にはそれなりの生き残るメソッドが蓄積されているはずで、それに沿うことで経営が安定すると思います。
独立した経営者にとってフランチャイズの良くないところは、何よりもまず収益からマージンをとられることだと思います。

一生懸命努力しても、その収益から何十パーセントも支払わなければならないなら、モチベーションも上がりません。

経営のことが右も左も分からないはじめはそれでもありがたいかもしれませんが、続ければノウハウは蓄積します。だんだんとフランチャイズであることが重荷になるはずです。

また、経営の自由度が制限されることもフランチャイズのデメリットだと思います。
フランチャイズは、本部にも加盟店側にもメリットがある出店形態だと思います。

なぜなら、本部は他者の力を使って簡単に事業拡大が可能になりますし、加盟店としても一から商売を始めるより、既に成功ノウハウを持っている本部の指導の下に加盟するので成功率が格段に上がるからです。

加盟店としてはノウハウを提供してもらえるだけでなく、商号の利用の許可がもらえることで簡単に信用力もつきますし、仕入れの融通などでも本部に協力をいただけることも多く、メリットがいっぱいだと思います。
フランチャイズ経営の良くない点は、本部と加盟店の温度差や衝突が生じてしまう可能性があることです。自分のところの利益を最優先したい、と双方の思惑が衝突してしまう場合も多いのです。

その結果、最悪の場合には本部の直営店をフランチャイズ加盟店のすぐ傍に出店させ、要は刺客を送り込んだようなかたちで廃業に追い込んだりするケースまであります。

これを防ぐためにもロイヤルティの支払い方法には注意が必要で、売上高還元方式など加盟店が儲かれば本部も儲かる、といった契約になっている方が本部からの支援は得やすいという特徴があります。

参考サイト
Wikipedia アントレnet